インドでポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』が現地の映画を盗作したという主張が提起されています。

2月17日、インディアトゥデイ、TNN通信など現地のメディアはインドの映画製作者、PLテナパン氏がポン・ジュノ監督の『パラサイト』をめぐって自身の映画を盗作したとして訴訟を準備中という便りを伝えたのです。

もとは1999年のインド映画??

報道によると、1999年『MinsaraKanna』(監督K.S.ラビクマル)を製作したテナパン氏はこの映画と『パラサイト』が構成的な側面で似ているとしています。

「アカデミー授賞式後『パラサイト』を見たが、わが映画の内容と似ていた」と主張したのです。

引き続き「現在、チェンナイにいる弁護士と協議を終え、国際弁護士を選任して2~3日内に告訴をするかどうかを決めるだろう」と伝えています。

しかし、テナパン氏は具体的に『パラサイト』のどの部分が『Minsara Kanna』を盗作したのかは明らかにしていません。

彼は「法廷にすべてを調べさせよう」として「法廷で判断されるだろう」と話しているのです。

同時に、「韓国の映画製作者がタミル語を駆使する映画製作者に訴訟を起こした事例がある」と付け加えたのです。

Minsara Kannaというインド映画

1999年公開された『Minsara Kanna』はインド南部の言語であるタミル語で製作されたロマンチックコメディ映画。

K.S.ラビクマルが監督を引き受けています。

映画製作会社はKRGムービーインターナショナルであり、公式製作者はK.R.カンガダランです。

TNN通信は『パラサイト』が10日、第92回アカデミー授賞式で作品賞など4冠を獲得すると、SNSで『パラサイト』と『Minsara Kanna』のストーリーラインが似ているという文章が掲載されたと明らかにしました。

これに対してラビクマル監督は「まだ『パラサイト』を観ていない」とし「訴訟はプロデューサーが決めること」と話しています。

彼は『Minsara Kanna』が『パラサイト』にインスピレーションになったといってもそのストーリーがオスカー賞を受けてうれしいと伝えています。

『Minsara Kanna』は愛を勝ち取るために身分を隠して恋人の家で警護員として働く男性の話を描いた映画です。

男性の弟と妹もその家でそれぞれ召使いと料理人として働きながら共に生活しています。

男性は百万長者の息子であり、その恋人は裕福な事業家の妹で過保護を受けているという設定です。

韓国のネットユーザーの反応

これに、韓国のネットユーザーからは、

「でたらめだ。盗作なんてとんでもない」
「アカデミー賞受賞作の監督を傷つけるなんて名誉棄損だ」
「具体的にどの部分が盗作されたか示せていない。自分の映画に関心を引き付けたいの?」
「訴訟して自分の映画を宣伝したいのか?」
「(悪い情報をあえて流して注目を集めようとする)ノイズマーケティングでは?」
「パラサイトの人気に便乗したいの?」

などと、怒りの声が上がっています。

ネットの反応

「文中のあらすじを見る限り全然似ていないように思いますが…。比較のために見てみようという需要が起きたら「パラサイト」に「パラサイト」ということになりますが実際に訴えて勝ったりしたら見るかもしれませんが、まず見ませんね」

「文面ではさほど似てないし、これを似てるといったら似ている映画なんて沢山ある。例えば下流カーストの家族が上流カーストの家族に偽りで入り込み、結局カースト制度はカースト制度でした。夢も希望もない。って内容だったら文句の一つでも言えるけどね。」

「インド映画はなぁ。13億人いるから、単純計算で、映画の脚本家は米の4倍、日の10倍、韓の20倍いるわけで、似ているのがあっても不思議ではないが、盗作ではないと思う。」

似たような話はいくらでもありますし、パラサイトの良さはそこではないようにも思えますけどね。

おすすめの記事