大掃除でわかった…家にある「実はいらないもの」3つ…家事も楽になるよ

家にある「実はいらないモノ」3選、大掃除で見た目スッキリ、家事も楽に!

年末に向けていよいよ大掃除! なのに「なかなか家が片付かない…」と悩んでいる方は多いかと思います。

そんなお悩みを解決するために、巷にはさまざまな便利グッズが溢れていますが、家事を楽にするために買ったはずのモノが、実は「いらない」モノになっているかもしれません。

ここでは、そんな「家にあるけれど実はいらないかもしれない」3つのモノをご紹介します。

それぞれのモノにメリットを感じるかどうかは個人の価値観にもよるのですが、ぜひ大掃除をする際の参考の1つにしてみてください。

水切りカゴ

1つ目は、キッチンで洗い終わった食器を乾かす水切りカゴです。

洗い終わった食器をすぐに拭かなくとも、自然乾燥ができる水切りカゴはなくてはならないモノのようにも思えます。

実際に、住まい・暮らしに関するさまざまな情報を発信している「LIMIA」が、2017年5月に20代~50代の専業主婦、正社員、パートアルバイト、個人事業主の方を対象としたアンケート調査では、

80%の人が水切りカゴを「使用している」と回答しました。

しかし、スペースが限られるキッチンでは、水切りカゴは意外と場所をとってしまいがちです。

また、時間が経つとぬめりや水垢が発生してきたりするので、定期的に水切りカゴ自体を洗う手間もかかります。

そこで、おすすめしたい水切りカゴの代用品が「吸水マット」です。「水切りマット」と表記されていることもあります。

食器などを置いて乾かすことができる点では水切りカゴと同じなのですが、マットそのものが吸水性や速乾性に優れています。

さらに使わないときは畳んだり細い隙間に立てかけておいたりすることができるので、場所をとってしまうことがありません。

ぬめりや水垢が付着することがあったとしても、水切りカゴのような手間はなく、なかには洗濯機で洗うことができる吸水マットも存在するほどです。

家事でバタバタしているときでも、簡単にお手入れできて嬉しいですね。

年末年始には、正月飾りをキッチン周りに置くこともあるでしょう。

キッチンをすっきりさせて正月飾りが”映える”よう、一度吸水マットを試してみてはいかがでしょうか。

家のあちこちにあるごみ箱

2つ目は、家の色々な場所にある小さいごみ箱です。

「手が届くところにある方が、散らからなくていい」と家のあちこちに、はたまた1つの部屋に複数個の小さなごみ箱を置いているという場合もあるのではないでしょうか。

家の中でごみを捨てやすいというメリットはあるのですが、

足元にたくさんモノがあると部屋が狭く感じてしまいますし、ごみ出しの日に、それぞれのごみ箱から集めるのも一苦労です。

また、今年は全国の多くの店舗でレジ袋の有料化が始まりましたが、なかには「家庭でごみ袋として使うから、有料化後もレジ袋を使用する」という声もあります。

つまり、家のごみ箱を見直すことは、有料ごみ袋を使用している場合はその分の支出を減らすことにもつながります。

小さなごみ箱の数を必要最小限にしてみると、家の中もすっきりしますよ。

トイレマット

3つめは、何となくトイレに敷いているトイレマット。

場所的に1番汚れやすいとも言えるマットなのに「衛生上、他の洗濯物とは一緒に洗いたくない…」と思い、

かえって洗濯する頻度が少なくなっているなんてこともあるのではないでしょうか。

もともとは衛生面を考えて使い始めたとしても、つい敷きっぱなしにしてしまうことも多いかと思います。

実は、トイレマットがない方が掃除機などをスムーズにかけることもできますし、汚れが目につきやすい分、こまめに掃除しやすくなるなどメリットも多いのです。

トイレマットを洗って、干して、床を拭いて…というような面倒な手順も、簡略化することができます。

トイレマットは、トイレを自分好みにコーディネートできる、床を汚さないで済むという面があります。

しかし、コーディネートはフタカバーやスリッパ、置物などでも工夫できますし、

床自体が汚れていなくてもトイレマットが汚れている以上、こまめに洗濯しないと衛生上あまり良くありません。

年末の大掃除を機に、トイレマットを敷かないという生活を体験してみましょう。

どちらのスタイルが自分に合っているのか一度比べてみるのもいいのではないでしょうか。

まとめ

本記事では、当たり前のように家にあるけれど、実は「いらない」かもしれない3つのモノをご紹介しました。

年に1度の大掃除、この機会に「家が散らからないようにしたい」「普段の掃除を楽にしたい」という人は、暮らしの中の「これが必要!」という固定観念は捨ててみましょう。

新しい年にあらためて自分のライフスタイルを見直してみるといいかもしれませんね。

おすすめの記事