私利私欲に走らずに英王室に敬意を払う姿勢を取れるのか…英紙が報じています

メーガン妃は「問題はいかにクリーンなお金を稼ぐか」引退後の経済活動に危機管理専門家が警鐘を鳴らしています。

新たな仕事も

ドナルド・トランプ米大統領からツイッターで「警備費は払わない」と宣言されて、アメリカでの新生活にいきなり釘を刺された形となったメーガン&ヘンリー。

「私的な財源で警備を計画中」と「反論」した夫妻ですが「お金を稼ぐのはそう簡単ではない」と予言する危機管理コンサルタントが現れたのです。

メーガンについてはヘンリーの「売り込み」もあって、先日ディズニー作品「エレファント」のナレーションを務めたことが発表されました。

新生活をスタートさせた夫妻の経済活動について英紙が報じています。

いかにクリーンなお金を稼ぐか

英大衆紙「デイリー・エクスプレス」が報じたところによると、広報と危機管理のコンサルタントも務めるマーク・ボルコウスキー氏は「問題はいかに『クリーンなお金』を稼ぐかということです」と語り、2人の経済活動に警鐘を鳴らしています。

「例えば、2人に高級時計ブランドのスポンサーが付いたとします。その時計をして王族に関係するイベントに出かけたりすることもあるでしょう。『2人のようになりたい』というファンが催眠術にかかったようにその時計を手に入れようとする。しかしそんな形で収入を得れば必ず批判も起こります」

確かにメーガン&ヘンリーに憧れるファンは世界中に、それこそ無数に存在します。

とすれば、2人を広告塔にすればその宣言効果は抜群。

さまざまな商品が飛ぶように売れるはずです。

王室離脱でどうなる?

その一方で、引退したとはいえ、2人の世界的知名度は英国王室の主要メンバーだったことで築かれたもの。

そして王室は私利私欲を追わず、慈善事業にだけ従事することで敬意を保っているのです。

『王室引退』で2人の知名度を利用したい企業からのオファーを選り好みせずに受ければ、一部のタブロイド・メディアが報じたように初年度から日本円にして約100億円超えの収入も夢ではないでしょう。

ただし、英王室への敬意を壊すことなく『クリーンなお金』を稼ぐとなると、これはかなり慎重な姿勢が要求されることになり、そう簡単には稼げないのではないかということです。

果たしてメーガン&ヘンリーは今後どのような形で経済活動を繰り広げていくのでしょうか。

自分たちの莫大な警備費も含め、王室のイメージと尊厳を壊さず、超セレブで豪華な2人のライフスタイルを崩さないだけのお金を稼ぐのは並大抵のことではなさそうです。

ネットの反応

「ヘンリー&メーガン、ずいぶん前から離脱に備えて準備していたそうですが、離脱発表したら、急速にコロナが拡大し、今や世界大不況。結婚して以降、転がり落ちるように評判を落とし続け、非難を浴び続け、そして、このタイミングで離脱するというのは、誤算というよりは悲惨ですね。クリーンなお金なんて言ってられないかもしれません。」

「今は何を言っても、何をやっても野次が飛ぶし、世界中がコロナでストレスが溜まる生活を強いられて海外にいる人が母国に
戻れない状態にあるのに2人はプライベートジェットでロスへ引っ越し…行動が目立ち人間なんだからコロナが収まってからではいけないの?英国はロックダウンになってる今ディズニー映画ナレーターデビュー発表するなんて頭どうかしているよ。」

「警備費に10億かかるからね。一般人にはなったけど、王子に何かあればイギリス国家を弱らせる事も出来るかも知れないし、やっぱりそれなりの警備が必要だろうとは思う。イギリスでは守れた命も、アメリカだと脅かされるかも知れないし、これから知名度活かしてガツガツ稼ぐか、早めにイギリスに泣き付いてアーチー君と2人で帰るしか無いよね。」

これからはお金を稼がなければいけませんが、スマートなお金稼ぎが求められるところですね。

おすすめの記事