レジ袋有料化からどうなった?万引き対応が面倒になったらしいよ

全国の小売店で始まったプラスチック製レジ袋の有料化から3ヵ月。

プラごみの削減が期待される一方、マイバッグを使った万引きや買い物かごの持ち去りが後を絶たず、スーパーが対応に苦慮しているようです。

万引きに対する警戒の増加

東京都練馬区のスーパー「アキダイ関町本店」では7月以降、客の8割がマイバッグを持参するようになりました。

これにより不審な人の監視など、万引きへの警戒の必要性が増したとそうです。

マイバッグに商品を隠す手口が目立つほか、未精算品を入れた買い物かごをレジを通さず袋詰めの台まで運び、そのままバッグに移し替えるケースもあったのです。

このため同店では8月、来店時とレジを通した後のかごを別の色に変えました。

かごの持ち去りも悩みの種です。

マイバッグを忘れた人が代わりに持って帰る例が多く、同店ではこの数カ月で約20個が無くなったそう。

それまでの1年分の紛失数に相当するということです。

マナーの浸透を促すしか

持ち去る人に罪悪感はなく、「あした返すから」と言われることもあったそうです。

運営会社の秋葉弘道社長(52)は「1個数百円のかごが持ち去られるのは痛い。レジ袋有料化で経費削減になるはずが、予想外の出費が続いている」と嘆きます。

都内の別のスーパーの担当者も「万引きは増加傾向だ」と同じ悩みを抱えています。

この店では客の7割以上がレジ袋を辞退していますが、「買い物中にかごを使わず、直接マイバッグに商品を入れる客もいる。万引きかどうかの判断が難しい」と明かします。

NPO法人全国万引犯罪防止機構(東京都千代田区)は8月、マイバッグを使う際のマナーをまとめたポスターを製作。

入店時にバッグを折り畳み、店内では買い物かごを使用するよう呼び掛けています。

担当者は「マナーの浸透で万引きが起きない環境にしていければ」と話していました。

万引きをしにくい環境に

現役の保安員で万引き対策専門家の伊東ゆうさんは「レジ袋の有料化で客がマイバッグを持ち歩く状況が普通になり、万引き犯が紛れやすくなった」と指摘。

「店側は積極的に声掛けをして客へ目を行き届かせることで、犯行がしにくい環境を整える必要がある」と話しています。

おすすめの記事