リトラクタブルヘッドライト…現在は消滅したけどかつては若者の憧れの的だった
Gran Turismo 6

パカッと開いてピカッと光る! リトラクタブルライトがカッコよかった車5選

ひと昔前まではスーパーカーやスポーツカーのアイコンでもあった「リトラクタブルヘッドライト」は、車体にヘッドライトを格納し、消灯時の空力性能向上を目的に登場しました。

「頭文字D」から人気に火が着いたあのクルマにも搭載!

全盛期にはスポーツカーだけではなく、コンパクトハッチバックや4ドアセダン、果てはバイクや自転車にまで採用され大ブームとなったほどです。

今回は、リトラクタブルヘッドライトを採用したクルマを5台ピックアップして紹介します。

ホンダ初代「NSX」

日本が世界に誇るスポーツカーといえるホンダ「NSX」。

開発にはF1ドライバーのアイルトン・セナ氏も関わったとされ、オールアルミボディを採用するなど、当時のホンダの技術の粋を集めた特別なモデルとなっています。

ベースモデルのほか、スポーツグレードの「タイプR」が初めて設定されたのもこのNSXであり、

ホンダF1の第1期活動で採用されたボディカラーをモチーフとした「チャンピオンシップホワイト」や赤バッジなどもNSXから始まったタイプRの伝統となっています。

1997年のマイナーチェンジでは、MT車のエンジンを3リッターから3.2リッターへ拡大。

よりストイックに走行性能を突き詰めた「タイプS-ZERO」が設定されています。

そして2001年のマイナーチェンジでは外観を中心に変更がなされ、固定ライトを採用。

リトラクタブルヘッドライトはI型からIII型だけに装備されたアイテムとなりました。

トヨタ「スプリンタートレノ(E80系)」

漫画「頭文字D」で主人公の藤原拓海が乗る車両として一躍人気車種となったトヨタ「スプリンタートレノ(AE86型)」。

5代目「カローラ」の兄弟車である「スプリンター」に設定されたスポーティモデルであり、トレノとしては4代目となるものでした。

1.6リッターのスポーツツインカムエンジンとなる4A-G型を搭載したAE86型と、1.5リッターのベーシックな3A-U型エンジンと搭載したAE85型が存在。

藤原拓海の愛車として知られる3ドアハッチバックのほか、独立したトランクを持つ2ドアクーペの2種類のボディタイプが設定されていました。

なお、兄弟車となるカローラレビンは固定型のヘッドライトを持つスタイルとなっており、

当時はリトラクタブルヘッドライトを持たずフロント周りの軽量なレビンがスポーツ走行のベース車としては人気でしたが、頭文字D以降は一気にトレノが人気となっています。

日産「180SX」

「S13型シルビア」の兄弟車として1989年に登場した日産「180SX」は、2ドアノッチバッククーペのシルビアに対して3ドアハッチバックボディを持っていました。

シルビアのヘッドライトは固定式だったのに対し、180SXはリトラクタブルヘッドライトを採用したことで、全体のスタイルは別のクルマに仕立てられています。

搭載されるエンジンも1.8リッターターボのCA18DET型で、車名の180SXはこの排気量から取られたといわれています。

というのもじつはこのボディ、先行して北米市場で販売されていた「240SX」のハッチバックモデルと共通で、北米市場では2.4リッターのKA24DE型が搭載されていたのです。

ちなみに180SXは1991年のマイナーチェンジで2リッターのSR20DET型エンジンへと換装されますが、車名は変わらず180SXのままでした。

その後、兄弟車のS13シルビアは1993年にS14型へフルモデルチェンジを果たしますが、180SXはフルモデルチェンジされることなく1999年まで生産、販売が続けられていました。

マツダ「RX-7」

マツダのアイコンでもあるロータリーエンジンを搭載し続けた「RX-7」も、リトラクタブルヘッドライトを採用したモデルとして知られるモデルです。

1978年に登場した初代モデル(当時の正式名称は「サバンナRX-7」)から2002年に生産を終了した3代目モデルまで、歴代モデルすべてがリトラクタブルヘッドライトを採用。

3代目のFD3S型RX-7が現在のところ日本車で最後までリトラクタブルヘッドライトを採用し続けました。

しかし、3世代でヘッドライトの形状はすべて異なっており、初代モデルは丸型の規格ライト、2代目モデルは角型の規格ライト、そして3代目は角型の異型ライトを搭載。

外板のデザインに合わせて使い分けている点は面白いポイントといえるでしょう。

三菱「スタリオン」

いまでこそSUVが主力のメーカーというイメージが強い三菱ですが、過去にはスポーツモデルを多く販売していた時代もありました。

そのなかでもアラフォー世代にとって印象深いモデルが「スタリオン」ではないでしょうか。

現在のところ三菱が生産した最後のFRレイアウトの乗用車であり、アメリカ市場を意識したそのスタイリングは知らない人が見たら国産車とは思えないほどの迫力を兼ね備えています。

実際、アメリカのクライスラーにもOEM供給がなされ、「コンクエスト」という名前で販売されていました。

日本では当初5ナンバーサイズのナローボディのみのラインナップでしたが、のちに輸出仕様と同じワイドボディ仕様も追加。

エンジンも2リッターのほか2.6リッターターボも用意され、トルクフルな走りを楽しむことができました。

なお、北米では「エクリプス」が、日本では「GTO」が後継車種として登場しますが、どちらも継続してリトラクタブルヘッドライトを採用していた点も興味深いところです。

無条件にかっこいい

ライトのオンオフでスタイルが変化するリトラクタブルヘッドライトは、かっこいいという根強い意見があり、さまざまな車種に搭載されました。

しかし、一部地域でのヘッドライト点灯義務化や歩行者保護の観点、コストの面や重量増などのデメリットも多く、現在の新車でリトラクタブルヘッドライトを装着する車種は姿を消してしまったのです。

ネットの声

「個人的には若い頃に憧れたサバンナRX7(SA22C)。当時は大学生だったので買うのは無理だったけど自分の中ではスーパーカーだった。」

「プレリュードが無い…最初に買う車はプレリュード!ってほどスタイルを好きだったなぁ。ナンパな車などと言われてたけど、形が好きだった。」

「今のポリカーボネート製のライトカバーは、どうしても経年劣化して、くすんでくる。ボディがきれいでも ここが汚いとみすぼらしい車に見える。主な要因は紫外線らしいが、リトラクタブル式なら それを防ぐ事が出来るんじゃないのかな。「危険な突起」と見做されて採用出来ないらしいが、それをクリアするデザイン、機構を開発したらイイのに…なんて思う。」

リトラクタブルといえばセリカダブルエックスもありましたね。

おすすめの記事