元プロゴルファーの東尾理子(44)が、夫に三くだり半を突きつける…。

そのXデーが近いのではないかと芸能マスコミが動向を注視しています。

理子の夫でタレントの石田純一(66)は新型コロナウイルス感染から回復後もマスクなしで外出。

酩酊するなどして、理子は激怒してきた経緯があるのです。

離婚手前まで!?

石田は

「全部の考え方とか、行動が私には全然合わない、価値観が合わない、くらいに言われました。それこそ離婚じゃないですけど、そういうところまでいきました」

と、テレビでコメントしています。

しかし、それで反省し自粛するどころか、今度は福岡でゴルフと宴会に明け暮れ…。

さらに25歳美女を宿泊先の部屋へ“お持ち帰り”していたというのですから開いた口がふさがりません。

「週刊女性」によると、福岡訪問は7月18日から4泊5日。

石田に仕事を斡旋している代理店業の男性の仲介で、佐賀県にある整骨院と宣伝広告物をつくるための打ち合わせのためであったということです。

ところが、コロナ禍の時勢を鑑みて、先方が打ち合わせをキャンセル。

すると、懇意にしているパワーストーン販売会社社長の大豪邸へ向かい、男女の集団でシャンパンを一気飲みするなど大騒ぎ。

お持ち帰りした美女とはここで同席し、石田が“ロックオン”したのだそう…。

スポンサーに誘われたら

「今回もコロナ感染した際にあれほど叩かれたゴルフまでしている。そのうえ飲み会に参加していた女の子集め役の男性が、後日39度の高熱を出していたそうですから、このことを知った理子さんの心境たるやです」(スポーツ紙芸能デスク)

石田はコロナから退院後、「外に出るな」という理子の制止を無視して外出。

マスクなしで酩酊する姿が週刊誌に報じられていました。

だからこそ理子は激怒し、離婚寸前までいったのでしょう。

それでも行動を改めず、飛行機に乗って酒と女とゴルフ三昧…さすがに愛想を尽かしても不思議ではありません。

「理子さんは3カ月以上、SNSの更新がない。緊急事態宣言下に石田さんが沖縄でゴルフをしていた際に『お詫び』と題したブログを投稿し、『都外へ出ようとする主人を説得、止めきれなかった事を深く後悔し、反省しております』と書いて以降になります」(前出のデスク)

当の石田は福岡旅行の理由についてこうコメント。

「スポンサーさんに誘われたら、ゴルフでも、3密と言われている食事会でも、そりゃ行くでしょ。北海道でも、福岡でも。それが僕の結論です。それを叩かれたって大いにけっこう」

耐えられない軽さ

ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言っています。

「どう見ても頭のネジが飛んでしまっているという印象ですね。世間や周りがやめろということをあえてするタイプがいますが、石田さんの場合、計算やパフォーマンスがあるようにも見えない。やりたいことはしちゃう。それをしてしまったら叩かれるとか、叱られるような場面でも自分だけは大丈夫というような、変な自信のようなものすら感じます。芸能界のタニマチにはいいようにタレントを踊らせる部分もありますが、見事に踊らされている」

もはや石田純一につける薬なし。

理子もその存在の軽さに耐えられなくなったのでしょう。

離婚してもそれはコロナのせいではなく、石田の人間性が原因なのは間違いありません。

ネットの声

「すみれさんも、いしだ壱成さんも、情緒不安定だったことを報道されてました。少しは、自分の身勝手な行動で、周りを不幸にしてることを
わかったらいいのに。しっかしあれだけ、コロナ入院でも、懲りないのは何故?記事が本当ならそりゃ、奥さんは怒るでしょ」

「石田さんの人格だから、許容できなければ「離婚」すれば良い。ただ、コロナは、自己責任で済まされない「感染リスク」が伴う。そこだけが問題で、あとは夫婦の問題でしょ。」

「こうやって、ずっと生きてきたんだよ。そうじゃなきゃ3回も結婚して、そのたびに子どもをつくったりは出来ないよ。その時、楽しければそれで良いという考えは変わらないものさ。常に自分本位の考えだな。」

さすがに自重するべきでした。

何もなくとも叩く人はいるでしょうし、記事の内容が本当なら本当に離婚もあるのかも!?

おすすめの記事