オリラジ中田はYouTubeで生きていく!?先輩芸人からのオファーにも

オリラジ中田、テレビ出ない宣言直後に先輩芸人からオファー 神対応に感謝

宣言の直後に先輩芸人からオファーも…オリラジ中田が宣言後の出来事を語りました。

働き方改革をめぐる動画を投稿

29日、オリラジ中田が自身のYouTubeチャンネル『中田敦彦のトーク- NAKATA TALKS』に新たな動画をアップ。

働き方改革をめぐる、先輩芸人とのやり取りを明かしました。

今月12日にアップした動画で「週休5日制」への転向を表明した中田。

具体的には「YouTubeチャンネルは週4本投稿」「1日の労働時間は最大4時間(収録がある日)」という働き方で、

「仕事絶対増やさない。テレビもラジオもやりません。ゲストでも出ません。取材も受けません」

と、様々な表現で自身の決意を述べていたのです。

「テレビ出ない宣言」の翌日に…

この日アップした動画では、その後日談について語られます。

動画をアップした翌日、先輩芸人・タカアンドトシのタカからLINEが来たという中田。

内容は『北海道でやっている番組にオリラジで出てもらえないか?』というものだったのです。

このお願いに「お世話になってるし、タカトシさんとは喋りたい」と思った中田。

そもそもあの宣言は『働き方を変えたいものの、オファーがあったら嬉しくて出てしまうこともあり、そうなると結果的に仕事が立て込んでしまう』というジレンマを解消するためのものでした。

中田としては自分の中で区切りをつける意味もあって取った行動だったワケですが、タカが送ったLINEは奇しくもその直後だったのです。

先輩の対応に感謝

先輩への恩は感じているもののタイミングがタイミングなだけに「どうしよ?」と悩んだ中田。

検討するとの返信を送ったのですが、程なくしてタカから

「あっちゃんネット記事見たわ。ごめんね」
「断りづらかったよね」

とのLINEが。

どうやら宣言のことを知らなかったようです。

これに対し「すいません、逆になんか変な感じにしちゃって」と中田が返すと、

タカは「でもいいと思うよ。俺、あっちゃんの考えとか生き方好きだから」と返信。

寛大な対応に、中田は感謝の意を表したのです。

ネットの声

今回の動画に対し、コメント欄では

「『ごめんね、断りづらかったよね』って言えるタカさん、めちゃくちゃ素敵なお人柄や」
「タカさんがつくづくいい人」

など、タカへの称賛の言葉が集まることに。一方で「そうは言ってもタカアンドトシとの共演は観てみたい」との声も確認できます。

働き方をめぐって時代が転換期を迎えるなか、先頭に立って行動している中田。

その姿はとても格好いいですし、それを応援できるタカも素敵ですね。

おすすめの記事