ジャパンネット銀行改めPAYPAY銀行誕生…PAYPAYとの相性が抜群

「PayPay銀行」誕生! キャッシュカード不要でセブン銀行ATMでの入出金も可能

2021年4月5日、インターネット専業銀行(ネット銀行)のひとつである「ジャパンネット銀行」が社名を変更し、新たに「PayPay銀行」が営業を開始しました。

同行は、PayPay株式会社やヤフー株式会社を傘下に持つZホールディングスと三井住友銀行のグループ会社という位置付けで、「スマホで日本一使われる銀行を目指す」(同行リリースより)としています。

スマホを使い、最短で即日口座開設

同行はスマホで口座開設ができます。スマホ上で「メールアドレスの登録」、「申込内容の入力」、「本人確認書類の撮影」(※)、「トークンアプリをダウンロードして初期設定」を行うことで、早ければその日のうちに同行の口座が開設できます。

また各種銀行取引は、PayPay銀行アプリ上で行い、「残高の確認」や「カード番号の変更・確認」などが行えます。

PayPay銀行はスマホアプリでの利用がメインに

※当日口座開設可能なのは、運転免許証かマイナンバーカードを用意し、「顔写真と動画」で本人確認ができる人のみ。各種健康保険証で本人確認する場合は郵送手続きが必要となり当日中の口座開設はできません。

https://img1.kakaku.k-img.com/images/maga/icv/pc715/16884/16884_03.jpg

キャッシュカード不要でセブン銀行ATMが使える

また、住信SBI銀行やauじぶん銀行など、ネット銀行で徐々に広がりつつある「キャッシュカード代わりにスマホを使ってATMの入出金ができる」サービスも、今回の社名変更に合わせて導入されています。

サービス名称は「スマホATM」で、セブン銀行ATMにて、ATMに表示されるQRコードをスマホのカメラで読み取ることで、入出金やカードローンの借り入れ・返済ができます。

セブン銀行ATMならキャッシュカード不要で使うことができます

なお、キャッシュカードは必要になりますが、セブン銀行ATMのほかに、イオン銀行、ローソン銀行、イーネット、ゆうちょ銀行、三井住友銀行のATMも使えます。

入出金にかかる手数料は、毎月最初の1回は無料で、2回目以降は利用額3万円以上なら0円、3万円未満は165円となります(ゆうちょ銀行ATMのみ330円)。

キャッシュカードにはVisaデビット機能が搭載されているので、Visa加盟店で手軽にキャッシュレス決済ができるのも特徴です。

PayPayマネーを手数料無料で“現金化”

銀行名にもなっているように、QRコード決済サービスのPayPayとの相性も気になるところ。

目を引くのは、「PayPay残高への入出金がいつでも・何回でも手数料0円」というサービスです。

PayPayは銀行口座からの入金(金融機関を問わず手数料無料)や、「ヤフオク」「PayPayフリマ」の売上金を利用することで、PayPay残高(PayPayマネー)にチャージし、PayPayの支払いに使うことができます。

また、PayPayマネーはほかのユーザーに送金することも可能です。

このPayPayマネーは、銀行口座に移して現金として引き出すこともできますが、通常は手数料として100円かかります。

しかし、PayPay銀行の口座なら手数料無料で出金することができます。

ヤフオクやPayPayフリマでよく販売する人や、ユーザー同士で送金する機会が多い人にとっては、うれしい機能でしょう。

もっとも、この「PayPay残高への入出金がいつでも・何回でも手数料0円」は、前身のジャパンネット銀行時代からあったサービスです。

本格的なPayPayとの連携については、今後の展開に期待したいところです。

おすすめの記事