適当な対応はエンジンが「オシャカ」になることも! 

最新車でも起こるオーバーヒートの原因と対策。

最近の国産車でも発生する可能性がある

燃料を燃やした力で動いているエンジンだけに、その発熱量はかなりのもの。

そのままではエンジン本体がダメになってしまうので、冷却装置を用いて一定の温度以上にならないようにしています。

冷却がうまくいかないといわゆる「オーバーヒート」という状態に陥ってしまうのです。

旧車や古めの輸入車などで起こるイメージのあるオーバーヒート。

場合によっては最近の国産車でも発生する可能性は大いにあります。

たとえば、冷却水の通り道であるホースなどに亀裂が入って冷却水が漏れてしまっている状態。

さらには、冷却水を循環させるウォーターポンプの故障といった冷却系のトラブル。

エンジンオイルが規定量入っていないことによって摩擦熱が増加、

それによって、冷却が追い付かなくなるというようなケースなどが考えられるのです。

他にも路上に落ちていたビニール袋などがフロント部分を塞ぎ、

走行風が十分に入らなくなるといったケースでもオーバーヒートしてしまう可能性があります。

風通しを良くする

最近では水温計が装着されていない車種も少なくありません。

オーバーヒートの状態になると赤い警告灯が点灯するので、走行中に異変を感じたらまずはメーターを確認するといいでしょう。

それでは、もしオーバーヒート状態になってしまった場合、どうしたらいいのでしょうか。

その場合は、まず安全な場所に車両を停止させます。

このとき草むらなど可燃物がある場所に停車すると、オーバーヒートの熱によって火災が発生する可能性もあるので注意しましょう。

そしてボンネットを開けてエンジンルームの風通しを良くします。

このとき、すでにエンジンルームから煙が出ているような状態だと冷却水が噴き出している可能性もあるので要注意。

エンジンはかけたままの方が良いケースも

このとき、エンジンをかけておくか止めるべきかの判断は難しいところです。

冷却水漏れやウォーターポンプ、冷却ファンの故障といった冷却系のトラブルの場合は、

冷却させる機能が失われているため、エンジンをかけておくと温度は上がる一方となるからです。

一方で冷却系は機能していて、長い渋滞や高負荷が続いてオーバーヒートしてしまった場合はそのままエンジンをかけておくのがベスト。

エンジンを搭載した車両の暖房はエンジンの熱を利用して温風を出す仕組みなので、余裕があればヒーターを全開にするのも効果的です。

オーバーヒートの対処法

そして、うまく水温が下がったとしても自走するのはオススメできません。

再びオーバーヒートが発生する可能性も高いですし、高温によってエンジンに致命的なダメージが発生している可能性もあるからです。

少々水温が高くなった程度なら問題ないのですが、あまりに高温になってしまうとエンジン本体にゆがみが発生します。

そうなると、修理ではなくエンジン載せ替えが必須となってしまうこともあるのです。

となると少なくとも数十万円の出費は覚悟しなければならず、最悪の場合廃車ということにもなりかねません。

たかが水温と思うかもしれませんが、メンテナンスを怠れば、大きな代償を負うことになってしまうのです。

ネットの声

「電動モーターになったファン。壊れましたよ。アイドル中に水温計が上がり、走行中に落ち着く、『水温計』があったから分かった事で、警告灯では気付くの送れて『アウト』だったかも。数万円の出費が乗り換えになってたかもと思うと、『水温計』は大事だと思う。」

「電動ファンモーターの故障でオーバーヒートした車の修理をして冷却系統のエア抜きでエンジンをかけた時に一時的に水温が110度まで上がったけど警告灯は点灯しなかった。警告灯が点灯した時はかなり過酷な状態になっていると思われるので水温計はあったほうがいい。自分の車も水温計はないので後付けの水温計を付けています。」

「最近の車は余計なものは増えたが肝心なものが失われている気がしてならない。それこそ'80~'90年代の車にはタコメーターは勿論、水温計・油圧計・電圧計等の走行に関わるメーターが問答無用で付いていた。いくら車が進化したとしても所詮は工業機械製品である以上、絶対に壊れない事など有り得ない。これらのメーター類も十分安全運転装備だと思うのだが、車に興味無い、車の構造知らないドライバーが多過ぎて本当に迷惑な車が増えた。」

最近はオーバーヒートしているクルマを見かけないので性能が上がったのだなと思っていました。

しかし、渋滞時は気をつけたいですし、高速道路のSAなどでは水の入ったペットボトルは今でも置いてあります。

おすすめの記事