「日本の国民食」と呼ぶ声もあるカレー。

自分で手間暇をかけて作ったカレーはおいしいものですが、忙しい時には作るのが面倒になってしまいます。

そんな時に便利なのが、保存性が高く温めるだけですぐに食べられるレトルトカレーです。

レトルトカレー人気ベストテン

今回は、「正直一番うまい!」と感じたレトルトカレーがどれなのかについて探ってみました。

  • 1位 ボンカレー
  • 2位 カレーマルシェ
  • 3位 銀座カリー
  • 4位 ジャワカレー
  • 5位 こくまろカレー
  • 6位 ククレカレー
  • 7位 カリー屋カレー
  • 8位 カレーLEE
  • 9位 インドカリー
  • 10位 よこすか海軍カレー

1位は「ボンカレー」

1位には、世界初の市販用レトルトカレーとして1968年に販売を開始した大塚食品株式会社の「ボンカレー」が輝きました。

オリジナルの「ボンカレー」は沖縄地域のみの限定販売となっていました。

それでも、2020年3月にはオリジナルをベースに野菜と肉を増量した「元祖ボンカレー」が全国で販売されています。

子どもの頃を思い出しながら、こちらを食べている人は多いのではないでしょうか?

ちなみに、ボンカレーブランドとしては「ボンカレーゴールド」がスタンダードです。

こちらも1978年に販売を開始したロングセラーということで、ファンは多そうですね。

2位は「カレーマルシェ」

2位には、1983年に販売を開始したハウス食品株式会社の欧風高級レトルトカレー「カレーマルシェ」が続きました。

高級指向の商品として開発されたこともあり、

バターや生クリームなどの乳製品を使い、

フランス料理のソースのようなマイルドさとコクを併せ持つのが特徴。

マッシュルームをぜいたくに使用しているのも見逃せないポイントですね。

2017年にリニューアルを行った際にパウチが電子レンジに対応したため、

さらに手軽に食べられるようになったのもうれしいところです。

3位は「銀座カリー」

3位の「銀座カリー」は、株式会社明治が1930年(昭和5年)に発売された「キンケイ・ギンザカレー」を復刻したレトルトカレーです。

モダンな昭和初期の銀座で人気の洋食だった英国風カレーをイメージしたという本商品。

おいしさの秘けつはお米と相性が良い二段仕込みのブイヨンや、甘みのきいたソテーオニオンにあるのだとか。

中辛・辛口以外にも「銀座キーマカリー」や「銀座チーズカリー」など、

バラエティーに富んだ商品展開をしているので、

味に変化を付けたいカレー好きにもお薦めできるのではないでしょうか。

みなさんが「一番おいしい!」と感じたレトルトカレーは、何位にランク・インしていましたか?

ネットの声

「ボンカレーが一番なのは納得できる」

「ククレカレーも上位にきて欲しかったが…」

「レトルトカレーはかなり出てるけど、ベストテンは定番だね」

名の知れたカレーがベストテンに入りました。

やはりボンカレーが王道ですね。

おすすめの記事