ホームレス女性とピザを分け合いランチする警察官にほっこり

「警察官とホームレスは似ています」

白人警察官による黒人男性への暴行死事件を受け、アメリカでは警察官と市民の衝突が続いています。

しかし、そのほんの数カ月ほど前には警察官と市民の心温まる交流がSNS上で話題になったのです。

警察官と芝生の上でランチをするホームレス女性

ノースカロライナ州ゴールズボロ市で警察官勤務9年目になるマイケル・リバーズ巡査(29歳)は、市内のホームレスの顔をほとんど知っていました。

しかしある日、パトカーで巡回していると、公園の芝生に見かけたことのないホームレス女性がいるのを目にしたのです。

彼女のTシャツには大きな文字で「ホームレス―Nobodyになるための一番の近道」と書かれていました。

「Nobody」とは、無名の人、誰からも関心を向けられない人という意味。

パトカーを停め、その女性に声をかけたリバーズ巡査。

笑顔を交わし通り過ぎたのですが、リバーズ巡査は公園に戻り、「今日は何か食べたかい?」と尋ねたのです。

「いいえ」という女性の返事を聞いたリバーズ巡査は、近くのピザ屋で2人分のピザと飲み物を買ってきて、一緒に芝生の上でランチを楽しみます。

お互いの身の上話を

45分間ほどのランチタイムで、2人はお互いの身の上話に花を咲かせました。

彼女の名前はミシェルで夫もホームレスであること、肝臓病と戦っている12歳の娘を里親に預けていること、23歳の息子もいることなどを話したそうです。

この仲睦まじい光景を微笑ましく感じたある通行人が写真を撮り、その夫のクリス・バーンズさんが3月12日にFacebookに投稿。

「警察はわれわれのコミュニティのためにとてもたくさんのことをしてくれるが、その多くは誰にも気づかれない」とコメントしたのです。

この投稿は3900件の「いいね」、5000件のシェアを記録。

大きな反響を呼びました。

一部の「腐ったりんご」にだけ焦点が当てられて

リバーズ巡査は『CNN』の後の取材に、「警察官とホームレスは社会から似たような扱いを受けていると感じています」と心境を明かします。

「ホームレスは社会から疎まれ、その境遇は自業自得だと非難されることが多いです。警察官も一部の『腐ったリンゴ』にだけ焦点が当てられて、ネガティブな側面から描かれることが多いです」

と語ったのです。

そして、

「しかし、ホームレスは単に運が悪かっただけで、誰でもそうなる可能性はあります。また、私が警察官になったのは、人の一日を台無しにしたいからではありません。私は出勤するときはいつも『今日は誰を祝福することができるか』『今日は誰を笑顔にすることができるか』を考えます。誰かの父親や母親を 奪って刑務所に入れたいとは思いません」と述べました。

この警察官とホームレス女性のエピソードに人種という壁は存在しないでしょう。

それだけに、このすぐ後に起きた白人警察官による黒人男性への暴行死事件が残念に思われてならないのです。

ネットの声

「こんな警察官みたいな人格の人とパートナーになれることが、本当の幸せだと思う。」

「なんの差かな、日本でこんなことしてたらだいたいの人はけしからんってなるような気がする。こういうの見て、美しいって思える人たちが世の中を作り上げてって欲しいなあ。」

「素晴らしいニュース。こんなニュースに巡り合えるなんて、まだまだ世界は捨てたものではないのかも…と思います!素敵なニュースをありがとうございます。」

こういう警官もいるということ。

相手の態度によって警官の対応も変わります。

それにしても、素晴らしい警官の対応ですね。

おすすめの記事