楽天モバイルの正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」では、楽天回線でも1日10GBを超えると通信速度が制限されます。

そんな報告がネットで上がっているのです。

完全使いたい放題だが…

Rakuten UN-LIMITでは、楽天回線でのデータ通信は「完全使い放題」をうたっています。

そのため、月間はもちろん1日あたりの制限があるという話は聞いたことがありません。

ちなみにローミング先のKDDI回線では、当初は月間2GBまでとしていたのですが、Rakuten UN-LIMIT提供開始日の4月8日に月間5GBまでへ改定しています。

楽天回線での制限は本当にあるのか…。

楽天モバイルに確認したところ、

「(10GBなどの)明確な数値を決めているわけではないが、過度なトラフィックをもたらして、他のユーザーに公平な通信環境を提供できないと判断したら、通信の制御や最適化を行う場合がある」とのこと。

この点は契約時の「重要事項説明」で記載されている他、Webサイトでも注釈に「公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行うことあり」と記載されていることからもわかります。

低速時の速度は?

低速時の通信速度は公表していません。

通信速度が制御された場合、翌日の0時にもとの速度に戻る。在宅で過ごすことが増えた昨今、無制限の楽天モバイルを自宅の回線として活用することを考えている人もいるでしょう。

過度な通信をすると速度が制限される場合があることは覚えておきたいのですが、ある程度の目安は示してほしいところです。

UN-LIMITから適用

なお、この運用は「無料サポータープログラム」では適用しておらず、Rakuten UN-LIMITから適用しています。

楽天回線やKDDI回線で、現在どれだけのデータ容量を使っているかは、「my楽天モバイル」アプリから確認できます。

「直近のご利用内訳」で「無制限」だと楽天回線、「国内ローミング」だとKDDI、「全て表示」だと楽天とKDDI回線でのデータ消費量が月ごとに表示されています。

ネットの反応

「楽天回線で使っていても気付いたらKDDI回線に切り替わってること多々ある。どちらの回線かはアプリを開かなくても分かるようにステータスバーに表示してもらいたい。あと、切り替わった時にバイブや音で知らせてくれたら親切かな、、」

「普通に考えてそうだろうなって思う。その低価格で無制限にしたら自宅の固定回線を解約する人が続出するのは想定出来るしそうなれば混み合う時間帯は速度が回線パンクして激遅になるだけでなく通信障害を起こす事もありそうだ。」

「楽天モバイル数年使っているけど今回の楽天参入したけどエリア外だから結局、パートナー回線使用になるから変更しても意味がない。対応エリアが少ないし回線を新たに引くのは難しい、共同構の余っている回線を買うしかない。楽天モバイルの単独回線を工事して新設するには莫大な費用がかかるから余っている回線ともともとのドコモ、AU回線両方でやらないと無理。現状、昼間は速度が落ちる当然、キャリア優先になるため仕方がない。」

10GBなら良心的だと思います。楽天にはキャリア料金の壁をぶち破ってもらいたいですね。

ソフトバンクにはもはや料金クラッシャーの面影がなくなりました。

おすすめの記事