消費者金融の中でも大手といわれる消費者金融会社は一握りです

2000社近くある貸金業者のほとんどは、中小消費者金融会社あるいは街金なんですよ。

お金が必要だけどなかなか貸してくれるところがない

お金を借りようと思えばやはり銀行が一番なのですが、銀行も簡単にはお金を貸してくれません
そうしたらどのようにしたお金を調達したらいいのでしょうか。
そういった場合はまず、自分の状況がどのようなものなのかを客観的に把握しておかなければいけません。

いわゆる属性というものですが、これは信用度と考えたらいいでしょう。
お金を借りるにしても、借りる側に信用がなければどこもお金を貸してくれません
まず、銀行カードローンの申込みなどをしてみるといいでしょう。


そこで断られたら、属性に問題があるということです。
普通に仕事勤めをしていて無借金であれば、銀行カードローンの融資の審査についてもそう落とされるものではありません。
そうなると、自分の勤務形態が正社員ではなくパートアルバイトの可能性もありますし、他社借入れなどがあると銀行は途端にお金を融通してくれなくなるのです。

もっとも、パートアルバイトの人は多いですから、銀行もパートアルバイト向けの少額融資なら審査に通るかもしれません。
いけないのは他社借入れです。
さらに複数の債務があれば、銀行も簡単にはお金を貸してくれないでしょう。

そうなると消費者金融会社のカードローンに頼りたくなるのですが、消費者金融会社は借りやすいのでしょうか
これは、銀行と比較しても消費者金融会社のほうがお金を借りやすいのは間違いありません。
というのも消費者金融会社は貸金業者といわれているくらいですから、お金を貸すことで収益をあげているのです。

これは銀行も同じですが、銀行の場合は預金者からお金を集めている関係上どうしても審査基準が消費者金融会社の審査基準よりも高くなってしまい、お金を借りることが難しくなっているのです。
もっとも前述したように安定した収入があって他社借入れがないような状態だったら銀行カードローンの審査に通ることは難しくはないでしょう。
消費者金融会社のカードローンに頼ろうと考えている時点で銀行からの融資をあきらめているのは間違いないところです。

大手消費者金融会社となると、金利は銀行よりも高く設定されていますが、消費者金融会社全体の中では大手消費者金融会社のカードローンの金利は低いほうです。
また全国のATMが利用できる点でも使い勝手がよく、消費者金融会社の中でも大手といわれるところのカードローンがやはりお勧めとなります。

消費者金融会社で借りたいけども

人にはいろいろ事情があります。
それでも、銀行カードローンや消費者金融会社のカードローンに融資の申込みをしても、立て続けに審査に落ちてしまうとへこんでしまうことでしょう。
何がいけないのかという理由も審査に落ちた銀行や消費者金融会社では教えてくれません。

ですから、自分で推察するしかないのですが、カードローンの審査に落ちるということは、厳しい言い方になってしまいますが、「信用がない」という一言に尽きます。
それには、自分の勤務形態なども鑑みないといけません。
パートアルバイトでは、恐らく銀行から借りることができたとしても、少額になってしまうでしょう。

また、他社借入れが多いと銀行からお金を借りることはまずできません。
そうなると消費者金融系カードローンに頼りたいところですが、大手消費者金融会社も審査が厳しくなっているのです。
銀行でも消費者金融会社でもいいのですが、まずは融資担当の担当者に相談してみるのもいいでしょう。

審査基準については教えてくれないのですが、これなら審査に通るかもといった情報が分かる場合もあります。
とかく便利だからとネットから定型のフォームで融資の申込みをする人が多いのですが、機械的に申し込むと機械的に審査されてしまうことになります。
まずは対面で相談するのも融資を受けやすくする手法といえます。

消費者金融会社に融資の申込みをする際には、在籍確認などが必要になります。
これは中小消費者金融会社でも同じなのですが、職場などに電話がかかりますから、その点には注意が必要です。
もっとも、お金を借りたいのであれば、そこは乗り越えなければいけないところです。

もっとも、在籍確認の電話があっても、それで消費者金融会社からお金を借りるということが分かるわけではないので心配はいりません。
また、消費者金融会社以外で気軽にクレジットカードのキャッシング機能を使うことができます。
これはすでにクレジットカードの申込みの際に審査に通っているのでいつでも限度額以内であればキャッシングができるのです。

もっとも、金利が高いのでクレジットカードのキャッシングについては多用はしないほうがいいでしょう。
クレジットカードの申込者は多く、一人について3枚は持っているという調査結果があります。
まったく持っていない年齢層もあるので、現役世代では一人5枚程度は持っているのではないでしょうか。

また、クレカのキャッシングも含めて、他社借入れが多い場合も審査に通ることが難しくなります
それは、借金の返済のための申し込みと思われるからです。

プロミスとアコムでは借りれない?

プロミスとアコムといえば消費者金融会社の中でも最大手といっていいほどの消費者金融会社です。
両社が扱っているカードローンは使い勝手もよく消費者金融会社の中でも人気の金融商品となっているのです。
しかし、お金を借りたいけどもこのプロミスとアコム以外から借りたいという場合はどうしたらいいでしょうか。

一つ考えられるのは、プロミスとアコムに消費者金融カードローンの申し込みをしても審査に落ちた場合です。
そうなるとプロミスとアコム以外でお金を借りるしか方法がありません。
消費者金融会社の審査に落ちたということでしたら、銀行からもお金を借りることはできないでしょう。

もっとも、現在は逆転現象が起きていて、消費者金融会社のカードローンの審査には落ちても銀行からは借りることができたという場合です。
ケースとしては少ないかもしれませんが、消費者金融会社には総量規制という融資金額の規制があります。
年収の3分の1までしか借りる事ができないというものです。

ですから、300万円の年収の人は100万円までしか消費者金融会社から借りることができないのです。
いっぽうで銀行系カードローンには総量規制はありませんから、審査に通ればいくらでもお金を借りることができます。
プロミスやアコムのカードローンの審査に通らないというのは総量規制に引っかかってしまった可能性があるのです。

もっともそれなら借金があるということで銀行からも借入れが難しいかもしれません。
また、すでにプロミスやアコムからお金を借りていて、借りることができないというのでしたら、利用額の増枠申請をすることもできます。
現在100万円が利用限度額であれば、それを150万円まで利用限度額を増額してもらうのです。

カードローン利用者でしたら、いつでも申請することができます。
もっともこれにも審査が必要ですから審査基準に満たなければ借りることができないという人も出てくるでしょう。
審査は信用情報機関に照会して得られた情報と申込者本人の状況などを鑑みて行われます。

利用額の増枠申請はよく使われる手段ですが、内容を知らない人もいるので、事前に調べておいたほうがいいでしょう。
通常の新規のカードローンの利用申し込みと比べても利用実績があって、滞納もしていなければ簡単に増枠申請の審査に通ることでしょう。
プロミスとアコムですでに借りていて他を当たりたいという人がいれば、まずは増枠申請を検討してみるのもいいかもしれません。

プロミスとアコム以外で借りたい

プロミスとアコム以外でお金を借りたい場合は、どうしたらいいのでしょうか。
銀行系では、みずほ銀行カードローンが人気ですし、楽天銀行カードローンもいいでしょう。
信販系カードローンもあります。

プロミスやアコム以外ということでしたら、そこからすでに借りているか、あるいは滞納して借りることができないかということも考えられます。
滞納している場合、あるいは滞納したという履歴がある場合、それは信用情報機関で共有されているので、他の消費者金融会社のカードローンに申し込みをしても、信用情報機関に照会してアコムやプロミスで滞納していたことが分かれば、その時点で審査落ちになってしまうでしょう。


そうなると、信用情報機関に加盟していない中小消費者金融会社や街金と呼ばれる、小規模な消費者金融会社からお金を借りるようにしなければいけません。
もっとも、中小消費者金融会社や街金になってしまうと、大手消費者金融会社のカードローンよりも金利が高くなってしまうのです。
もちろん、貸金業法などで定められた上限金利の20%を越えることはありませんが、20%の金利というのはかなり高い金利です。

そのようなところを借入先にして、申し込みをするのはかなりの覚悟が必要といえます。
また、多数の債務があってプロミスとアコムからお金を借りることができず、借金の返済のために借金をせざるを得ないという人は、おまとめローンがオススメです。
複数の債務を一本化するものですが、総量規制を心配する人もいるかもしれませんが、おまとめローンについては総量規制対象外ですから、おまとめローンの利用がおすすめです。

ただし、おまとめローンにしても金利が高くなり月々の返済がきつくなる場合があります。
それでも、おまとめローンにすると借金が一本化されているので、複数債務、多重債務にはあたらないので新しくカードローンに申し込む道も残されているのです。
多重債務がある場合はできるだけおまとめローンを活用して借金の一本化をまずは目指したいところです。

金融業者の中にはおすすめ消費者金融系カードローンがいくつもあります。
できれば大手消費者金融会社がいいですから、プロミスやアコム以外で借りたいとなると、アイフルやレイクなどの大手消費者金融会社がいいでしょう。
また、他社債務などで住宅ローンを気にしている人もいるかもしれませんが、住宅ローンは多くのばあい他社債務に含めないことが多いです。

申し込み書の内容にもよりますが、除外対象と考えていいでしょう。

プロミスやアコム以外で借りるには

お金を借りるのでしたら、できるだけ大手消費者金融会社のカードローンがいいでしょう。
大手だけにサービスが行き届いているのがその理由ですが、他には全国のATMが使えるので使い勝手がいいのです。
銀行でもコンビニでもATMが設置されていたらほぼ問題なく使えると思っていいでしょう。

また、大手消費者金融会社では各都市に無人契約機を設置しています。
これは24時間365日稼働しているもので、キャッシングももちろんできます。
いつでも契約できるということは審査に通れば土日祝日、あるいは深夜でもキャッシングができるということです。

これは大手消費者金融会社ならではのサービスといってもいいでしょう。
即座に発行されるローンカードは全国で使えるのも見逃せません。
カードローン会社が消費者金融会社とイコールではありません。

ローンカードを使うことができる金融商品がカードローンなのです。
これが中小消費者金融会社になるとカードローンというのは極端に減ってきます。
また、全国で使えるローンカードというのはわずかなので、その点でも大手消費者金融会社のカードローンは使い勝手がいいのです。

ですから、プロミスやアコム以外で借りるのでしたら、レイクやアイフルといった他の大手消費者金融会社から借金の申し込みをするようにしましょう。
カードローン申込みについての限度額は総量規制ありきになります。
ですから、他社借入れがある場合はそれと年収の3分1を差し引いた金額が上限となります。

たくさん借りたいところですが、他社借入れがあるときは前述したように、おまとめローンで一度手持ちの借金を一度完済しておくほうがいいです。
大手というよりは準大手となるのですが、セントラルという消費者金融会社があります。
ここは審査基準が甘く誰でも借りることができるという評判が多いです。

借入れ先に困ることがあれば、セントラルも選択肢に入れてみるのもいいでしょう。
審査が甘いといっても闇金業者ではないので安心してください。
借入れ先の選定に困ったら、口コミサイトなどを参考にしたらいいでしょう。

ここで借りることができたという口コミであふれているので、自分の状況と似ている人の口コミは参考になるでしょう。
中には債務整理中であるとかブラックの人でも借りることができる消費者金融会社もあるということですから、そういった情報は口コミサイトでしか入手できないのでかなり貴重と言えますね。

ネットの声

「金融ブラックだとか、学生、主婦でバイトもパートもしてないとかだと、そこらへんの消費者金融で借りるなんて無理。お金が必要なら、もうお金を必要としてない人に頼っちゃえばいいじゃない。」

「クレジットにかんしてはそうだね、それで借りる上限額が上がっていくし。気を付けないといけないのは消費者金融と銀行を一緒にしたらダメなことかな。消費者金融は低い条件から貸して借金に慣れさせて利息を搾り取る。銀行は最初の審査を厳しくしているけど借りるお金は大きく利息も低い。」

「サラ金って何?と思うかもしれない。1970年代にサラリーマンが借りる金融ということで流行った言葉なんだ。つまり、サラ金も消費者金融も同じ。」

今の時代「サラ金」の意味を知らない人も少なくなさそうです。

おすすめの記事