人気のプロテイン…避けるべきプロテインパウダーの見分け方

絶対に避けるべきプロテインパウダーの「6つの見分け方」

ワークアウト前の燃料補給や移動中のスナックにプロテインパウダーを使ってる人もいるのでは? 

それでも、それが良いか悪いかはパウダーの種類によるかもしれません。

それは、ヘルシーな飲み物と、恐ろしい添加物がいっぱいのシェイクとでは、全然話が違うから。

ここでは避けてほしいプロテインパウダーの特徴についてご紹介します。

1.人工甘味料が使われているもの

スクラロースなどの人工甘味料で味がごまかされたプロテインパウダーは多いけれど、

人工甘味料は「本末転倒の結果」を招くので絶対に避けたほうがいいでしょう。

体は甘さを感じると、カロリーや糖質が入ってくると思い込むそうです。

その期待が満たされないと、体はもっと甘い物を欲しがり始めるのです。

こうなると、健康のために飲んでいるプロテインシェイクのせいで、いつの間にかクッキーが手放せなくなってしまいます。

甘いプロテインパウダーが欲しいなら、ステビア抽出物(植物性のノンカロリー甘味料)が使われたものを選ぶといいでしょう。

2.カラギーナンが入っているもの

海藻由来のカラギーナンは一見無害。

それでも、プロテインパウダーに使われるべきではないようです。

「カラギーナンは単なる安価な重量剤です」。

カラギーナンが入っていたら、その商品は間違いなく低品質だそうです。

植物性のプロテインパウダー(ホエイは動物性)にも、エンドウ豆、ヘンプ、大豆などオプションは豊富にあるので心配無用です。

3.固形コーンシロップが入っているもの

固形コーンシロップは糖の一種。

しかし、この名前にはハロー効果がある(糖という言葉が使われていないせいで無害に思える)から厄介。

フルーツに含まれる果糖も他の糖より体に良いと思われがちなのです。

しかし、フルクトースはフルーツではありません。

原材料がグラスフェッドのホエイプロテインだけのものなど、添加糖類不使用のプロテインパウダーが理想的です。

4.人工香料が使われているもの

人工香料の何が問題なのでしょうか。

米国公益科学センターによると、メーカーは人工および天然香料の正体を徹底的に隠しており、成分表に記載する義務もないというのです。

人工香料はジャンクフードにも使われているので、それが使われているプロテインパウダーはミルクシェイクと同じくらいアンヘルシーなのです。

5.発音できない添加物が入っているもの

パッケージに記載された成分が全部読めなければ、おすすめしないようです。

識者の誰もが自分の知らない成分を口に入れてはいけませんと警笛を鳴らします。

ビタミンやミネラルを含んでいるパウダーもあるので、“ミックストコフェロール”(ビタミンE)などの成分を見ても驚かないようにしましょう。

まず、見慣れない文字は調べたほうがいいでしょう。

6.タンパク質が十分に含まれていないもの

ワークアウト後のプロテインシェイクには28~30gのタンパク質が入っているべき。

それ以上は筋肉が吸収できないからです。

植物性のプロテインパウダーは、タンパク質の含有量が15~20gとやや低めです。

その場合には、豆乳、牛乳、ナッツバターで不足分を補うようにしましょう。

おすすめの記事