東京五輪は呪われてる?開幕直前に小山田いじめ問題…自らの辞任で幕引き??

呪われた五輪にトドメ・・・芸能人も参戦 小山田圭吾の「イジメ武勇伝」がますます大炎上

イジメを武勇伝のように語っていた

目前に迫った東京五輪開会式の楽曲政策を担当する「コーネリアス」小山田圭吾(52)への批判が収まりません。

大会組織委員会が起用を発表後、小山田が障害者に対する壮絶なイジメを武勇伝のように語っていた過去のインタビュー記事がネット上で急拡大。

小山田は謝罪し、組織委も慰留。

幕引きを急いでいますが、トラブル続きの東京五輪のトドメになるかもしれません。

小山田がイジメについて言及したのは、「ロッキング・オン・ジャパン」(1994年1月号)と「クイック・ジャパン」(1995年8月号)。

SNS上であっという間に拡散し、いまなお大炎上中です。

小山田は7月16日にツイッターにアップした文書で、「非難されることは当然であると真撃に受け止めております」とツイートして事実を認め、謝罪。

その一方、

「非常に未熟な人間であった」
「発売前の原稿確認ができなかったこともあり、事実と異なる内容も多く記載されております」

などと釈明し、「連絡を取れる手段を探し、受け入れてもらえるのであれば、直接謝罪したい」としたのですが、本気度は疑わしいものがあります。

当時のインタビュアーは現在の編集長…

17日の組織委の会見で、武藤敏郎事務総長が「彼(小山田)は今、現時点において十分に謝罪をして反省をして、倫理観を持って行動したいと言っている」と擁護したのも火に油だった。

ソニーは公式サイトに掲載していたウォークマンに関する小山田のインタビューを削除。

小山田の問題発言を掲載した「ロッキン・オン・ジャパン」の山崎洋一郎編集長は18日、同誌の公式サイトで謝罪に追い込まれました。

「その時のインタビュアーは私であり編集長も担当しておりました。そこでのインタビュアーとしての姿勢、それを掲載した編集長としての判断、その全ては、いじめという問題に対しての倫理観や真摯さに欠ける間違った行為であると思います」

との声明を発表したのです。

芸能界からも非難ゴウゴウ

18日放送のTBS系「サンデージャポン」で、メイプル超合金のカズレーザー(37)は

「マイナスの埋め合わせ作業をしてなかったということなんで、これは批判されて当たり前。自業自得なんです」
「これは過去が叩かれてるわけじゃない」

などとバッサリ。

TBS系「アッコにおまかせ!」に出演した美容家のIKKOは、小山田が直接謝罪に言及したことについて「昔のことを思い出してしまうから、そういうことしてほしくないですね、私だったら」と嫌悪感をあらわにしていました。

ツイッター上には

「人間のクズ過ぎる」
「イジメに時効はねえんだよ」
「掘られてさらされるのは当然」

などと厳しい書き込みが止まず、「#小山田圭吾の辞職を求めます」とのハッシュタグも拡散しています。

海外の主要メディアも相次いで小山田問題を報道。

ゴメンでは済まされそうにありません。

ネットの声

「自分から辞任と言うよりも追い詰められたという感じでしょうか。五輪組織委員会も追い詰められているという感覚をお持ちでしょうか?しっかり責任をもって後始末をお願いします。」

「無観客、無音とはならない努力は時間がないがすることになるだろう。
辞任はしたけれども、楽曲は使われると言う事態はあってはならない。
それにしても、組織委員会、東京都、政府の責任は重い。」

「本当に知れば知る程、虫酸が走る。もう二度と世に出てこないで欲しい。SNSに謝罪文載せたからって、帳消しになんてならないから。全て、自業自得だし身から出た錆び。というか、辞任したけど、曲をそのまま使ったりしないでしょうね?組織委が愚かだから、小山田の曲を使いそうで嫌だ。曲も差し替えしてもらわないと納得できない。」



おすすめの記事