Zホールディングス(ZHD)とZフィナンシャルは、ZHD傘下またはZHDが出資する金融事業会社6社の社名とサービス名を「PayPay」ブランドに統一します。

2020年秋以降順次切り替えるということです。

ヤフーカードはPayPayカード、ジャパンネット銀行はPayPay銀行となります。

Yahoo!⇒PayPayへ

ワイジェイカードの「Yahoo! JAPANカード」は、社名・サービス名ともにPayPayカードとなります。

ただし、Yahoo! JAPANカードも継続するということです。

ジャパンネット銀行は、社名・サービス名ともにPayPay銀行となります。

同社の商号変更は、2021年度上期を予定しているとのこと。

スマホ証券サービスのOne Tap BUYは、社名・サービス名ともにPayPay証券になります。

ワイズ・インシュアランスのYahoo!保険は、社名。サービス名ともにPayPay保険、ワイジェイFXのYJFX!は、PayPay FXへ。

アストマックス投信顧問のYjamは、社名がPayPayアセットマネジメント、サービス名がPayPay投信に改められます。

3,000万ユーザー

ZHD傘下のヤフーが出資するPayPay株式会社のスマホ決済サービス「PayPay」は、累計ユーザー数が3,000万人を超え、多くのユーザーが利用しています。

ヤフーは、オンラインサービスへのPayPay決済を導入するほか、「PayPayボーナスライト」などの特典の付与、「PayPayフリマ」「PayPayモール」の開始など、'19年からPayPayと強固に連携。

急拡大するPayPayユーザーを取り込み、コマース事業を成長させているのです。

同様に、銀行やクレジットカード、保険など、金融サービスについても「PayPay」との連携を強化します。

金融事業の成長とともに、親しみやすさを高めるため、社名やサービス名を「PayPay」ブランドに統一するということです。

ZHDのグループ企業は、検索、eコマース、決済、旅行などアクションを促す数多くの「場」を提供。

ZHDはこれらの場において、ユーザーニーズに沿った金融商品もあわせて提案する「シナリオ金融」構想を展開しています。

スーパーアプリ化へ

PayPayとの連携を強化により、PayPayの「スーパーアプリ化」構想の実現に向け、PayPayアプリ内で「ローン」や「保険」といったZHDグループの金融サービスの提供を拡充していきます。

加えてグループ内以外のパートナーとも協力していく方針。

2020年第3四半期以降は、PayPayモールでの分割払いや、Yahoo!カーナビでの自動車保険などを展開。

また、今秋からPayPayカードのキャンペーンなど、ブランド統一にあわせ各種キャンペーンを順次実施する予定となっています。

ネットの声

「まぁ、そうなるわな。ペイペイ銀行に給料を直接入金してデビットカードのように使ってもらえば、利用者も手間がかからないしね。クレジットカードや公共料金、各種税金の振替ができるようになれば最強かもね。」

「最終的にはYahoo!という名前を無くすのでしょうね。米ヤフーはなくなっているのに、継承した別会社に名称使用料払い続けている(?)のも嫌でしょうし。まぁ、セブンイレブンみたいに米ヤフー巻き取るような決断はされなかったということですね。」

「そういえば、ヤフードームも今はPayPayドームですものね。私もネットを使い始めた2008年からYahoo! JAPANのヘビーユーザーで,個人的にはYahoo!の名の方が好きです。同じくZHD傘下のLINEの各金融サービス名は今後どうなるのかも気になりますね。」

ソフトバンクのことですから、やるときは徹底的にやると思います。

それでも『PayPay銀行」というのも「払え払え」と言われているみたいで嫌ですけどね。

おすすめの記事