北の湖、千代の富士、輪島…いずれ劣らぬ大横綱ですね。それぞれの時代を彩った大横綱も次々とこの世を去っています。皆それぞれが自分の思い出の横綱を持っているのではないかと思うほど、横綱の存在感は偉大なのです。

短命の横綱…平均寿命一覧

多くの人が思っているように短命の横綱が多いです。横綱に限らず大相撲力士は世を去るのが早いといっていいでしょう。ここでは歴代の横綱の寿命を調べ、その平均寿命が短命なのかどうなのいかを検証してみます。

横綱(明治生まれ以降)の平均寿命…歴代横綱没年令一覧

大相撲の歴史上、最高位である横綱は初代の明石志賀之助から72代の稀勢の里まで、72人しか存在していません。

今回の横綱の平均寿命の検証は、明治生まれ以降の横綱を対象にしています。(18代大砲以降)

まずは、各横綱の亡くなった年令の一覧です。

【歴代横綱(明治生まれ以降)と没年齢】

18代 大 砲   48歳
19代 常陸山   48歳
20代 梅ケ谷   49歳
21代 若 島   69歳
22代 太刀山   63歳
23代 大木戸   54歳
24代 鳳     69歳
25代 西ノ海   50歳
26代 小 錦   49歳
27代 栃木山   67歳
28代 大 錦   60歳
29代 宮城山   48歳
30代 西ノ海   42歳
31代 常ノ花   64歳
32代 玉 錦   34歳(現役没)
33代 武蔵山   59歳
34代 男女ノ川  67歳
35代 双葉山   56歳
36代 羽黒山   54歳
37代 安藝ノ海  64歳
38代 照 國   58歳
39代 前田山   57歳
40代 東富士   51歳
41代 千代ノ山  51歳
42代 鏡 里   80歳
43代 吉葉山   57歳
44代 栃 錦   64歳
45代 若乃花   82歳
46代 朝 潮   58歳
47代 柏 戸   57歳
48代 大 鵬   72歳
50代 佐田の山  79歳
51代 玉の海   27歳(現役没)
53代 琴 櫻   66歳
54代 輪 島   70歳
55代 北の湖   62歳
58代 千代の富士 61歳
59代 隆の里   59歳
60代 双羽黒   56歳

(令和元年9月現在)

亡くなった年令を見るとわかるように、やはりその若さが目立ちます

現在まで18代横綱の大砲から数えて亡くなった横綱は38人。この38人の平均寿命を計算すると、58,6歳ということになります。

この38人の中には現役横綱時代に病死した、32代玉錦(34歳没)と51代玉の海(27歳没)が含まれるので、この2人をはずして計算しても、その平均寿命は60.1歳と、大きな違いはありません。


明治、大正期の食糧事情や衛生、医療面を考えると、この時期は日本全体がまだそれほど平均寿命が長かった時期ではないので、昭和期に入ってからの検証もしてみました。

「初土俵が昭和」に入ってからの力士、35代双葉山から21人で計算すると平均寿命は61.2歳

さらに「昭和生まれ」の45代若乃花から、11人で計算すると平均は63歳となりました。

38人の中で40代以下で亡くなっている人が8人、50代が13人、60代が12人、70代が3人、80代が2人と、この没年令分布を見ても50代が一番多いということがわかります。

こうみると一般的な男性の平均寿命と比較しても短命なのは間違いないでしょう。

記憶に新しい横綱では、北の湖は62歳ですし、ウルフこと千代の富士も61歳と、近年の発達した医療状況の中においても、やはり本当に若くして亡くなっています。

大相撲力士 横綱の寿命が短命である理由は?

力士は若い時から体重を増やすために、かなりハイカロリーな食生活を続けています。

付き合いなども多く、お酒を飲む機会や量も多いのです。

そのうえ、激しい稽古も続けるので、体の酷使も相当といっていいでしょう。

そのような食生活や体へのダメージなどで、現役中から高血圧、高脂血症(高コレステロール)、糖尿病、また、太ることによる気道圧迫によって起こる睡眠時無呼吸症候群などを患っている力士は多いのです。

現役中はそれでも運動量が多く、若さもあって何とかやっていけても、現役引退後は減量や食生活に気をつけても、今までの食事習慣がなかなか変えられせん。

30代半ばの年齢から、このような生活習慣病を抱えてしまっている人が多いということですね。


若い時からの過度な飲酒は肝臓や膵臓を痛めます

さらに、過体重は脳や心臓の血管にも負担をかけてしまうのです。

食生活以外の部分だと、横綱という地位は精神的にとてもストレスのかかるものです。

横綱である以上、勝って当たり前、負けが続けば即引退…神経をすり減らす日々が続きます。

生活面でも、すべての力士の手本となるべく「横綱の品格」が求められるのです。

横綱の地位を務めるということは、想像以上に負担がかかるのは想像に難くありません。

心身両面からの負担が、40代~50代に一気に発病、もしくは命を落とすことになっているのかも…。

今回は、横綱のみで検証をしましたが、大関の貴ノ花も55歳(横綱貴乃花のお父さん)で、同じく大関の貴ノ浪も43歳、北天佑も45歳という若さで亡くなっています。

ネットの反応

「これは当然でしょう。厳しい稽古や運動で体を酷使するのは健康や寿命に良い影響を与えません。」

「食べ過ぎるのは体のあらゆる器官に影響を与えますからね。太く短く生きるのが力士の本懐かも…」

「60歳代で亡くなるのは短命すぎる…最近だったら双羽黒はもろ世代なのでショックだった」

横綱に限らず力士は短命なのは間違いないでしょう。

おすすめの記事