バイクのライディングウェア

バイクのライディングウェアは風を取り入れる、あるいは風をシャットアウトする観点から、夏と冬では真逆の形となる。寒暖の感じ方は個人差があるが、基本は寒くならないように暑くならないようにシンプルに対応することが大切。

春と秋のライディングウェア

バイクがもっとも気持ちの良く乗ることができる季節が春と秋だ。

いっぽうで、寒暖の差が激しいことも頭に入れておかなくてはいけない

朝夕と昼間では温度の差が激しいのだ。

この時期は、レザージャケットとジーンズ(あるいはレザーパンツ)が基本的なライディングウェアとなる。

インナーに半袖Tシャツやダンガリーシャツ、トレーナーあるいはフリースジャケットなどで温度を調節。

雨の備えとしては、急激な気温の低下に対応するため、レザージャケットの下にもう一枚着て、レザージャケットの上にレインウェアを羽織るようにするとベストだ。

大げさなようだけど、ツーリングなど長距離を走るときはこのくらいがちょうど良い。

レザージャケットだけではなく、ナイロンや新素材のジャケットにも優れたものがある。

レザーの窮屈さが苦手な人は、この手のジャケットもいいだろう。

いまどきのジャケットは、少しくらいの雨なら水を弾くし、ボタンやポケットの位置も考えられていて機能的だ。

また、アンダーウェアは、オーロンあるいはクールマックスを使ったものがベスト。保温機能に優れるので重ね着せずに一枚減らすことも可能。


ソックスは厚手のオーロンでやや長めのものがいいだろう。

オーロンには吸湿性がなく、肌をさらっとした状態に保つ新素材なので保温力が高く暖かい。

クールマックスはオーロンよりも保湿力が弱いので、文字通り涼しいインナーとして活躍してくれる。

夏のライディングウェア

バイク乗りは誰でも知っている通り、夏は過酷だ。

バイクは涼しいというのは初夏くらいまでで、真夏となると30度を超える熱風が体をかけめぐる

風が汗を奪い取ってくれるので涼しいと感じるのは初夏まで、それ以降はあまりの湿度の高さに、それを期待することもできない。

また、暑いからといってTシャツ一枚で走るのも無謀だ。

走行中はある程度気化熱で暑さを感じない、そのため日焼けをしていてもわからないまま走り続けてしまう場合が多い。

立ち止まってしまうと、途端にうだるような暑さが体を襲う。

立ち止まるよりも走っていたいという心理が働く…。

日焼けがひどいと、肌が赤く腫れ上がってしまって、風呂に入ることもできないのだ。

場合によっては体が火照って夜も眠れない。

体力を消耗し、翌日にはダウンするパターンとなってしまうケースもある。

夏はどんなに暑くても、サマージャケットを着用しよう

メッシュタイプになっていて、風が体の中を駆け抜ける。

スピードを出しても風がジャケット内を環流して吹き抜けてくれるので、空気が溜まって着ぶくれする必要もない。

まったく、いまどきのサマージャケットは良くできている。

それほど安いものではないが、バイク乗りたるものサマージャケットの1枚は持っておきたい

サマーパンツも同様だ。

これもメッシュでできているので、上下をサマージャケット、サマーパンツを着用して走ると、まるで素っ裸で走っているような感覚になる。

それでいて、日焼けも防いでくれる優れものだ。

それでも止まると暑いのでご用心。

街中のチョイ乗り程度なら、長袖シャツにジーンズでも問題ない。

肝心なのは体を覆うことと、服装は風の流れを良くするものを…気をつけるのはこの2点のみだ。

グローブも夏用のメッシュタイプがベスト

アンダーウェアは、クールマックス一択で問題ない。

保温力のないウィックロンもおすすめだ。

夏場は下着にもこだわりたい。

というか収まりがいいので、ボクサーパンツ一択でいいだろう。

一部でブリーフのほうがいいのでは?

ボクサーパンツはむれるのでは?

という意見がある。

ボクサーパンツは体を覆う面積が多くなるので蒸れそうなイメージがある。

しかし、実際にはブリーフよりも蒸れない。

大腿の動きによって強制換気されるからだ

よって、1年を通して下着はボクサーパンツ一択で全く問題はない

冬のライディングウェア

冬は寒い。

バイクに乗っていると、いかにも物好きといった好奇な目を向けられることがある

しかし、路面が凍結する雪国以外、バイクは年中楽しめる。

冬のツーリングはきちんと着こむことで夏よりも安心して走れるという人も少なくない。

冬のライディングウェアの基本は、外からの空気をシャットアウトすること、それに尽きる。

これはは内側には空気を溜めることと同意だ。

夏とは違って空気の流れをシャットアウトすることで、ある程度快適に走る事ができる。

そして、下半身の防寒を重視したい。

下半身は暑さには鈍感だが、寒さには敏感なだけに十分な防寒が要求される。


ツーリングには必要に応じてオーバーパンツがあれば安心だ。

とにかく冬のライディングは風の侵入を如何にシャットアウトするかに尽きる。

進入経路は、首、手首、足首の3点。

首にはバンダナにマフラーやスカーフなどを、グローブはインナーグローブも併用すると安心だ。

足首は長めのブーツを履くことで対処できる。

ここまでの装備で冬の装備はある程度対応できる。

これでも、気温が氷点下気温となるとどうしようもない。

路面凍結でもしていたら、すぐにこけてしまうので、外気温には十分な注意が必要だ。

まとめ

良いジャケット、良いグローブ、さらには良いズボンがあればライディングスーツの完成となるのだけど、一番に進めたいのはインナーだ。

インナーの素材はできるだけ良いものを…それでも1万円はしない。

下着にそんなにかけるの?という声もあるが、それでも良いジャケットは10万円を超えるものもある。

それよりも、品質の良いインナーのほうがそこそこの(安い)ジャケットとの組み合わせでも確実に暖かい。

アンダーウェアにこだわるのが最も安上がりで最も効果がある。

おすすめの記事