10月公開の『ONODA 一万夜を越えて』予告編解禁

「最後の日本兵」小野田さんは何を信じ、何と戦い、どう生き抜いたのかー『ONODA 一万夜を越えて』予告編が解禁!

旧陸軍少尉・小野田寛郎の潜伏期間を描く『ONODA 一万夜を越えて』の予告編が解禁となりました。

当時のニュース映像が再現されたシーンにも注目です。

ほぼ全編が日本語

1974年3月、終戦後約30年の時を経て帰還し「最後の日本兵」と呼ばれました。

当時、社会現象になった旧陸軍少尉・小野田寛郎さんの潜伏期間の史実を元に着想、映画化された『ONODA 一万夜を越えて』が2021年10月8日(金)より全国公開されます。

フランス映画界で今最も注目されている新鋭アルチュール・アラリが監督を務め、フランス、ドイツ、ベルギー、イタリア、日本の国際共同製作映画でありながら、ほぼ全編が日本語のセリフで紡がれている異色作です。

第74回カンヌ映画祭2021の「ある視点」部門オープニング作品に選ばれ、現地で約15分ものスタンディング・オベーションを受けました。

過酷な30年のジャングル生活

終戦後も任務解除の命令を受けられないまま、フィリピン・ルバング島にて約30年間を過酷なジャングルの中で過ごした小野田寛郎の青年期を演じるのは遠藤雄弥。

遠藤は2000年13歳の時に山崎貴監督の映画『ジュブナイル』でデビュー、近年はドラマ・映画と活躍中です。

上官の命令により作戦を決行する為ルバング島に上陸するも、指揮権も与えられないまま敵に襲撃され、攻撃や飢え、病に倒れていく仲間たちを前に苦悩する若かりし小野田を全身全霊で演じています。

実力派俳優が出演

同じく小野田寛郎の成年期を演じるのはこれまでに250本以上の映画に出演し、北野武監督ら日本映画界の巨匠たちから絶大な信頼を得る津田寛治。

25年以上も共にジャングルを生き抜いた戦友である小塚を亡くし、真の孤独に苛まれる小野田を体現する為、約1年かけて減量し撮影に臨みました。

小野田にルバング島でのゲリラ戦を決行するよう命じた厳格な上官・谷口役には一人芝居の第一人者と呼ばれ海外でも巡業を行い、国内外での評価も高いイッセー尾形。

小野田さんが帰国するきっかけになった旅人の鈴木紀夫には主役、脇役にかかわらず確かな演技力で存在感を残し、ドラマ映画の出演オファーが絶えない仲野太賀が抜擢。

その他、松浦祐也、千葉哲也、カトウシンスケ、井之脇海、足立智充、吉岡睦雄、伊島空、森岡龍、諏訪敦彦、嶋田久作ら実力派俳優陣が出演し、カンボジアの地で約4ヶ月の撮影に挑んだ衝撃作となっています。

何かの役に立ったのか…

今回解禁になった予告編では仲野太賀が演じる鈴木青年が、小野田への任務解除の命令を出すよう、イッセー尾形演じる小野田の元上官で古本屋を営む谷口に相談する1974年のシーンから始まります。

遡ること約30年前、1944年に若干22歳にしてルバング島に着任し秘密戦の実行の命を受けた遠藤雄弥演じる小野田寛郎が日々晒される命の危険と友の死に傷つき、戦友が放つ「教えて欲しいんです。何かの役に立ったのか、それとも何の意味もなかったのか」という必死の叫びに、兵士たちの苦悩がひしひしと伝わってくるのです。

そして、精神を蝕まれながらも「玉砕は一切まかりならん」という谷口の命令を守り続けた、“過酷”などという言葉では表しきれないほどの日々が垣間見えるのです。

ついに最後の仲間も亡くし、真の孤独にさらされた津田寛治演じる成年期の小野田の虚無をも感じさせる瞳が彼の命がけの潜伏を物語っています。

彼は何を信じ、何と戦い、どう生き抜いたのかー本編に続く物語に期待感膨らむ予告編となっています。

ネットの声

「現地人を数十人殺害した事実まで描ければ価値のある映画だと思う。そこに触れずに感動だけ引き出そうとするならそれは寒い!不都合な事実にふたをするような映画なら価値なし。一応私は観ます。」

「予告を観ただけで見たくなる、そんな映画。津田さんのスカッとジャパンの時の面倒くさい客役とは全くの別人にはびっくり。」

「記事を読んでいるだけで息苦しく胸が締め付けられる思いです。戦争の理不尽・不条理さは今の現代人には・・・どうなんだろうか?この世から一日も早く戦争が無くなれば良いのに。」



おすすめの記事