昔も今もロードサービスの出動理由第一位は「バッテリー上がり」

ロードサービスの出動理由No.1はバッテリー上がり! エンジンがかからない時の対処法とは

政府が推進するGoToトラベルキャンペーンなどにより、旅行などの遠出も少しずつ復活し、

クルマで遠出をする人も増えてきています。

出動理由の第一位はバッテリー上がり

久しぶりのクルマでのお出かけで心配なのが、バッテリー上がりです。

いざ、クルマに乗ろうとしたらセルモーターが回らない。そんな時は、どのように対処すればいいのでしょうか。

JAFによると、ロードサービスの主な出動理由ナンバー1はバッテリー上がりで、2020年9月では4万9970件と、全体の約30%を占めています。

バッテリーが上がってしまう主な原因は、使われる電気の量がバッテリーに蓄えられた電気の量を上回ってしまったこと。

例えば、ルームランプのつけっぱなしや、半ドアのままクルマを駐車していた、ヘッドライトの消し忘れといったミスがほとんどです。

セルモーターが回らない

クルマのエンジンをかけようとしてセルモーターが回らなかったり、カチカチという音だけが聞こえる場合は、

バッテリーが上がっている可能性が考えられます。

また、セルモーターだけでなくウインカーやパワーウインドウが作動しなければ、

さらにバッテリー上がりの可能性が高まるので、同時にチェックするといいでしょう。

対処法は?

バッテリーが上がってしまった時の対処法は、一般的なガソリンエンジン車の場合、以下の通りです。

  • ロードサービスを呼ぶ
  • ジャンピングスタートをおこなう
  • ジャンプスターターやカーバッテリー用の充電器を使う
  • バッテリーを交換する

以上の4つの方法があります。

ジャンピングスタートは、他のクルマと接続することでそのクルマから電気を分けてもらい、エンジンを始動する方法。

この場合、ブースターケーブルが必要となります。

ジャンプスターターは、ジャンピングスタートを他のクルマ無しでする商品です。

ブースターケーブルやジャンピングスタート、カーバッテリー用の充電器はすべてネットショップやカー用品店で購入可能です。

いざという時のために用意しておくことをおススメします。

新品のバッテリーもネットショップやカー用品店、ホームセンター、ガソリンスタンドなどで購入できますが、

近年のクルマでは専門の知識や機器を使用する必要があるモデルもあるため、

DIYでバッテリー交換をおこなうとトラブルの原因になるケースもあり、注意が必要です。

ハイブリッドカーの場合は補機用バッテリーが専用品となっていることもあり、

自力での交換やジャンピングは危険なため、ディーラーやロードサービスに連絡した方が良いでしょう。

あくまでも応急処置として

今回ご紹介したバッテリー上がりの対処法のうち、ジャンピングスタートやジャンプスターターなどはあくまでも応急処置に過ぎません。

1度バッテリー上がりを起こしてしまうと、バッテリーが急激に劣化し、十分に蓄電できなくなる恐れがあるため、

正確な状態をプロに確認してもらうことが重要です。

これらの方法でエンジンを再始動した後は、必ずディーラーや整備工場などの専門家に必ずチェックしてもらいましょう。

また、バッテリーには寿命があり、ある日突然バッテリー上がりが起きることも珍しくありません。

定期点検で電圧の低下が指摘されたり、電装品の異変を感じたら、交換もしくは販売店や修理工場に相談することが先決です。

ネットの声

「今の車(特にハイブリッド)のバッテリーは付いてる場所さえ分からない人も多いです。
また高圧な箇所もあるので危険が伴います。
新しい車でバッテリーが上がってしまったら迷わずに加入している自動車保険のロードサービスを使うようにしましょう。殆どの保険は無料で
更新時の値上がりもありません。(ただし回数制限をしてる保険会社はあります)」

「家に2台の車があります。オープンカーは天候が良い日しか動かさない。2週間ほど連続駐車してたので自前の充電器で充電を開始したら充電量が半分以下でした。最近の車は防犯装置などで電力を消費続けてるようです。」

「MFバッテリーは突然死する。液のメンテナンスできるタイプは劣化が緩やかに感じ取れる。この記事の内容はやや古い。今や車の電装もコンピューター制御でルームランプなど無駄な電力は時間が来ると消灯するようになってる。」

ハイブリッドカーの場合、一般の人がセルフで対処するのは難しいかもしれません。

おすすめの記事