レジ袋有料化で批判高まる“ポリ袋ハンター”が告白「いまさら何?」

7月からのレジ袋有料化は巷にさまざまな波紋を呼んでいます。

スーパーで無償提供されるロール状のポリ袋を必要以上に持ち帰る人を“ポリ袋ハンター”と名付け、非難する風潮もその一つでしょう。

その当事者である30代の子育て主婦に、フリーライターの吉田みく氏が話を聞きました。

「ポリ袋が気軽にもらえなくなるのは、困るというか……」

少し苛立った様子で話してくれたのは、埼玉県在住の主婦・竹本ゆかりさん(仮名・39歳)。

夫と3人の子供(7歳・5歳・1歳)と計5人で暮らしています。

最近問題視されている“ポリ袋ハンター”について、当事者としての話を聞くことができました。

ポリ袋ハンターとは、スーパーマーケットに無料で置かれているロール状のポリ袋を必要枚数以上に持ち帰っている人のことを指します。

ぐるぐるとロールを巻き取ることから、“ポリ袋ぐるぐるマン”と呼ばれることもあるようです。

中にはロールごと持ち帰る猛者もいるとか…。

そもそも購入商品を入れる目的で提供されているため、過剰に持ち帰る人に対して「マナー違反」といった声が上がってきています。

以前からポリ袋ハンターはいたものの、7月からのレジ袋有料化をきっかけにピックアップされるようになったようです。

「はっきりとした枚数は分かりませんが、1回行くと20枚くらいでしょうか」(竹本さん、以下同)

竹本さんはスーパーマーケットへ行くと、必ずポリ袋を貰ってきているそう。

始めたきっかけは、ママ友からのアドバイス。

“スーパーでもらえるポリ袋って便利だよ!”という話から、竹本さんも持ち帰るようになったというのです。

「皆もらっているということもあり、罪の意識は薄いですね」

大量のポリ袋を何に使っているのか聞いてみた

「現在のメインは使用済みおむつ入れです。においも気にならないですよ」

以前はおむつ専用カートリッジを使うゴミ袋で処理をしていたそうですが、

1回あたりの料金が10円以上すること、そしてあまり効果を感じられなかったという理由から、

スーパーのポリ袋に入れて処分することにしたそうです。

「新聞紙にくるんで捨てれば、より消臭効果が高まります」

ちなみに新聞の購読はしておらず、こちらも店で包装紙として無料提供されているものを余分に持ち帰ってきていると話してくれました。

洋服入れや料理にも“無料ポリ袋”

「薄くて透明なので、子供服の仕分けが便利です。外出時にも大助かりです」

3人の子供を育てていることもあり、子供に関するもの(洋服やおむつなど)を仕分けするのはかなり大変。

今までは見栄えを重視した袋を利用していたそうですが、ポリ袋の使い勝手の良さに魅了され、使い続けているそうです。

また、破けたりして使えなくなった時、気兼ねなく捨てることができるのも良いと語ってくれました。

「料理にも便利です。唐揚げの揉みこみや、野菜とドレッシングをシェイクする時も使っていますよ」

竹本さんによると、これは主婦の多くが取り入れている料理術で、手が汚れることがないので、テンポよく料理をすることができるらしいのです。

ポリ袋を2重にすることで、破ける心配を軽減することもできると教えてくれました。

ネットやメディアを通じて白眼視されているポリ袋ハンターですが、竹本さんはどのように考えているのでしょうか。

また、今後も持ち帰り続けるか聞いてみました。

「正直、“いまさら何?”っていう感じですよ。昔から多くの人がやっていた気がしますけど。でも、迷惑行為なんですよね。そう言われてしまうと持ち帰りにくいので、控えようとは思います」

言うまでもなく、店側は利用客の買い物のサポートの一環で、ポリ袋を無料で用意しています。

購入商品に対して使うことを想定しており、今回の竹本さんのような利用方法は想定外でしょう。

無料かつ使い勝手の良さから、余分に持ち帰りたくなる気持ちもわからないではないのですが、程度によるのは間違いありません。

そもそもポリ袋は100円ショップでも購入が可能。

サイズ等にもよりますが、1枚1円以下が相場で、決して高いものではないのです。

消費者としての“常識”が問われています。

ネットの声

「ハンターのように不必要な量を持ち帰りはしないけど、確実に以前より多く使うようにはなったなぁ。冷凍食品や冷たいものから出る水。
惣菜などのプラパックも傾いたら汁やタレが出てしまう。トレイ売りのお肉や魚も表面のラップが破れてドリップが出ると困る。
これらは、使い捨て感覚のレジ袋ならそんなに気にはしなかった。しかし、繰り返しで常用しているリュックやカバンに剥き出しで入れて帰るとなると、中が汚れるのは困る。結局は、大きなレジ袋から小分けへと使い方が変わっただけな気もする。この政策はやりっぱなしにせず、どれくらいのプラ消費とプラゴミが減ったのか、きちんと追跡調査をして精査してもらいたい。」

「うちもポリ袋のヘビーユーザーです。OKマートでロールのまま千数百円売っていますよ。1巻買えば全然無くならないので
多くても年間で数本程度ですよ。その程度で購入でき、後ろめたさもなく収納状態もロールなので、かさばらないですし本当に必要な人は購入をオススメします」

「無料のサービス品=いくらでも持って帰っていい。ってわけでは無いのですが。そういう人が店頭のアルコールの中身を移し替えて持って行き、公園の水でプールをしたりするのでしょう。あさましい とはまさにこの事。」

トイレットペーパーでもこんなに回さないでしょう…というくらいに勢いよくポリ袋を取っている人をよく見かけます。

おすすめの記事