プラスチック製レジ袋の有料化が2020年7月1日から、全国の事業者に義務付けられます。

セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ大手3社は既に、レジ袋を有料にすると発表。

一方で吉野家、ケンタッキー・フライドチキン、セイコーマートの3社は、無償で買い物袋の提供を続けていくとのことです。

「バイオマス素材」配合がポイント

牛丼チェーンを展開する吉野家(東京都中央区)は、20年7月1日から全店舗で植物由来を原料としたバイオマスプラスチックが25%配合されたレジ袋に切り替えて、提供を継続します。

安定した状態で持ち運べること、衛生面を担保することが狙いです。

実は、環境に優しい素材を使った買物袋は有料化の対象外となるのです。

広報担当者は

「マイバッグは大きめのつくりが多く、商品をお持ち帰りいただく際に、豚汁がこぼれてやけどするなどの危険性が考えられます」と説明。

また、しっかり包装された商品を販売しているわけではないため、

利用者が準備したバッグだと「最後まで衛生面で商品に責任を持てない」とも語っています。

バイオマス配合の袋は環境に配慮していますが、コストがかかります。

しかし「お客様の来店が増えれば、コスト面はカバーできると考えています」。

今後も有料化する予定はないと話していました。

セイコーマートも

コンビニ「セイコーマート」を展開するセコマ(札幌市)。

グループ店を含む1224店でバイオマス素材30%配合のレジ袋に切り替えて、当面提供を続けるとのことです。

広報担当者は取材に対し、新型コロナウイルスの影響で

「マスク着用や距離を保って並ぶなどいろいろお願いをしている中で、更に7月から有料化となれば消費者の負担も増えてしまいます」と説明。

実は昨年から有料化に向けて動いていたということですが、こうした事情を考慮して「延期」という形になったそうです。

有料化の時期は状況をみながら慎重に検討。

一方で、もともとマイバッグ持参の呼びかけを行っており、それ自体は今後も継続していくということです。

店内の長時間滞在を防ぐ

日本ケンタッキー・フライド・チキン(横浜市)も、全国の店舗でバイオマスを30%配合したレジ袋の無償提供を継続していきます。

広報担当者に聞くと、環境面、利便性、安全の確保を理由に挙げていました。

同社では中長期的にプラスチック撤廃へと動いているとのこと。

レジ袋有料化のタイミングで、まずは袋から環境に優しいものに切り替えることにしたのです。

フライドチキンなど商品は揚げ物で、紙袋や持参の布袋に入れると油が染み出して持ち帰りにくいため、レジ袋は必要だと話しています。

また、新型コロナの影響も大きいと明かしたのです。

「お客様もスタッフもマスクをしながらの会話は聞き取りにくく『レジ袋いりますか』との確認作業で店内に滞在する時間が長くなってしまいます。感染の危険も高まるため、安全を守るということも含めて判断いたしました」

衛生面の問題コミュニケーションの問題…エコにも配慮したレジ袋の無料化が最善の方法に見えます

おすすめの記事