平成では先進機能…今では時代遅れになったクルマの機能

平成に全盛だった「先進機能」がもう古い! アッという間に「時代遅れ」になったクルマの機能4つ

スタイリングなど感性に訴えかける要素も重要ですが、基本的にはクルマはテクノロジーによって進化しているといえます。

新しい機能、素材、製法いずれも技術革新によって生まれる要素。

それゆえに新しい技術と思っていたものが陳腐になり、古くなり、廃れていってしまうのも、またクルマの歴史の一面と言えるでしょう。

最新機能によって進化した結果消滅の危機に瀕している装備も

かつては最新であったにもかかわらず、いまや完全に消え去ろうとしているテクノロジーアイテムをピックアップしてみました。

1)HDDナビゲーション

今では車載ナビはメモリータイプが主流となりました

いつの間にかクルマにカーナビは欠かせないアイテムになったのです。

GPSにより自車位置を測定するという仕組み自体は最新モデルでも変わりはありません(補正するための情報や準天頂衛星などの新技術は生まれています)。

カーナビの進化というのは地図データの収納方法が大きな要素となっているのです。

1990年代、カーナビが出始めた初期には地図データはCD-ROMに収めているのが当たり前だったのです。

CD-ROMのデータ容量は650MB程度しかないためカバーエリアの外にいくとCD-ROMを差し替えるという手間が必要でした。

その後、データ容量の大きなDVD-ROMを経て、HDDに地図データを収めるようになっていったのです。

差し替えの手間もなくなり、読み取り速度も格段に向上したことで使い勝手はよくなったのですが、

いまや新車に搭載されるナビゲーションシステムでHDDナビを見ることはほとんどなくなっているのです。

現在の主流はメモリーナビで、かつては憧れだったHDDナビは過去のものとなってしまいました。

もっとも、メモリーナビについてもカーナビの最終形態というわけではありません。

ディスプレイオーディオといってスマートフォンのナビ機能を利用するタイプが増えており、車載ナビ自体が消滅の危機に瀕していくともいえるでしょう。

2)キーレス

ドアの解錠施錠をするだけのいわゆるリモコンキーは少なくなってきました

いまや「スマートキー」といってクルマのカギを身に着けているだけで、ドアロックを解除したり、エンジンを始動できたりするようになっています。

最新のプジョー2008などには「プキシミティスマートキー」といって、スマートキーを身に着けたまま車両から2m以上離れるとドアロックされ、1.5m以内に近づくとアンロックされるというシステムまで採用されています。

しかし、その昔「キーレスエントリー」といえばクルマのカギとドアロックのオン/オフができるリモコンが一体化されていて、キーを使わずにロック解除できるだけのものを指していました。

つまり「キーレス」ではエンジンをかけるときにはキーを挿して回すという動作が必要です。

いまでも軽トラックや廉価版のグレードには「キーレス」が残っているのですが、乗用車で見かけるケースはだいぶ減っています。

とはいえ、スマートキーでは信号を増幅することで、まるでスマートキーを持っているかのように振る舞えるリレーアタックという盗難手法が問題となっているのです。

その対策として、昔ながらのキーが有効という風に考えている人もいるようです。

なお、スマートキーについてもこれが最終解というわけではなく、

ホンダの電気自動車Honda eが実装したようなスマートフォン(NFC対応端末)を鍵として利用する仕組みが増えていくかもしれません。

3)クルーズコントロール

速度を維持するだけのクルーズコントロールでは物足りなくなってきました。

最新モデルでは先行車に追従するACC(アダプティブクルーズコントロール)の躾具合がクルマの機能として評価される時代になっています。

その一方で、速度固定式の単純なクルーズコントロールというのも、まだまだ一部のクルマには残っています。

思えば、国産車で初めてクルーズコントロールを設定したのはトヨタ・クラウンで、それは1964年のことだったのです。

ドライブバイワイヤといってアクセル操作が電気信号に変わるなど、技術的な洗練はあったが、

その当時からクルーズコントロールの基本的な機能は「設定した速度を維持して走り続得る」という点において変わっていません。

順調に流れている高速道路などであれば問題なく使える機能ですが、先行車と適切な車間距離を守ってくれるACCを一度使ってしまうと、単純なクルーズコントロールを使いたいとは思わなくなってしまうのです。

かつては高級車だけに備わっていた上等な機能だったが、遠からず消える技術といえるでしょう。

4)低速限定の衝突被害軽減ブレーキ

ACCのような先進運転支援システムといえば、いの一番に思い出す機能がAEB(衝突被害軽減ブレーキ)。

主に、前方の様子をセンサーで検知して、歩行者や車両との事故が避けられないと機械が判断すると自動的にブレーキを作動させ、事故を回避したり、衝突の被害を軽減してくれたりする機能です。

そして、このAEBというのは文字どおりに日進月歩で進化しています。

AEBが日本で広まったのはSUBARUの「アイサイトver.2」が登場したことが大きいのですが、

軽自動車にも採用されるようになったきっかけのひとつは、2012年に上陸したフォルクスワーゲンup!が150万円を切る車体価格ながらAEBを備えていたことも無視できません。

とはいえ、up!のAEBは赤外線レーザーを用いるもので、検知できるのは車両のみで、対応できるのも30km/h以下という限られたものだったのです。

その後、軽自動車に採用されたAEBの多くもup!と同様のシステムで低速限定・対車両限定のAEBが多かったのです。

いまはAEBには歩行者検知が求められています。

事実、新型車では2021年11月以降に義務化されるAEBには、対車両だけでなく歩行者検知機能も求められています。

そのためには最低でもカメラの搭載は必要であり、赤外線レーザーを使うタイプであっても単眼カメラを併用するフュージョン方式とすることが最低限必要となります。

10年前には最新鋭としてもてはやされた機能が、あっという間に古くなってしまうのが先進運転支援システムのスピード感なのです。

ネットの声

「オートライトや自発光メーターの普及や高齢ドライバーが増えて無灯火やハザード灯けっぱなしで走る車が多くなった。
自転車の無灯火も含め取り締まり強化してください。どんなに装備が進化しても操るのは人間です。」

「オーディオ系が変わったのが痛い。MDプレーヤーが無くなったのも痛いが、CDチェンジャーが無くなったのが更に痛い。
音楽サイトからダウンロードすれば済むのは分かるけど、結構マイナーなCDが多いもんだから、網羅されてなかったりする。」

「キーレスなんて最上位グレードか高級車にしか無かった時期があって、ちょっと嬉しかったりしたのも今は昔か。。。純正ナビも出た頃は制度悪くて、海の上走ったりしてたんだよね。」

ナビゲータは必須ですが、今ではスマホで代用する人が多いようです。

おすすめの記事