業績悪化によりリンガーハットと内村航平選手の契約終了

内村航平選手との契約断念 リンガーハットの「正直な発表」に声援相次ぐ

12日、長崎ちゃんぽんで知られる外食チェーン『リンガーハット』は、体操男子・内村航平選手との所属契約について、

2020年の12月31日をもって継続を断念したと発表しました。

新型コロナ直撃で業績悪化

同社は、内村選手との契約継続を断念した理由について「コロナ禍における想定をはるかに上回る業績悪化により、苦渋の決断」と発表。

内村選手に対しては「創業の地・長崎県出身のレジェンドアスリートとして、リンガーハット社員一同、応援し続ける」ともコメントしています。

2016年12月より、日本初のプロ体操選手として活動してきた内村選手。

リンガーハットとは2017年3月から契約を結んでいました。

内村航平
米濱和英(株式会社リンガーハット代表取締役会長兼CEO)
体操・内村航平所属契約会見
(場所:帝国ホテル)

誠実な発表に声援相次ぐ

インターネット上では、新型コロナの深刻な影響に驚く声が多く上がる中、リンガーハットが内村選手との契約を断念した理由を正直に発表している点に着目したユーザーが多数。

  • 「正直に業績が理由だと言ったリンガーハットはいい企業」
  • 「リンガーハットさん、潔い」
  • 「言い訳しないリンガーハット、信頼出来る企業」
  • 「内村選手もリンガーハットもどっちも応援しよう!」

と、好意的な反響が相次いでいます。

内村選手もコメント

内村選手も、12日に自身のSNSを更新。

リンガーハットとの所属契約が終了したことを受けて

「リンガーハットさんには、プロ転向してから今までの4年間サポートしていただき、本当に感謝しています」
「現在コロナの状況はとても厳しいですが、感染対策をしながら体操を頑張ってまいります。これから新しい環境でのスタートとなりますが、引き続きみなさん応援いただければ嬉しいです」

とコメントしています。

ネットの声

「内村クラスならCMも含めてスポンサーはなんとかなると思うが他の選手なら難しい。でもリンガーハットは正直に金が無いというのわかり易くていいと思う。」

「世論は緊急事態宣言遅いというけど、こうやってダメージ受ける店や企業がはますます増えるから、感染と経済の両立は難しいですね。早くコロナが落ち着くことを願うしかない。」

「長崎の企業が長崎出身の選手を支援していたわけだから、できることならスポンサーでいたかったと思います。個人的にはリンガーハットがなくなるのはスッゴく嫌。でも言われてみればコロナで自粛が始まってから行く機会がガタッと落ちていたのは事実だったので、オンラインでチャンポンと皿うどんと餃子をポチりました!次回は卓袱の角煮まんとかも買います。リンガーハットも内村さんも頑張って!」

緊急事態宣言の是非が問われていますが、業績が悪化する企業が増えてくると身につまされるものがあります。


(↑クリックするとAmazonのサイトへジャンプします)

 

おすすめの記事