議員落選したらただの人…杉村太蔵は「落選議員の星」

杉村太蔵は『落選議員の星』 自己破産、生活保護の元国会議員は「結構いる」

元衆院議員でタレントの杉村太蔵が10日、読売テレビ「特盛!よしもと今田・八光のおしゃべりジャングル」に出演。

国会議員の“その後”を取り上げると「僕は『落選議員の星』」と胸を張りました。

国会議員は落ちたらただの人

キャスターの辛坊治郎氏から「国会議員って落ちたらタダの人か、売れっ子タレントになるかどちらか」と言われると、

「まあ、ちなみに僕は『落選議員の星』って言われてますから」と笑って返しました。

MCの今田耕司も「リモートのときの事務所みたら大成功」と、

高価そうな猫足の白い家具や、革張りの大型チェアなどが置かれていた事務所を思い出していました。

生活保護を受けている元国会議員も

さらに辛坊氏は「冗談じゃないのは、元国会議員で、生活保護で暮らしている方が結構いるんです」と語っていました。

議員年金が廃止になり国民年金になり「国会議員に落ちたあと、(選挙に)お金を使ったから、借金取りしかこない。だから生活保護」と生活が逼迫しているとしたのです。

そんな辛坊氏の言葉を補足するように、

杉村も「自己破産する方結構います。やっぱり現実は厳しいです」と他の元国会議員の苦しい台所事情を明かしていました。

小泉チルドレンとして

杉村自身は05年9月、衆議院議員総選挙で最年少(当時)当選し、「小泉チルドレン」として09年まで1期務めました。

10年7月、衆議院議員選挙に落選。

現在はテレビ出演、講演、投資などで稼ぎ、「徹子の部屋」に出演したときに、「250年生きられるくらい」お金を貯めていることを打ち明けています。

ネットの声

「ぶっちゃけると、とある市議会議員が選挙で磐石と言われながらまさかの落選で借金を背負い、親から継いだ立派な家を売らざるを得なくなった。我が家はそこを安値で買って家族で暮らしている。市議会レベルで家を手放すのだから国会議員の落選なんて考えただけでも寒気がする。太蔵は議員時代からキャラが立ってたから今に至るまでテレビで重宝されるから助かった。最近では自民党総裁選関連でまた仕事増えたしね。なんだかんだで地頭はいいし。」

「政治家は職業か? だとしたら、国会議員の報酬は高すぎる。国会議員の90%は何もせずに報酬を受け取るために国会に出席する。こんな制度は改正しないと駄目だ。これ以上、政治家ではなく、政治屋を増やしてはならない。」

「テレビのロケしてるのみたが録画中はあのキャラで取り終えたら真面目な人だったよ。
テレビ見てたら分かるがテレビ受け狙って色々考えてコメントしてるしスタッフに重宝されて使われるのは納得。
2匹目のどじょうが出ないのはそこまでの頭のやつがいないから。」

杉村太蔵は薄口評論家と言われていますが、しっかりとコメントしていて好印象です。

もう一度政界に打って出てほしいですね。

おすすめの記事