スッキリの刺客ラヴィットが大コケスタート… 

加藤浩次『スッキリ』の刺客!麒麟・川島新番組「大爆死」スタート!!

立川志らくがMCを務めるTBS朝の情報番組『グッとラック!』に代わり、麒麟の川島明と同局の田村真子アナウンサーがMCを務める新番組『ラヴィット!』が3月29日にスタートしました。

ドッキリではない

川島は番組冒頭、「おはようございます。日本で一番明るい朝番組、ライフアイデア発見バラエティ『ラヴィット』、MCの麒麟・川島明です。よろしくお願いします」と挨拶。

続けて「ドッキリじゃなかったですね。ビックリしました。この段階で誰かが看板持って突入してくるとか」と自分がTBSの“朝の顔”となることにあらためて驚いた様子。

「まさかTBSの朝を麒麟・川島に任せていただけるなんて……本当にTBSさんありがとうございます。頑張ります!」と意気込んでいました。

朝の『ヒルナンデス!』を目指してスタート

『ラヴィット!』は『グッとラック!』とは異なり、ニュースなどは扱わず、各分野の一流プロが教える「お気に入り(=Love it)」を通して、日々の楽しみを提案するライフスタイルバラエティ番組。

3月29日の初回放送では、コンビニスイーツのランキング、スーパーマーケット情報、健康グッズなどを取り上げました。

また、4月の金曜マンスリーゲストとしてジャニーズの人気グループ・Snow Manが出演することも明らかになりました。

「『ラヴィット!』は同時間帯の『スッキリ』(日本テレビ系)と同じ、13~49歳の“コア層”と呼ばれる若年層をターゲットに据え、朝版の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のような番組を目指しているといいます。だからこそ、若年層に人気の高いSnow Manがマンスリーゲストに起用されたのでしょう。番組上層部が周囲に“『ヒルナンデス!』のイメージでやりたい”と話していますからね。
ただ、番組は川島さんが意気込みを語り、大々的にスタートしたものの初回の個人視聴率は1.3%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、コア層の個人視聴率(コア視聴率)は0.8%と非常に厳しい数字を記録してしまいました」(制作会社関係者)

『スッキリ』のコア視聴率は『ラヴィット!』の5倍!

3月22日放送の『グッとラック!』の個人視聴率は1.8%、23日は1.3%、24日は1.6%、25日は1.5%、26日の最終回は1.3%だったそう。

「『グッとラック!』は視聴率が低迷して番組が早々に打ち切りとなりましたが、その『グッとラック!』から数字が変わっていない。むしろ下回っているんです。ちなみに、3月29日の『スッキリ』のコア視聴率は4.0%。『ラヴィット!』の5倍ですから、いかに『スッキリ』がコア層に支持されているかがわかりますよね」(前出の制作会社関係者)

一部では『ラヴィット!』が、吉本興業から専属エージェント契約を解除された加藤浩次、そして加藤がMCを務める『スッキリ』を“潰す”番組になるという報道もありました。

「『ラヴィット!』も『スッキリ』と同じようにコア層に寄せた番組内容、キャスティングです。ただ、数字では5倍の差をつけられている。
まだ始まったばかりで、これからでしょうが、初回については“爆死”という形になってしまいました。『スッキリ』と肩を並べられるようになるまでは、まだまだ時間がかかるでしょうね」(前同)

『ラヴィット!』は人気番組の仲間入りを果たすことができるのか、それとも『グッとラック!』のように短命に終わってしまうのでしょうか。

ネットの声

「朝の8時という1日で1番食欲を欲しない時間に「ごはんモノランキング」や「簡単激ウマ料理」朝の8時という1日で1番芸人を欲しない時間に芸人を掻き集めるTBS(というより吉本)の天才的センス。」

「ラヴィット第1回で大失敗だと思った。あさイチみたいにコロナ禍での生活のアドバイスやグッズとか扱うのかと思ったら全然違った。朝からコンビニだのグルメだのスイーツだの、どう考えてもやる時間間違えてる。」

「あさイチやはなまるマーケットのような生活や健康の情報をやるのかと思っていたら企業の商品の宣伝やランキングといったタイアップばかりで見る気がなくなりました。」

かなり厳しいスタートとなったようです。



おすすめの記事