女子ゴルフの笠りつ子(31)が2019年10月31日、自身のオフィシャルサイトで不適切発言について謝罪文を掲載しました。

事の発端は岡本綾子氏の告発から

女子ゴルフの笠りつ子(31)が2019年10月31日、自身のオフィシャルサイトにて、不適切発言に関しての謝罪文を掲載しました。

サイトには「マスターズGCレディース会場での不適切な発言に関するお詫びと今後の活動についてのご報告」とのタイトルで直筆のメッセージが綴られています。

同大会の会場で関係に対して暴言を吐いたことを認めているのです。

同時に、当面の間ツアーへの出場を自粛する意向も表明しています。

笠の暴言は、デイリースポーツ紙で岡本綾子氏が「告発」して発覚しました。

岡本氏によると、コースの風呂場にタオルが置かれていなかったことに腹を立てたベテラン選手が、タオルを持ってくるよう依頼したのです

しかし、断れてしまいます

すると、関係者に

「頭が固い。死ね」

などの暴言を吐いたというのです。

そのとき、実名は明かされなかったものの、この事実は女子ゴルフ界に大きな衝撃を与えました。


日本女子ゴルフ協会(LPGA)の小林浩美会長が謝罪する事態にまで発展したのです。

笠りつ子って?

笠りつ子は2006年のプロテストに合格し8月にデビューしています。

ツアー通算5勝を挙げている実力者なのです。

今季は32試合に出場。

賞金ランキングでも27位につけている実力派ゴルフ選手です。

若手の手本となるべきベテラン選手の愚行にLPGAは今後、コンプライアンス委員会を開いて処分を検討しているとのことです。

笠は当面は活動を自粛

処分決定後に謝罪会見を行う見込みです。

当然のごとく、ネット上のファンからは厳しい声が続出しています。

同時に、スポンサー離れを心配する声も出ているのです。

「庶民の感覚では理解できない」
「せっかく女子ツアーが盛り上がってきたのに」
「協会は厳正に対応してほしい」
「名乗り出て謝罪するの遅すぎ」

謝罪対応も遅かった…

対応が遅かったのも、このネット社会においては致命的でした。

暴言の事実が発覚してから数日置いてようやく名乗り出る形となったのです。

笠りつ子は、サイトで

「私の不適切な発言により、大会主催者、コース関係者の皆様が不快な思いをされたことは事実です。決して言ってはいけない言葉であったと深く反省しており、当該週に大会主催者ならびにコース関係者の方に誠意を込めて謝罪させていただきました」

など、長文を綴り、すでに関係者に謝罪したことを明かしています。


以下、謝罪文の内容です。

「この度、一部新聞などで報じられている通り、『マスターズGCレディース』の会場におきまして、私の不適切な発言により、大会主催者、コース関係者の皆様が不快な思いをされた事は事実です。決して言ってはいけない言葉であったと深く反省しており、当該週に大会主催者ならびにコース関係者の方に、誠意を込めて謝罪させていただきました。今回の私の不適切な言動により、女子プロゴルフの大会に携わっていただいている全ての主催者様、選手の皆様、そして日頃から女子プロゴルフを応援してくださっている全てのゴルフファンの皆様に対しまして、多大なるご迷惑をおかけし、失望させてしまったことを、深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした」

一部には一流のゴルフ選手としてのおごりがあったのでは?と指摘されています。

用具などもスポンサーがついていれば何でも揃いますし、指示をすれば何でも言うことを聞いてくれる…。

『日本のゴルフ選手は世界に出れば2流なのに国内ではちやほやされる環境に慣れてしまっているのでは?』

といった辛辣な意見もあるのです。

いかにも笠りつ子にあてはまる言葉ですね。

ネットの反応

「女子のツアーは盛り上がってるのに、ベテランが足を引っ張ってどうする。去年の片山の件といい、残念だよ。」

「ツアー自粛じゃなくて、問題を起こしたところでキャディなり清掃員なりしばらくした方がいいんじゃない?最近の若手はビジュアルや実力もあって女子ゴルフは人気競技になったけど、ベテランがあぐらをかいてどうする?せめて行動だけは模範になるようにしなきゃ害悪にしかならないぞ。」

「やっと。やっと、本人の謝罪文ですか。
割とチャキチャキな感じで好きだったんですけどね。残念です。猛省していただいてまた戻ってきてほしい。ただ、タオル紛失事件の件はまだ解決してないんですよね。きちんと対応してほしいです。それはそうと、ここに至るまでに沢山の選手が名指しでさらされてますが、きちんと名前が出た以上、違う選手の名前でコメ書いた人たちは謝罪すべきでは?選手が名誉棄損で訴える前にね。ガラケー女事件の二の舞になるよ。」

自粛から復帰できるのかが問題ですね。トッププロゴルフ選手というのは、「裸の王様」説があります。どちらかというと「お山の大将」ですよね。自分が偉い…という奢りがあったのかなと思いますが…。

おすすめの記事