89年ドラフト会議。野茂英雄が史上最多タイの8球団指名を受け、近鉄が交渉権獲得。

そして、オリックスの外れ1位指名を受けたのが当時24歳の佐藤和弘だったのです。

瞬く間に人気者に

母ちゃんが作ってくれた焼きおにぎりを食べながらドラフト中継を見ていて、自分の名前が呼ばれて鼻からご飯を吹いた男。

他の選手のようにスーツではなく、熊谷組のスタジャンに金色のネックレス、うっすらと無精髭を蓄えたパンチパーマ姿で取材陣の前へ出たのです。

80年代後半からパ・リーグにも“新人類”や“トレンディエース”といった若いスター選手が出現していた時代でした。

その時代の変わり目、昭和から平成へと球界も転換期だった89年。

ネタになりそうなド昭和の風貌の暑苦しいルーキーが登場したのです。

なんか最近の若いプロ野球選手はギラギラしてない、ツルっとしてるよねぇと嘆いていたマスコミは当然飛びつきました。

はっきり言って、佐藤はドラフト前は世間的にはほぼ無名の存在。

それが、ドラフト直後の会見映像で瞬く間に人気者へなるのです

「ちらっと名前言わねえかなあなんつって見てたんですね。そしたら、ねぇ。おふくろはもう泣いちゃって、妹はやめたらーなんてつってね。喜んでたって言うかねビックリっていうあれですね。(オリックスは)テレビで観た中では、自分のタイプ的に合ってんじゃないかなあ雰囲気が、そういう感じしますね。あの…パンチパーマでもいいんじゃないか。そういうところですね」

「人間一生に一度は誰でも輝く時期があるっていうじゃないですか。それが今ですからね自分!」

「(電話が鳴り)ハイ!ハイ!上田監督だ…!(報道陣爆笑)あ、こんばんは!佐藤です!はじめまして。あのやっぱりちょっと明日会社に行って来まして、会社の方と相談して決めることですけども、自分の心はひとつです!(報道陣爆笑)」

チーム内には冷めた空気も?

スポーツニュースや珍プレー好プレーでも繰り返し放送されたこのシーン。

ちなみにパンチパーマは、社会人1年目に歌舞伎町に飲みに行った時に学生と間違えられたため、童顔を隠す意図もあったということです。

その卓越した話術で人気者になったルーキーは、イチロー入団前の地味なイメージがあったオリックスの宣伝マンのような役割を果たすことになります。

取材は可能な限り受け、ファンサービスも積極的にこなす。

「 (今の気持ちを) マラソンに例えるとロサ・モタが、国立競技場のスタートラインに立って手首足首を廻しているというところでしょうか」

というキャンプイン前の台詞は語り草です。

とは言っても、まだ野武士のような先輩たちが睨みをきかしている時代。

チーム内には

「こいつ、ペラペラ喋りやがって」

的な冷めた空気も感じたというのです。

ちなみに佐藤の2年後にオリックスからドラ1指名された田口壮はルーキー時代にヒットエンドランのサインを見逃して、先輩選手から胸ぐらを掴まれベンチ裏で

「おまえ舐めとんのか」

と説教されたと自著の中で明かしています。

あの頃のオリックスにはまだそういう古豪・阪急ブレーブスの空気が残っていたのです。

1年目は活躍も……その後は出場機会失う

ちなみに故・上田利治監督は

「野手では即戦力ナンバーワンはウチは佐藤いう評価だったんですよ。非常にバッティングが良くて三拍子揃った好選手いうことでね」

とコメントしていたのですが、佐藤本人はプロ入り直後から

「守備と足は通用しない。レギュラーは厳しい」

とあっさり悟っていました。

この辺りのスカウティングのユルさにも昭和を感じてしまいます。

とにかく1軍で生き残るには打つしかないと佐藤はルーキーイヤーから42試合142打席で打率.331を記録。

ブルーサンダー打線の中で存在感を放ちます。

しかし、2年目から故・土井正三監督が就任すると野球観の違いから、人間的にまったく合わず出場機会を失っていきます。

たまにお立ち台に上がると

「そうですね、下痢するまで飲みたいです、今日は!」

と明るいキャラは健在でしたが、3年目の92年オフにはトレード志願するも、球団が数少ない人気選手を手放すことはなく残留。

93年にはわずか出場3試合に終わり、気が付いたらもうすぐ30歳というところで転機が訪れます。

故・仰木彬監督の監督就任です。


サラリーマンもプロ野球選手も、上司が代われば人生が変わるのです。

パンチ佐藤の誕生も…

さっそく行われたのが球史に残る「パンチ」への登録名変更だ。

一緒に登録名を変える何の実績もなかった若手選手が批判されないように、強烈なキャラのパンチが風よけになるために。

すでに坊主頭で最初は渋った佐藤も仰木監督の行きつけのヘアサロンを紹介され、これを受け入れます。

この時、球史は動いたのです。

結局、94年限りで恩師・仰木監督から芸能界入りを薦められ現役引退。

実働5年で149試合。

通算71安打、打率.274、ホームラン3本、26打点。

上田、土井、仰木と、ともに戦った監督たちはすでにこの世にはいません。

あの

「自分の心はひとつです!」

というドラフト時の映像は、パンチ佐藤の引退後10年近く経過してから、アルバイト情報誌フロムエーのテレビCMで使用されました。

仰木監督は他球団からお誘いがなかった場合も想定してパンチと話し合いをしていたのです。

「お前のキャラクターなら野球より、テレビ業界の方が向いている。タレントに転身するのも一つの道だ」

と仰木監督。

野球ではなく言葉ひとつでスターになった男。こんな選手はしばらく現れないのではないでしょうか。

ネットの反応

「プロ野球そこそこ昔ばなしエピソード6、ほぼレギュラーの金村にゲストでパンチ佐藤ってだけで見なくても面白いってわかるな。いや見たけど最高だったわ。イチロー上田監督仰木監督の裏話からノムさんの話まで飛び出して一生見てられる」

「やっぱりパンチ佐藤は話がうまい。そして吉田アナを見ていると岡田有希子を思い出す #プロ野球そこそこ昔話」

「プロ野球そこそこ昔ばなしエピソード6見ました。いやあ、これは家で見るものだな。つい笑っちゃって周りの目が冷たい。
パンチ佐藤は芸人だね。話芸の人だな。上田監督のダイナマイッ!は最高。自分も使ってしまいそうだww」

『プロ野球そこそこ昔話』でパンチ佐藤が上田監督の口癖は「ダイナマイト!」だったって力説してたけど印象ないですね…。

おすすめの記事