老後不安はやっぱりお金のこと…高齢者はどのように解消したらいいの?

高齢者のお金の不安をどう解消? 格安スマホへの乗り換えは要注意。

老後資金への不安はいくつになっても尽きない。年金が生活資金の柱となるだけに、それを補うべく資産運用を考える人もいるかもしれません。

病気や介護の費用も

60代以降の資産運用について、ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんは、「仕事をやめたらリスクの高い投資は控えるべき」だと話します。

「一般的に老後に必要な貯金は2000万円といわれますが、病気や介護が必要になったときを考えれば、それでは足りません。仕事をやめた後は、年金で足りない分は貯蓄を取り崩していくことになるので、家計のマイナスになるようなハイリスクの投資は控えた方がいいでしょう」

ただ、手持ちの預金では心もとないという人は、投資を分散させるのも手です。

「老後資金が足りない人は、定期預金で寝かしておくのはもったいない。日本人は『投資は損する』という思い込みが激しいですが、最近はリスクヘッジする仕組みもできている。まだ60代ならこれから投資を勉強して、資産を増やすことを考えてもいい。リスクを分散しておけば、不況でも怖くありません」(ファイナンシャルプランナーの森本貴子さん)

固定電話は解約したほうが安心

老後の家計を考えると、身近な生活用品の中にも、やめた方がお得なものがあります。

詐欺の被害も多い固定電話は60才になれば解約した方が安心です。

「固定電話を持っているのは高齢者が多いので、『オレオレ詐欺』などのターゲットにされやすい。スマホを持っていてインターネットがつながるのなら、LINEを使って無料通話した方が電話料金も浮いてお得です」

しかし、通信費を抑えるためといって、格安スマホに乗り換えるのは早計かもしれません。

「格安スマホは安いですが、インターネット文化になじみのある若い人向け。わからないことがあったり、トラブルが起きても大手キャリアのように窓口で相談に乗ってもらえない。節約のために無理して換えると、使いこなせずムダになる可能性があります」(丸山さん・以下同)

終活を意識する60代以降は、ものを減らすことが必要不可欠。

定年退職を迎えたら、家を手放すことも検討したいところです。

一戸建てを手放す選択も

「一戸建ては庭の手入れや掃除など、年を取るほどひとりの力できれいに保つことが難しくなります。子供が継がない場合は、いらない不動産として、自分の死後、子供に迷惑をかけることにもなる。自宅を売ってマンションに移り住み、快適に暮らしている人もいます。日々の買い物も『買いだめ』はやめましょう。子供がいない家庭で冷蔵庫をパンパンにしておくと食品ロスを生む。なくなりそうになったら買うスタンスに切り替えましょう」

「お得」からムダが生まれやすいことを肝に銘じるとよいでしょう。

ネットの声

「老後資金への不安はいくつになっても尽きない。そこにこういった悪質なFPが付け入ってくる。相談料の無駄遣い。
スマホもUQとかYモバならサポートもあるし、Yahoo!知恵袋もある。キャリアの高い料金でどれだけ使いこなせているかは謎。終活を意識する60代以降は、ものを減らすことが必要不可欠。
節約術を謳った雑誌は結局役に立たず1回読んだら終わりと言う事が多く、「お得」からムダが生まれやすいことを肝に銘じよう。
女性セブンといった週刊雑誌類も本当に買う必要があるのかと考えてみればそれだけで3GB通話SIMの料金が賄える位になるので要検討。」

「60歳ですが格安SIMです。不明な点はPCで調べたり、電話サポートもあるから何も困らない。これからの60歳になる人はすでにキャリアスマホを使っていたり仕事でPCを使ったりしていますから、格安SIMで問題ない人は多いと思います。」

「どこまでスマホを使いこなせているか、だね。SIMカード、アクセスポイントネーム、メールアドレス設定、最低限このくらいの意味が分からなければMVNOはやめておいたほうがいい。」

格安スマホにするくらいならahamoなどの新料金プランのほうに魅力がありますね。

おすすめの記事