オリラジ中田が語るオードリー若林への思い…「コンプレックスを刺激される相手」

お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が11月30日、自身の公式YouTubeチャンネル「中田敦彦のトーク- NAKATA TALKS」を公開。

動画の中で、オードリーの若林正恭への思いを語りました。

同じ時代を生きた

「【オードリーさんを語る】いいともレギュラー共演・ヒルナンデス・しくじり先生」と題して公開された動画。

中田は「PERFECT HUMANやる前に『しくじり先生』出ませんか? って言われて」と切り出し、

「俺はどうしても若林さんに勝ちたくて。ほんとに意識しちゃって。全然スキルも違うし、タイプも違うけど。ピースさんとかオードリーさんって、5年先輩なんですけど、同じ時代を生きたんですよ」と述べたのです。

非の打ちどころがない

「若林さん、非の打ちどころがない。エッジの効いたことも言うし、大喜利も強いし、演芸も強いでしょ。で、嫌われないから。何ができないの? っていう。いじられるも上手いし、いじるのも上手い。どこに行ってもフィットする、できないことがない万能プレーヤーなのに、嫌みがない」と絶賛。

コンプレックスを1番刺激される

「だからこそ悔しくて。『しくじり先生』出ないかって言われたときに、最初は嫌だって言ったんですよ」と明かします。

「若林さんに対する気持ちってすごい。超えたかったし、見せつけたかったし、それをステップに番組を持ちたかったし、番組を持つことで並びたかった。そういう気持ちがありましたし、今もどっかある」

と語ったのです。

そして「どう思っていいかわからない。コンプレックスを1番刺激される相手ですね。向こうはライバルと思ってないと思いますけど。僕ができないことが全部できる」と話していました。

ネットの声

「なんか最近色んな人がオードリーの凄さを語ってるな」

「あっちゃんが、純粋に気持ちを語っている姿にうるっと来ました。オードリーさん愛されてるな。」

「いいともの中で、一番好きな曜日だった。関根さん、ベッキー、つよぽん、オリラジ、オードリー
面白いだけじゃなくて、気持ちのいいチームワークを感じる曜日でした。」

おすすめの記事