いよいよ7月から始まるレジ袋の有料化。

これまで興味関心が薄かった方々も持っておいたほうがいい…というかマストで持つべしという時代になりました。

そこで自然に持てるマイバッグやエコバッグをご紹介。

価格にこだわらず、長きにわたって重宝しそうなバッグを8点紹介します。

男が持つなら恥ずかしくなく、壊れないものをチョイス!

①無印良品のマイバッグ


撥水 横型マイトートバッグ(ネイビー)
価格;990円(税込)
サイズ:H31×W45×D14cm

紺地のシンプルで品の良い外観は、スーパーなどの買い物だけでなくビジネスシーンでも重宝しそうな雰囲気。

まさか990円で買える物とは思えません。

生地はポリエステル素材で、汚れなどがつきにくく軽いうえ、外側は2ポケット、内側にも1つポケットがあります。

大量の買い物でなければ容量、機能ともに十分そうです。

縦型タイプもあり。

②ニトリのマイバッグ


マルチポケットトートバッグ(S)
価格;814円(税込)
サイズ:H30×W39×D12cm

厚めのコットンで作られていて、A4サイズの本もすっぽり入るトートバッグ。

例えばホームセンターなどでちょっとした道具や工具を買って入れたとしても、そう簡単には壊れなそう。

外側・内側それぞれに3ポケットがあり、収納性能も抜群。

価格も手ごろな814円…一度買ったら長期にわたってガシガシ使い回せそうです。

③カルディのマイバッグ


エコバッグ (ブラック)
価格;250円(税込)
サイズ:H39×W44×D8cm

「カルディ」のエコバッグは女性に大人気で、一時は「1人1枚まで」の購買制限があるほどでした。

しかし、その色は赤、黄色などの原色のものが多く、男性が持つにはちょっと色が強すぎる印象がありました。

その中で唯一男らしいカラーバリエーションが、ブラック。

極めてシンプルなエコバッグなので、買い物に行くまで小さく畳んで持ち歩けるのも便利です。

④ピカールのマイバッグ


折りたたみ保冷バッグ(グレー)
価格;638円(税込)
サイズ:H35×W44(底面)/W41(ファスナー開口部)×D15cm

フランスの冷凍食品ブランドの「ピカール」。

冷凍食品を扱うだけあって、保冷バッグが標準的なマイバッグとしてラインナップされています。

表面はポリエステルで、フランス語がプリントされており、折りたたみできる保冷仕様。

ピカールで食品を購入した際、保冷剤を入れられる小さなポケットも装備。

もちろん、ピカール以外のスーパーなどでも重宝すること間違いなしです。

⑤カインズのマイバッグ


保冷ショッピングバッグ シェブロン
価格:698円(税込)
サイズ:H34.5×W51×D20cm

気の利いたオリジナル商品が多い「カインズ」の保冷ショッピングバッグ。

普段使いはもちろん、アウトドアでもバッチリ使えるカジュアル感があります。

質実剛健のカインズらしく保冷性能はバッチリで、厚手の保冷シートが内側を覆っています。

⑥セブン&アイのマイバッグ


セブンプレミアム ライフスタイル「シュパット コンパクトバッグ 6Lサイズ」
価格:1078円(税込)
サイズ:(バッグ使用時)H23×W30

デザイン性能に優れたマイバッグ。

折りたたんでいる状態では棒状ですが、その中心から見える持ち手を手前に引っ張ると、いきなりバッグに早変わり。

6L仕様なので、容量はそれほど大きくありませんが、コンビニでお弁当や食材などちょっとした買いに行くときには重宝しそう。

温めたお弁当と冷たいドリンクをわけて収納できるドリンクハンモック付き構造もうれしいポイント。

大容量サイズが欲しいという方には20L、40Lサイズもあります。

⑦富士のマイバッグ


保冷バッグ 軽量 レジかご レジャーバッグ 2WAY 保冷 保温 ネイビー 26L
価格:実売価格1852円(税込)
サイズ:(本体)H28.5×W41×D27.5cm/(折りたたみ時)H30×W39×D3cm

スーパーの買い物カゴに入れて使えるレジバッグ。

各メーカーからレジバッグは販売されていますが、「富士」による本商品は、出し入れしやすい大きな開口部は巾着タイプ。

絞ることで中身が見えない、飛び出さない、中の商品をしっかり守る工夫が施されています。

内側がアルミ蒸着シート加工、保冷剤ポケット付きなので食材が傷みにくいのが特徴。

さらに、両サイドボタン付きでコンパクトにできます。白×ネイビーのボーダーも、爽やかな印象を与えます。

⑧コストコのマイバッグ


クーラーバッグ
価格:3498円(税込)
サイズ:H25×W50×D25cm

サイズが大きくて、大量の食品を持ち帰れるように作られた「コストコ」のクーラーバッグ。

折りたためば場所もとらないので、クルマのトランクに置いておき、「予定外に冷凍食品を買ってしまった!」というときに商品を入れて持ち帰る野に便利。

もちろん、キャンプなどアウトドアシーンでも重宝する逸品です。

ネットの反応

「毎回レジ袋買ってしまいそう…」

「昔は買い物カゴってあったよね」

「紙袋などレジ袋無料ってスーパーもあるんだよね。そっちの店が流行りそう」

7月からガラッと変わるような気がしないのですが、マイレジ袋の一つくらいは持っておきたいですね。

おすすめの記事