楽天モバイルの新料金プランは圧倒的…それでも注意点があるよ

ご存じのとおり、NTTドコモとau、ソフトバンクは3月に手頃な新料金プランをスタートします。

NTTドコモの「ahamo」は、具体的に3月26日からと発表されており、楽しみにしている人も多いことでしょう。

しかし、気になるのが低価格をウリにしてきた楽天モバイルです。

以前から月額2980円でデータ通信も通話もできるという「Rakuten UN-LIMIT」を打ち出していたところ、メイン3キャリアが同じ価格帯にしてきました。

もちろん、総務省の強力な圧力があってのことで消費者としてはウェルカムなのですが、楽天モバイルとしては、価格面でのメリットがなくなってしまったのです。

圧倒的に安い楽天モバイルの対抗策「Rakuten UN-LIMIT VI」

そこで楽天モバイルは、対抗策として1月29日に「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表。

4月1日からスタートする新しい料金プランでは、利用したデータ通信量による段階制になっているのが特徴です。

上限はこれまでと同じ月額2980円ですが、データ利用料が1GB以下なら0円、1~3GBまでは980円、3~20GBまでが月額1980円、20GB以上が2980円となっています。

これは衝撃的。2020年2月にMM総研が行った調査によると、月間データ通信量の平均は6.94GBとのこと。

7GBまでの累計で全体の79.2%を占めており、ほとんどの人は月額1980円で済んでしまいそうです。

これは明らかにお得。1~3GBの範囲でもMM総研の調査では69.1%もいるので、この場合は980円で済みます。

29%もいる1GBユーザーなら、あと少し通信量を減らせば0円になるのです。

圧倒的に安く、赤字覚悟の出血大サービスと言っていいでしょう。

最低利用期間や契約解除料もありません。

楽天市場でのポイントも+1倍されます。

それでは、楽天モバイルは誰にでもオススメできるのでしょうか。

といえばそうでもないのです。

いくつか注意点があります。

楽天モバイル新プランの注意点は?

まず、大手3キャリアでは心配する必要がない、楽天モバイルの対応回線エリアの狭さです。

2021年1月末の人口カバー率は74.9%と低いのです。

都市圏では使えますが、地方に行くと繋がりにくいのです。

そのため、カバー率99%以上のKDDIとローミング接続を行っています。

そのおかげで、現在でも広い範囲で通信・通話が可能になっているのです。

楽天モバイルとしては、2021年夏には人口カバー率96%を予定しており、ある程度カバーした地域はローミングを切っていくことになります。

すでに都市圏ではローミングを切って、楽天の自社ネットワークだけでサービスを提供しているエリアもあるのですが、だからといって、エリアならどこでも繋がるという状況になっていません。

これは、その他のキャリアも歩んできた道なので、想像どおりではあるのです。

楽天モバイルは、今後カバー率を上げていく予定ですが、ソフトバンクの宮内CEOによると、カバー率96%から99%にするには兆単位のお金がかかるといっています。

しばらくは茨の道が続きそうです。

また、ローミングを行うと、楽天はKDDIに接続料を支払うことになるので、ちょっと微妙な制限が発生するのです。

「Rakuten UN-LIMIT VI」は通信容量が20GBを超えても制限なしで高速データ通信できるというのが最大のメリットですが、ローミングエリアでは5GBまでしか利用できません。

超過した場合は、最大1Mbpsの速度制限が発生してしまうのです。

もし、自宅やオフィスなど、ヘビーに利用したい場所が楽天モバイルの圏外だとつらいことになるでしょう。

さらに通話は無料なのですが、実は普通の通話アプリは使えません。

その場合は30秒20円のコストが発生するのです。

無料になるのは「楽天LINK」アプリを使った場合のみなので注意が必要です。

迷ったらとりあえず1回線だけ楽天モバイルを持つのはあり

その後、3キャリアや楽天モバイルの動きを受けて、他のMVNOサービスも相次いで低価格サービスを発表しました。

オプテージの「mineo」は1GBで1180円、5GB1380円、ジュピターテレコムの「J:COM MOBILE」は、1GBで980円、5GBで1480円といったお手軽プランを用意。

mineo(マイネオ)

2月18日からは日本通信が「合理的20GBプラン」をスタート。

通話は月に70分までとかけ放題ではありませんが、通信容量20GBで1980円という価格を打ち出しています。

価格重視でスマホ回線を選ぶ人にとっては、うれしい状況になってきているのですが、選択肢が増えて悩ましくもあります。

もし、利用エリアが楽天モバイルの圏内に入っており、それほどデータ通信を行わないというのであれば激安に抑えられる可能性があります。

手持ちの端末が楽天モバイルで使えるのであれば、メイン回線として契約するのもありでしょう。

そうでない人にとっても、サブ回線として確保するのには最適解と言えます。

何せ、通信量が1GB以下なら0円で維持できるのです。

メイン端末の通信容量がオーバーしたときや故障で使えなくなったときのバックアップとしても活躍してくれるでしょう。

もちろん、だからと言ってたくさん契約するというのは無理。

2回線目以降は、0~3GBまで980円という料金体系になるからです。

黎明期のキャリアには色々とトラブルが発生するのは当たり前。

その当たりを許容できるなら、条件のいい楽天モバイルはアリでしょう。

ビジネスなどで品質を重視するなら、今のところは4月のサービススタートの様子見でいいと思います。

ネットの声

「不安要素はあるけれども、結局試してみるしかない。新規に試すのは実質で無料のようなものだから気になる人は試していい。ただ、気に入ったのでメイン回線にしようと思ったら、お試しで入った1年無料がメインに移行出来ない。これを可能にしてもらえるとロスがなく試しやすいのだけどね」

「自宅内でWi-Fiに繋がるので、どこでも通話し放題の自宅用無料電話として使ってます。通話品質も問題ありません。固定電話代を節約できて助かりました。」

「>>ソフトバンクの宮内CEOによると、カバー率96%から99%にするには兆単位のお金がかかるという。
それがどうなの?って話。人口カバー率を4%上げるために兆単位のコストをかけて、利用者に負担させる。ほとんどの人が一生接続することのない基地局がどれだけあるのだろう。楽天はわざわざコストをかけるのとは違う道を歩んでも良いんじゃないかな?衛星通信も考えているようだが、そちらの方が低コストであるなら、地上の基地局を建てていくよりそれでいいんじゃないか。人口カバー率ではなく、エリア100%カバーできるみたいだし。」

多くの人がかつてソフトバンクが価格破壊を起こしてくれると思っていました。それが幻想となり今は楽天に期待するしかないですね。



おすすめの記事