待ってました!大滝詠一の楽曲がサブスクで3月21日解禁!

大滝詠一さんの全楽曲サブスク解禁。

3月21日配信スタート。

2013年に亡くなったミュージシャン、大滝詠一さん(享年65)名義の全楽曲が21日からサブスクリプション(定額聴き放題)の各サービスで配信されることになりました。

「ナイアガラ」レーベルから177曲

大滝さんのレーベル「ナイアガラ」から発表された全177曲。

「君は天然色」「恋するカレン」「幸せな結末」などの代表曲や「熱き心に」「風立ちぬ」「夢で逢えたら」といった提供曲のセルフカバー、入手困難となっていた音源も含まれています。

サブスク配信は初

大滝さん名義の歌がサブスク配信されるのは初めて。

アルバム「A LONG VACATION 40th Anniversary Edition」(同日発売)がCD、ブルーレイ、カセットテープ、デジタル配信の全音楽記録媒体で復刻されるタイミングで、音楽ファンの間で長く熱望されてきたサブスクもついに“解禁”となったのです。

今なおまぶしい

また、同作の収録曲で大滝さんの代表作でもある「君は天然色」(81年)のミュージックビデオ(MV)が楽曲発表から40年で初めて制作されました。

3日にYouTube上で公開される。MVは全編、永井博氏のイラストで構成され、映像の制作は「君の名は。」や「天気の子」の予告編演出で知られるアニメ映像ディレクターの依田伸隆氏が担当。

依田氏は「お二人の作品の奥深さを再発見できた気がして、本当に幸せな時間でした。この作品が発表されたのは過ぎ去った過去ですが、その魅力は今なおまぶしい」と感激しています。

ネットの声

「御大もとうとう解禁なんだ。未解禁は残り僅かかな?今回の大滝さんの解禁はロンバケ以降よりも、むしろロンバケ以前のほうが意味合いがあるかも。世界的な潮流で、国内の音楽業界も大きく変貌を遂げつつある印象。これまでの作品の価値と共に、ライブの重要性もより増しているよね。」

「一世風靡しましたよね。山下達郎とも、色々やってくれました。とても、懐かしい。当時は、よく聞いてました。今回、とても楽しみにしてます。」

「確かに「君は天然色」のカバーは多い。最近も車のCMで女性が歌っていたのを聴いた覚えがある。だけどこの曲のカバーは無理だよ。違和感ばかりが目についてしまう。」

故人となって本人の意向を聞くことはできないが、今まで解禁されなかったのが不思議。


(↑クリックするとAmazonのサイトへジャンプします)

 

おすすめの記事