レジ前のもめ事も落ち着いた?コンビニの工夫にみんなが感激

レジ前でのもめ事も、減少するかも? 滋賀のコンビニのちょっとした工夫に「全店こうしてほしい」の声

レジ袋の有料化に伴い、街中で買い物をするときに店員と「レジ袋が必要か否か」という会話を交わす機会が以前より増えた、という人も多いのではないでしょうか。

中には、レジ袋の要不要を巡って店員と客の間でトラブルが起きるケースもあると聞きます。

仕方ないこととはいえ、いちいち「有料だけどレジ袋いりますか?いりませんか?」と確認が必要なのは、店員にとっても客にとっても、少々煩わしいシステムといっていいでしょう。

今回、そんなトラブルを解消するための一案を生み出したとあるコンビニの取り組みが、ツイッターで話題になっています。

赤い板に2種類の注意書きが貼られている

そして、「レジ袋不要の方専用」の文字の下には白いカゴ、「レジ袋購入する方専用」の文字の下にはオレンジ色のカゴが。

どうやら、レジ袋の要不要によって使うカゴを選ばせることで、会計時のやりとりをスムーズにしようという試みのようです。

これなら、店員は客が持ってきたカゴを見てレジ袋を付けるかどうか判断すればいいし、客もカゴを出すだけで自分の意図を店員に伝えられるのです。

この画期的な方法に対し、ツイッター上では、

「コンビニでバイトしてるけど、あったら凄いありがたい...お客さんに聞くとたまーにキレ返してくる人いるからこわい」
「これ、店員さんもいちいち袋必要の有無を確認しなくていいのでグッド」
「いいと思います。カゴのサイズは同じで色を変えるとか、レジ前で自分で袋をとってもらうとか、店ごとにいいやり方があると思うので、選択肢の1つになるといいですね!」

といった声が寄せられています。

今できることで工夫を

話題になっているのは、ツイッターユーザーのHiro☆Toga(@redpeppers)さんが2021年3月15日に投稿した画像。

埼玉県民であるHiro☆Togaさんは15日、出張で滋賀県に訪れていました。

朝ごはんを買うために入った大津市のセブンイレブン店舗で、2種類のカゴが置かれているのを見たというのです。

すごいアイデア

「2020年7月のレジ袋有料化のタイミングで、このようなカゴの存在はSNSで知っていて(今回とは別のコンビニでのもの)、すごいアイデアだな、と関心しました。
その後、自分の目でこのカゴのシステムを見ることはなかったのですが、今回初めて目の当たりにし、感動して撮影&ツイートしました」(Hiro☆Togaさん)

改めて、この取り組みを目撃した時の感想を訊いてみると、Hiro☆Togaさんは、

「この店の、この運用方法が完璧だとは思いません。この店のスタッフさんは『今あるもので、知恵を使って』実現したものと思います。低コストでここまで効率化できるのは素晴らしいアイデア&運用方法だと思います。なぜ、他のコンビニでも何かしらの対応をとらないのか不思議です」

と述べていました。



おすすめの記事