人気YouTuberラファエル テレビ出演料破格の400万円!?で見えたテレビの限界

5月12・19日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)にYouTuberのラファエルが出演しました。

ラファエルは、グレーのパーカーと白い仮面がトレードマークの人気YouTuber。

彼のメインYouTubeチャンネル「ラファエル Raphael」の登録者数は本稿執筆時点で164万人を超えています。

失敗らしい失敗はアカウント停止

普段のこの番組では、人生でどん底に落ちるような苦い失敗を経験した人が、そのときの苦労を振り返り、そこで学んだ教訓を生徒役のタレントたちに授業形式で伝えています。

しかし、ラファエルは2週にわたって「自分はどうやってYouTuberとして成功したのか」ということを語っているのです。

彼が唯一の失敗体験として話したのは、過激な動画をアップしていたことなどが問題視され、当時持っていたYouTubeチャンネルが運営側によって停止されてしまったこと。

たしかにこのとき、彼は一時的にYouTubeからの広告収入がゼロの状態に追い込まれたそうです。

しかし、これがネットニュースなどで大きく報じられたことで知名度が上がり、その後の仕事も増えたのです。

つまり、実質的には彼は失敗らしい失敗をすることなく、YouTuberの頂点に上り詰めていたのだ。

収入は芸能人より上

そんなラファエルはYouTuberとして活躍する一方、複数の企業を経営する実業家としての一面を持ちます。

彼は番組内で自身の収入に関しても赤裸々に語っているのです。

コンサルタントとして月2回、2時間の会議に出るだけで400万円を超える報酬を得ているとさらっと告白。

そこで、オードリーの若林正恭に「よく今日のギャラ、納得したね」と言われると、ラファエルは「それこそ今日の(テレビ出演の)ギャラはさっき言ったぐらい(400万円)です」と返します。

この彼の発言を聞いて、出演者たちは一瞬、意味が飲み込めずに口々に「えっ!?」とつぶやいて沈黙。

その後、平成ノブシコブシの吉村崇は思わず立ち上がってスタッフの方に歩み寄り、「おい、全然話違うじゃねえか。北野ー!」と、この番組の演出を務めるテレビ朝日の北野貴章ディレクターの名前を叫んだのです。

恐らく、彼らが普段のテレビ出演で得ている金額をはるかに上回る額が、ラファエルに出演料として支払われていたことに心底驚いたのでしょう。

テレビに1回出るだけで400万円というのは、テレビ業界の相場としては確かに高いものです。

しかし、逆に言うと、YouTuberやコンサルタントとして時給100万円以上を稼ぎ出すラファエルを収録で数時間拘束するのだと考えれば、妥当な数字です。

そのような金銭的な待遇の圧倒的な違いを見せつけられたことで、吉村をはじめとする出演者たちはただ驚き、あきれるしかありませんでした。

さらに、19日放送回では、ラファエルがYouTuberとして具体的にどのように稼いでいるのかを語っています。

動画の中で商品を紹介して企業から広告料を受け取る「企業案件」と呼ばれる仕組みがあります。

報酬は1件につき最低500万円というのが相場だということです。

彼は2017年度には企業案件にかかわったYouTuberランキングで1位に輝き、62社の会社と仕事をしていたといいます。

これを聞いた若林はうなだれて

「何のために10年ショーパブ出てたのかな」
「テレビってもっとすごくなかったか?」

とつぶやきます。

ラファエルが稼ぎ出す桁違いの収入額は、夢を求めて芸能界入りした彼らを意気消沈させるのに十分なものだったのです。

テレビかネットか

少し前までは、テレビのバラエティ番組にYouTuberが出ると「インチキな商売で一発当てた成金」という扱いをされることが多かったのです。

身の丈に合わない富を得て、豪邸で贅沢な暮らしをしているところばかりが取り上げられました。

裏を返せば、ただお金にしか注目されないくらい、YouTuberが世間から見下されていたということでもあるでしょう。

テレビの制作者側も彼らをどう扱っていいかわからなかった、ということでもあるのです。

しかし、最近はそれが変わりつつあります。

YouTuberが1つの職業として認められてきているからです。

YouTuberが古くからある芸能事務所に所属するケースや、テレビタレントがYouTubeに参入するケースも相次いでいます。

さらに、お笑い最大手の吉本興業とYouTuber事務所最大手のUUUMが資本業務提携をすることも発表されました。

芸能界とYouTuber業界が手を組み、お互いのノウハウを積極的に学ぼうとしているのです。

営業職として会社勤めをした経験もあり、多角的に事業を経営していてるラファエルは、テレビカメラの前で理路整然とYouTubeビジネスの現実を伝えました。

それは若林、吉村ら一線級のテレビタレントをも驚かせる内容だったのです。

開いた口が塞がらない様子の彼らを映し出すことを通して、テレビの面白さと限界が同時に示されていました。

「テレビか、ネットか」という中身のない二元論はバカバカしいだけですが、テレビとネットが距離を縮めてお互いのことを知ろうとする様子はそれだけで刺激的なのです。

ネットの反応

「YOUTUBERに限らず行動した人が稼いでるってことだと思う。行動したからと言って必ずしも稼げるわけじゃないかもしれないけどほとんどの人は行動すらしてない。敷かれたレールに沿って安定をとってたらそりゃこうはならない。羨ましくもあるけどそれなりのリスクを背負って努力をした結果だと思います。」

「昔のグローバル化と似てるね。品質を上げることに注力したら利益がなくなり、品質悪くても安い中国が生産拠点になった。テレビで1時間番組作ると代理店のピンハネ、一次受けのピンハネスタッフの量も10倍以上、テレビ局は一等地にある家賃なら支払いも含める。出演者の取り分が少ないのは当然。」

「Youtuberが稼げるというよりYoutubeを踏み台にして様々なビジネスに進出して成功したYoutuberが稼いでいるというのが事実なんだが。そこを分かってない学生やキッズが多そうw」

ユーチューバーだけで稼いでいる人もいますが、大半は実業家です。

芸人やユーチューバー関係なく才能のある人がさらに稼いでいるイメージですね。

おすすめの記事