走るならランニングソックスにもこだわりを持とう

快適さを左右するランニングソックスの正しい選び方

ランニングシューズ選びに関しては、悩みに悩んで決めたという人は多いはず。

いっぽう、ソックスはどうでしょうか。

シューズと比べて目立たないとはいえ、ソックスもシューズと同じだけの走行距離と歩数をランナーと共にこなしています。

しかも、走っている時の快適さのカギを握るのは、実はソックスだったりするのです。

ランニングする時のソックスについて、まったく考えたこともないという人もいます。

その一方で考えすぎでは? と思うほどのこだわりを持つ人もいます。

いま愛用しているソックスが快適なら使い続けよう

走っている間やランニングを終えたあとの、足のコンディションはどうでしょうか。

「とても良い」と感じる場合は何も変えてはいけません。

たとえランニングショップの店員さんから、「最新のテクノロジーを取り入れたソックスがあるんです。これを使わないなんて、もったいないですよ」と言われても、自分の足の感覚を大切にすべき。

ただ、自分がソックスに求めるものが時とともに変わる可能性があるということは意識しておきましょう。

6足組で売られている安い綿のソックスでも、天気のいい日に短い距離を走るだけだし、

一番のお気に入りのシューズに合わせて履いて何の問題もないというなら、それはそれでかまいません。

しかしそのうち、マラソン出場に向けてトレーニングを始め、長距離を走るようになると、

靴ずれができるかもしれません。

そうなったら、再検討のタイミングです。

より足にフィットするのはランニング専用のソックス

普通のソックスは、簡単に言えば足を入れる単なる「袋」です。

これとは対照的にランニング用のソックスは、足の形にぴったりとフィットするように作られています。

中には、左右1組で売られていて、片方は左足、もう片方が右足専用というタイプもあります。

また、こうしたソックスは普通のものよりも薄手で、足を包み込んでくれるので、靴の中でヨレたりズレたりする恐れも少なくなります。

Sprinting man runner sprinter athlete running shoes and legs on track and field lane run race competing fast panoramic banner background.

専用ソックスには靴ずれを防ぐ効果も

ランニング専用のソックスは、足にぴったりとフィットするうえ、薄手の素材を使い、縫い目も違和感がなく靴ずれができにくいというメリットもあります。

たいていの場合、こうしたソックスの編み地は、普通の綿のものと比べて滑りやすくできているので、

摩擦が起きるのはソックスと靴との間で、足が擦れることはあまりありません。

さらに、こうした素材は汗を素早く蒸発させるので、靴ずれはさらに起きにくくなります。

履くだけで即美脚!着圧ソックス『マジカルレギ―』

薄さと温かさを両立する冬用のランニングソックス

寒くなってくると、ウール素材や断熱機能ありのソックスが足の冷えを防いでくれますが、

こうした厚手の温かいソックスは、もともとスノーブーツの中に履くためのものです。

ランニングシューズの中に履くのはサイズ的にきつくなるので、難しいはずです。

でも、冬用のランニングソックスなら、温かいうえに普段のランニングシューズを履けるほど薄手のタイプがあります。

これは大切なポイントです。

なぜなら、厚手のソックスは、これまで挙げてきたソックスにまつわる問題をすべて悪化させてしまうからです。

冬用のランニングソックスには薄手のものも厚手のものもありますが、

通常の冬用ソックスと比べて、フィット感があり、靴ずれを起こしにくいという共通の特徴があります。

自分にぴったりのランニングソックスを見つけたら、数組をまとめ買いしておきましょう。

ウール素材のソックスには、洗濯をせずに何回か履いても臭いが気にならないというメリットもあります(もしあなたに合えば、という条件付きですが)。

ウール素材はチクチクして履き心地が悪いという先入観がある人も、

ウール混紡製品であるスマートウールの「PhD」シリーズを、ぜひチェックしてみてください。

ランニング専用のウールソックスは、市販されている中でも最高クラスに優秀です。

もしまだ履いたことがなければ、試してみることをおすすめします。

 

おすすめの記事