安倍首相の辞任を受け、立憲民主党の石垣のりこ参院議員は8月28日、ツイッターで

「『大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物』を総理総裁に担ぎ続けてきた自民党の『選任責任』は厳しく問われるべき」

と自民党の責任を追及する構えを示しました。

「『安倍しかいない』と押しつけてきた」

激しい腹痛や下痢などの症状がある難病「潰瘍性大腸炎」の悪化を理由に、安倍首相は8月28日に辞任を発表。

辞任会見の直前には、各社から「辞意を固めた」と報じられていました。

石垣氏は同日にツイッターを更新し、「総理といえども『働く人』。健康を理由とした辞職は当然の権利。回復をお祈り致します」と労り、辞職は仕方がないとコメント。

一方で、「『大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物』を総理総裁に担ぎ続けてきた自民党の『選任責任』は厳しく問われるべき」と自民党の責任に触れ、

「その責任を問い政治空白を生じさせないためにも早期の国会開会を求めます」と要求したのです。

自民党はブラックな職場

続けて、一般のツイッターユーザーからの

「こんな発言があるからブラック企業があるのですよ。私は部下を持つ人間なので貴方のような発言はしないように心がけます。大事な時に不測の事態があっても対応できるチーム作りをしており例え病気でも危機管理ないなんて言いませんわ」

とのリプライ(返信)を引用する形で、

「第一次政権も体調不良でお辞めになり、この八年の間もなんども健康不良説が流れたわけです。なのに『安倍しかいない』と押しつけてきたわけです。もし自民党が会社ならば、これほどブラックな職場もないでしょう」

と主張を押し通したのです。

ネットで批判相次ぐ

石垣氏の一連の投稿、特に安倍首相を「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」と評した部分に批判が相次いでいます。

作家の乙武洋匡氏は

「『大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物』というアクロバティックな表現にこそ、まったく危機管理能力を感じないのだが......」とあきれ、イスラム思想研究者の飯山陽氏は「安倍総理だけではなく、私を含む、持病を抱える全ての人に対するヘイトスピーチである」

と指摘しました。

ネットの声

「政治家である前に人として終わってる。立憲民主党議員は、枝野が大人なコメントを出したのとは裏腹に好き放題言ってる人が目立つけど、立憲民主党こそ所属議員の管理を徹底しろよと。」

「立憲民主党の石垣のりこ参院議員。たち悪い人だな。辞めると言った人にわざわざ攻撃するのは、悪い印象しかないよ。
立憲民主党は、私のリストから外れました。」

「大事な時って、総理大臣常に大事だよ。左翼の批判屋は何でも批判・反対しかできない威勢良くなんでも文句だけ言う簡単なお仕事。安倍は60過ぎて7年近くよくやった。そして体調の悪化でしがみつかずに辞任する。他国よりマシなコロナ状況下で、メンタルボコボコにしてたのは立憲とかの連中じゃないの。」

立憲民主党はたちの悪い人の集まりなのはわかってましたが、これほどとは思いませんでした。

炎上狙いで売名を狙ったのならかなりしたたかですが…。

波風立てないように(真意は真逆だと思いますが)大人の対応コメントをした蓮舫議員のほうが少しはましかも。

おすすめの記事