レジ袋有料化で「困った」続出 万引き疑われ、生理用品そのまま渡され…

全国のスーパーやコンビニエンスストアで、プラスチック製レジ袋の有料化がスタートし半月が過ぎました。

ツイッターを見ると、レジ袋にまつわる「不満」、「想定外」エピソードが多いのが目に付きます。

有料になっていることを忘れていた人だけではありません。

利用客とレジ店員、それぞれどんな「困り事」があるのかツイッターで調査しました。

「後ろに人が待ってる状態でマイバッグに納める」つらい

「レジ袋使わずに買った商品外まで持っていくとまわりから万引きしてるみたいに観られてそうでなんだかなって感じ」
「コンビニのレジ袋が有料化されて一番困るのは、どこで袋詰めればいいんだよ?ってとこ」
「レジ袋有料化で一番困ったの、店員さんがベストの大きさの袋を選んでくれないことだと思う」

購入後にも

商品購入時以外に、購入後にも「もやっと」ポイントがあるようです。

特に「万引き」は

「スーパーで万引きらしき高校生を見ました(中略)レジ袋有料化の弊害ですね」との情報が寄せられています。

またレジ袋に商品を入れないと「買い物したこと」を失念するのか、

「リュックに買ったサラダやらなま物入れたまま出すの忘れそうになる」というツイートも…。

食中毒リスクが特に懸念されるこの時期、気をつけたいところです。

女性からは「レジ袋がなくなると生理用品でさえ何にも包んでくれないのね」と困惑の声が上がっています。

以前はコンビニやドラッグストアで購入すると、外から見えないよう紙袋や黒い袋に入れて渡してもらえることが多かったのです。

レジ袋有料化に伴い「そのまま渡された」人が続出。

エコバッグを持参しても「後ろに人が待ってる状態でマイバッグに納めるのは精神的にきつい」と、別の悩みが噴出しているのです。

レジ袋欲しい時「大丈夫」と言わないで

小売店やコンビニのレジ店員たちからも、溜め息が聞こえています。

レジ袋有料化を知らない客や、レジ袋を繰り返し使おうとする客との押し問答があるようなのです。

「レジ袋で持って帰りたいけど買うの嫌だから無料で欲しいって言い続けてて、こっちの話聞いてくれなくて泣きそうになった」

「苦情。『レジ袋を買い、レジ係が袋詰めが終わった後、袋の口をセロテープで止めた』(中略)折角買った袋なので、また使うつもりだった。それなのにテープで傷ませないで欲しい。と。勘違いしているお客さんが多いですが、基本的にレジ袋は使い捨てです」

またレジ袋が必要かどうか、どんな聞き方をしても「大丈夫」と返されることが苦痛だとの嘆きも。

不要を意味する「大丈夫」と、有料でも良いというニュアンスでの「大丈夫」。

どちらにも受け取れるので「必要な時は大丈夫、じゃなく 下さいと答えてくれ~」と求めています。

時間が経てば、これらの「困り事」は解消されるのか、それとも…。

ネットの声

「コンビニでもスーパーでも同じなのだけど、「買い物の総量がマイバックの大きさに制限される」と言われている。「衝動買いが無くなった」言い換えれば、レジ袋有料化は、消費全体・経済全体を頭打ちにする要因になるのではないだろうか?」

「コンビニで提供されているレジ袋は無料配布可能な素材なので無料にしても違反にはならない。無料で配布出来るものを有料化すること自体、環境に名を借りた経費転嫁でしかない。
コンビニがコンビニエンスであることを放棄してまでレジ袋を有料にするのは何故なのか。
そして、数円のレジ袋でそれ以上の売り上げの機会損失をしていることに気が付かないのだろうか。」

「先日、店員さんが、袋はご利用になりますか?って聞いたのに対して、スマホイジってたお兄さんは、温めは大丈夫です。って返答してた。本当に、ご苦労なことだなと思った。」

日本語の難しさというか、適当で済ませられる悪い面が出てますね。

おすすめの記事