ランニング…健康のためにはどのくらいは知ったらいいの?意外と短いよ!

ランニングが体にいいことは知ってますよね。

心臓疾患や脳卒中といった問題のリスクを下げて、気分を改善してくれるというのは、メリットのほんの一例。

スポーツ医学専門誌『The British Journal of Sports Medicine』に掲載された論文により、ランニングは延命に役立つ可能性があることも実証されました。

この内容をイギリス版ウィメンズヘルスからご紹介します。

膨大なデータを分析

研究チームは、このトピックに関する過去の論文14本を考察し、232,000人以上の健康状態を記録した5.5~35年分のデータを分析しました。

その結果、1週間に50分以下のランニングでも、あらゆる原因の早期死亡率が27%低下することが分かったのです。

それだけではありません。

ランニングをすることで、被験者の循環器系疾患による死亡リスクが30%、あらゆるタイプのがんによる死亡リスクが23%低下したのです。

しかも、それ以上走る必要もないそう。

豪ビクトリア大学健康スポーツ研究所准教授のジェリコ・ペディシック博士によると、1時間に10km以下のペースで、50分以下のランニングを週1回行えば、頻繁に長距離を走る人と同等のメリットが得られるというのです。

もちろん、これを理由に熱心なランナーが走る距離を短くする必要はありません。

この研究では、走る量を増やしてもメリットが増えるというエビデンスが見つからなかったというだけだからです。

さまざまな疾患のリスクが減る

「今回は、運動に割ける時間が少ない人を励ます結果となりましたが、ランニングを頑張っている人のモチベーションを下げるつもりはありません」とペディシック博士。

ランニングと寿命の間に直接の因果関係が実証されたわけではないけれど、ランニングが早期死亡のリスク軽減に役立つ理由は無数にあります。

ペディシック博士によると、そのうちの1つは、高血圧、高コレステロール、肥満、循環器系疾患、2型糖尿病、がんなどのリスクが減ることだそうです。

ゆっくりと楽しめるペースで

ランニングは心機能、有酸素持久力、バランス、代謝も改善します。

ランニングでもっと健康になりたい人は、ゆっくりと自分が楽しめるペースで始めましょう。

時間と共に距離を増やして、ペースを上げていけばいいのです。

もうすでにランニングが習慣になっている人は、そのまま続けて健康を促進しましょう。

おすすめの記事