扶養の範囲で…配偶者控除も気になるけどパート妻は106万円の壁は気にせずに!

パート妻の「106万円の壁」 これからは「超えて働く」が正解

老後を安心して暮らすには、年金制度をしっかり理解し、正しい「働き方」「もらい方」を選択することが重要です。

そうしたなか、年金制度改正法が今年6月に公布されました。

新しいルールをしっかり把握しておく必要があるでしょう。

「妻も厚生年金加入」で夫婦の受給額UP

パート妻など短時間労働者は、「年収106万円」を超えると扶養家族から外れ、自分で厚生年金や健康保険に加入して保険料を払う必要があります。

現在、このルールが適用されるのは従業員501人以上の大企業のみですが、2022年10月以降は101人以上、2024年10月以降は51人以上の中小企業まで適用拡大されます。

“年金博士”こと社会保険労務士の北村庄吾氏が以下のように指摘します。

106万円の壁を乗り越えるのが得策

「これまでパート妻は目先の保険料負担を避けて『106万円の壁』を超えないよう働きましたが、今後適用拡大が続いていくことを考えれば『保険料を払わない=年金が増えない』というデメリットのほうが大きい。
むしろ、これからのパート妻は106万円の壁を乗り越えて厚生年金に加入し、しっかり働いて将来の年金を増やしたほうがいい。厚生年金は70歳まで加入できる。平均寿命が長い女性は、働いて自分の厚生年金を増やすのが賢い選択です」

60歳を過ぎても働く

夫と同様に国民年金加入期間が60歳時点で40年未満の妻の場合、「60歳以降のパートで厚生年金に加入」すると満額受給を実現できる可能性もあります。

これからは、夫婦ともに「60代になっても、できるだけ長くバリバリ働く」が新たな常識となりそうです。

ネットの声

「超えて働くが正解とか主婦の負担はどれだけあるかわかってない!!旦那と同じ時間働いても収入は少ないし朝から寝るまで働き身体が持たない。」

「夫は、家に帰ってきたら「家庭内無職」です。しかし妻は、外ではパートでも、「家庭内正社員」の仕事が待っています。
簡単に、超えて働くのが正解!なんて言われたくない。」

「106万以上働けというなら ボーナスもらえる正社員で働きたい パートで106万以上働くって大変なんですよ 子供がいるし家事があるからパートて勤めているのに。。。」

厚生年金に加入する場合は企業と保険料が折半になるので嫌がる企業もあるでしょうね。

おすすめの記事