お金が必要…そういったときは、すぐにでもお金が必要なときです。

審査が甘いところだと即金で貸してくれるのですが…大阪の消費者金融会社は審査が甘いと評判??

銀行か消費者金融会社で借りる

ある程度のお金が必要なときは、自分で資金繰りするのは大変です。
そういったときは無理しないで銀行か消費者金融会社を頼るようにしましょう。
金利を考えると、金利が低く金利手数料が少なくて済む銀行カードローンのほうが返済が楽です。

ですから、誰もが銀行カードローンからお金を借りたいと思うでしょう。
しかし、銀行カードローンは誰でも気軽にお金を借りることができるわけではないのです。
銀行カードローンでお金を借りるには、審査をパスする必要があります。

審査にパスするにはある程度の属性の高さが必要になるのです。
属性というのは、返済能力や信用度、お金の借りやすさを計る指標のようなものです。
この属性というのは、さまざまな項目から成り立っているのですが、その中でも大きなウエイトを占めているのが雇用形態なのです。

雇用形態というのは正規雇用と非正規雇用の二つになります。
正規雇用はいわゆる正社員のことなのですが、いっぽうの非正規雇用はパートアルバイト、契約社員、派遣社員のことです。
これだけでも正規雇用の人のほうが属性が高いことはわかるのですが、それだけではないのです。

確かに収入が多い少ないというのも重要な要素なのですが、もっと大切なのが安定して収入が持続できるかということなのです。
そういった意味では、いつ辞めるかわからないアルバイトの人などは属性が低くなってしまいます


ですから、正規雇用と非正規雇用の場合、大事になるのが雇用を会社が保証しているかどうかということなのです。
正規雇用の人の場合は、会社に入社したときに会社と雇用契約を結びます。
それは定年まで有効となる雇用契約です。

いっぽうで、非正規雇用の人も雇用契約を会社と結びます。
その雇用契約は有期契約となります。
期間は3ヵ月6ヵ月あるいは1年という短期間のものです。

この期間であれば、非正規雇用の人でも雇用を会社に保証されているということになるのですが、どうしても短期となり、更新時期が来て会社が更新しなければその時点が退職ということになります。
これを銀行からみると、収入が安定していないということになってしまうのです。

すなわち属性が低いということですね。
銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者から預かった大切な預金ということが大きいです。
大切な預かり金ですからそれを貸し付けして焦げ付かせるわけにはいかないということですね。

そのため、銀行はリスク回避として、保証会社と提携しています。
ですから、銀行カードローンの申込者は銀行の他に保証会社の審査にもパスしなければいけないのです。
保証会社の役割は、カードローン利用者が銀行に対して返済不能となったときに、カードローン利用者に代わって残りの債務全額を保証会社が銀行に支払うのです。

後であらためて立て替えたお金は、保証会社がカードローン利用者(債務者)に請求されます。
この時点ではすでに債務整理に入っていますから、保証会社すなわち債権回収会社と債務者との間で任意整理交渉が始まるのです。

銀行カードローンにもデメリットがあって、それは即日融資ができないところです。
ひところはメガバンクを中心として即日融資を大々的に宣伝してしました。
しかし、現在ではそのような宣伝広告を見ることはできません。

実は、銀行カードローンに融資の申し込みをすると、銀行は警察庁のデータベースにカードローンの申し込み者の情報を照会しなくてはいけないのです。

不正融資を防止する施策なのですが、その照会情報は早くて翌日以降に得ることになります。
この時点で物理的に銀行カードローンの即日融資の可能性はなくなったというわけです。

消費者金融会社でお金を借りる

銀行カードローンでお金を借りることができなかった場合は、消費者金融会社でお金を借りることになります。
消費者金融会社のカードローンの特徴は、その多彩な申し込み方法にあります。
WEBや店頭での申し込みはもちろんなのですが、電話での申し込みができるのがうれしいところです。


電話でオペレータとのやりとりで借り審査を行い、申込書が後日郵送されることになるのですが、店頭に行けない、WEBでの申し込みができないという人にとって、電話で申し込みができるのは大きなメリットといえるでしょう。
反対に電話での申し込みができない人は店頭での申し込みということになります。

また、WEBでの申し込みでは、WEB完結という郵送物の届かない申し込みができるようになりました。
家人にどうしても気づかれたくない人にとってはかなり有効な申し込み方法と言えるでしょう。
そして、メガバンクと提携している消費者金融会社でしたら、メガバンク行内に設置されている自動契約機から大手消費者金融
会社のカードローンへの申し込みができます。

これは何気に便利ですしバレにくいということで人気があるようです。
そして、大手消費者金融会社ならではというのが、全国各地に設置してある無人契約機です。
24時間365日稼働している優れものなのです。

オペレータとの対話形式で申し込みが行われるので、間違いもすぐその場で訂正できるメリットがあります。
ですから、必ず申し込みすることができるのです。
即日融資にも対応しているので、当日の22時までに申し込み手続きを終えて審査にも通るとすぐにローンカードが発行されます。

そのカードを持って最寄りのコンビニATMでキャッシングすることができるのです。
急いでお金が必要なときに、もっとも頼りになるのが大手消費者金融会社の無人契約機と言えるでしょう。

消費者金融会社なら、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社を思い浮かべる人が多いでしょう。
確かにそうなのですが、消費者金融会社は全国に2,000社近くあります。
そのうち、大手消費者金融会社というのは10社にも満たないのです。

他のほとんどの消費者金融会社は中小消費者金融会社、さらにはもっと小規模な消費者金融会社である街金で占められているのです。
誰でも消費者金融会社でお金を借りようと思ったら、アコムやプロミス、アイフルにモビット、レイクといった大手絵消費者金融会社のカードローンからお金を借りたいと考えます。

そうなると、中小消費者金融会社は大手消費者金融会社の陰に隠れて埋没してしまいますから、それぞれが特色を持った金融商品を出しているのです。
たとえば借り換えローン特化した中小消費者金融会社もありますし、法人に特化した中小消費者金融会社もあります。

大手消費者金融会社よりも金利が高めとなっているのですが、それだからこそ借りやすく気軽に借りることをモットーにしている中小消費者金融会社が多いのです。
もう一つの街金ですが、これはヤミ金ではありません。

たまに街金を闇金と間違える人がいるようですが、街金はれっきとした貸金業者なのです。
街金は規模が小さく、その名前の通り地域の貸金業者として成り立っています。
そのため宣伝する必要もなくホームページを開設していない街金がほとんどです。

しかし、ブラックでも借りることができるという風評が流れて、近年ではどこからも借りることができない人が街金でお金を借りようとする光景がよく見られるようです。
審査も厳しくないので、どうしてもお金を借りたいという人は街金でお金を借りる人も少なくないということですね。

大阪の消費者金融会社で借りる

大阪は関西の金融の中心といっていいでしょう。
大手消費者金融会社の支店はもちろんのこと、多くの貸金業者があります。

大手以外でしたら、中小消費者金融会社と街金ということになるのですが、大阪では地元からそういった貸金業者が多く金融活動を行ってきたのです。

中小消費者金融会社は業容が幅広く、中には大手並にカードローンを取り扱っている中小消費者金融会社があります。
もっとも街金に毛が生えたような業容の中小消費者金融会社もあるので、中小消費者金融会社は幅広く、消費者金融会社全体を通しても中核をなしているといってもいいでしょう。

大阪の消費者金融会社は地元に密着した貸金業を行っているところが多く、そのため審査基準も緩くなっているのです。

ブラックでも借りることができる?

大阪の消費者金融会社では、ブラックでもお金を借りることができるのでしょうか
ネットの口コミサイトなどでは、ブラックでも大阪の消費者金融からお金を借りることができたという、投稿をたまに見ることがあります。

これは、信用情報機関に照会しない独自審査を行っている中小消費者金融会社、街金にたまに見られるのです。
独自審査は、現在の属性のみを審査する方法です。
電話による在籍確認や収入証明書の提出ができれば審査OKという審査基準がとても緩くなっているので、債務整理中であってもきちんと働いてさえいれば貸し出しOKという貸金業者もあるということです。

ブラックでも必ず借りることができるというわけではないので、その点には気をつけたほうがいいでしょう。

消費者金融には総量規制の問題があるけど

総量規制というのは年収の3分の1までしか借り入れができないというものです。
法律ですから、違反したらその貸金業者は営業停止などの重い処分となるのは間違いありません。
それでは総量規制にかかったら借りることができないのかというのですが、目的ローンなどは総量規制対象外ですから、借り入れに何か理由を付けて目的トーンとして扱ってもらうというのも一つの方法です。

街金の場合は貸出価格の相場は10万円程度ですから、総量規制にかかっている人でも、毎月の返済額は5万円とかあるいは10万円を返済している人もいることでしょう。

そうなると街金の場合は、総量規制をそれほど気にすることなく、融資をして問題ないことが多いのです。
ですから、総量規制にかかっていて、どこからもお金を借りることができない場合は、街金を頼ってみるのみいいでしょう。

ネットの声

「そういえばWiredは、イギリスのWongaというオンラインサラ金を散々持ち上げていたのを覚えている。この会社は年利4000%近くを取る高利貸しで、融資審査をAIでやっていると言い張っていたが大嘘だとばれた。テクノロジーも何もない単なる悪徳高利貸しにすぎなかった。」

「銀行名で審査も管理もアコム、レイクなどの「元サラ金大手」で、取り立ても与信も全く変わらない。それでこうならない方がおかしい、単なる貸金業法の形骸化でしかない。こんなビジネス認めた金融庁の犯罪だよ。銀行カードローン、8年ぶり減少 自己破産申し立て増加なんだって」

「ちなみにイギリスはクレジットカード審査が緩く簡単に作れますからカード負債が凄い。貯金はゼロの人が多いです。サラ金は今は規制されましたがそれでも年利400%なんてのがあり、ちょっと前は年利4000%なんてのもありました。テレビで宣伝しまくり。ネットですぐ審査され振込み。」

お金を借りるなら消費者金融でしょう。とりあえず相談に行くとよいですよ。

おすすめの記事