どこもお金を貸してくれない…。それでもお金が必要なときはどうしたらいいのでしょうか。

街金という選択肢も考慮するべきかも??

銀行と消費者金融会社で借りる

お金を借りようと思ったら銀行か消費者金融会社で借りるしかありません。
両者を比べると金利の低い銀行で借りるほうが、返済利息も少なくて返済しやすいでしょう。
一方の消費者金融会社は、金利が銀行と比べて高いということもあるのですが、昔からサラ金と呼ばれてきたように、イメージが悪いのが玉に瑕なのです。

特に中高年世代の人にとって、バブル期前後からそれ以降の厳しい取り立ては未だに目や耳に焼き付いている人も少なくないでしょう。
その厳しい取り立てから、一家離散や夜逃げ、さらには一家心中と行った悲惨な出来事も日常茶飯事で、毎日のようにニュースになっていたのです。

そういったイメージが色濃く残っているので今でも消費者金融会社からお金を借りるのにアレルギーを感じている人も少なくありません。
そういった昔のサラ金のイメージを知らないはずの若い世代でも、サラ金のイメージは根強く残っているのです。
それはテレビや映画の影響なのでしょう。

ですから、消費者金融会社は未だにサラ金の呪縛から抜け切れていないといっていいでしょう。
これはまだまだこれからも続いていきそうです。
現在の消費者金融会社は当時のサラ金と呼ばれていた消費者金融会社とは違います。

度重なる厳しい取り立てとそれによって起こる悲惨な事件から、行政も重い腰をあげて法改正に動いたのです。
一番大きなところでは上限金利を統一してグレーゾーン金利を撤廃したことでしょう。
それまで、利息制限法と出資法のそれぞれの上限金利が違っていたのでその間のグレーゾーンをうまく利用して消費者金融会社は私服を肥やしていたのです。

それが撤廃され、上限金利が利息制限法の20%に統一され、それ以降から有効というのではなく、それ以前でも債務者からの請求によって払いすぎた返済利息を取り戻すことができるようになったのです。
これが過払い請求で、法律ですから、消費者金融会社も従わざるをえず、その膨大な返済金額に経営破綻や廃業する消費者金融会社が後を絶たなかったのです。

アコムやプロミスといった大手消費者金融会社が経営破綻するくらいですから、どれほどすごいものだったかが分かるでしょう。
当時は3万社を超える消費者金融会社があったのですが、今では2,000社を切るくらいになったのですから、すさまじい淘汰が行われたのです。
ですから、現在の消費者金融会社は、どこも健全で優良な消費者金融会社であることは間違いありません。

それでもなお、サラ金を呼ばれるのですから、サラ金のイメージを払拭させることはなかなかできそうにないのが実情のようです。

まずは、金利の低い銀行カードローンに融資の申し込みをするのですが、誰でも気軽にというか簡単に銀行からお金を借りることができるわけではありません。
というのも、銀行カードローンの審査が厳しくて、ある程度の属性の高さがないと銀行からお金を借りることはできないでしょう。

この属性というのは、信用度とかお金の借りやすさを計る指標となるものです。
属性はさまざまな項目からその高さが決められるのですが、中でも大きなウエイトを占めているのが雇用形態です。
雇用形態には正規雇用と非正規雇用の二つがあります。

正規雇用はいわゆる正社員のことで、一方の非正規雇用はパートアルバイト、派遣社員、契約社員のことです。
これだけでも正規雇用の人のほうが属性が高いのがわかるのですが、それは収入の多さというものとは違います。
雇用形態で属性の高さを決めるのは、雇用が会社から保証されているかどうかということです。

働くということは雇用契約を会社と結ぶことになるのですが、正規雇用の人はその雇用契約の期間が定年までということになります。
30歳の人でしたら、定年が65歳の会社に勤めるとしたら、そこから35年間は雇用が会社によって保証されることになります。
つまりは懲戒以外はクビの心配もなく安心して働くことができるのです。

一方の非正規雇用の人は雇用契約が有期契約となります。
期間は3ヵ月とか6ヵ月、あるいは1年というものです。
その間は雇用が会社から保証されているのですが、更新時は会社が雇用契約を更新しなければその時点で退職となります。

そのときどきの会社の状況によって、非正規雇用の人は労働力の調整弁の役割となっているのです。
その点を見ると銀行からは収入が安定していない、つまりは非正規雇用の人の属性は低いということになるのです。
銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原審が口座開設者の預金ということがあげられます。
大切な預かり金がカードローンの原資になっているのですから、焦げ付きや貸し倒れに遭うわけにはいかないというわけです。

そのため、銀行はリスク回避として、保証会社と提携しています。
銀行カードローンに融資の申し込みをすると銀行だけではなく、保証会社の審査も受けるようになるのです。
保証会社が表に出ることはないので知らない人が多いかもしれませんが、銀行系のローンは全てこのような保証会社が介在しているのです。

保証会社の役割は、カードローン利用者が銀行に対して返済不能になった場合、カードローン利用者に代わって、残りの債務全額を保証会社が銀行に支払うのです。
そして立て替えたお金は、改めて保証会社からカードローン利用者(債務者)に請求されることになります。

この時点ではすでに債務整理に入っていますから、保証会社(債権回収会社)と債務者の間で任意整理交渉が始まるのです。
銀行カードローンにもデメリットがあって、それは即日融資に対応していないことです。
審査に時間がかかるということなのですが、それは、警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられるようになったからです。

不正融資を防止するための施策なのですが、それによって警察庁のデータベースにアクセスして照会情報を得るのが早くても翌日以降となったのです。
物理的に即日融資というのはできませんから、銀行カードローンでは即日融資に対応できなくなったのです。
一時期はメガバンクを中心に即日融資を大々的に宣伝していたのですが、いつのまにか見られなくなったのもこういった事情があったのです。

消費者金融会社からお金を借りる

銀行からお金を借りることができなかった場合は、消費者金融会社のカードローンからお金を借りるようにしましょう。
ある程度属性が低くても、大手消費者金融会社のカードローンでしたら審査に通ることができるでしょう。
大手消費者金融会社のカードローンの特徴となっているのが、多彩な申し込み方法です。

WEBや店頭での申し込みはもちろんなのですが、電話での申し込みができる店も見逃せません。
電話での申し込みは普通では?と思う人もいるかもしれませんが、電話で申し込みが完結するのですから、これはオペレータスタッフの優れた手腕といっていいでしょう。

また、WEBでの申し込みも、郵送物が一切届かないWEB完結という申し込み方法も一般化しつつあります。
家人に消費者金融会社からお金を借りているということがバレにくいということで脚光を浴びている申し込み方法なので要チェックです。

そして、大手消費者金融会社はメガバンクと提携しているところもあり、そういったところでは、メガバンク行内に設置されている自動契約機を利用することもできるのが大きなメリットといえます。
そして、もっとも大きなメリットというか大手消費者金融会社のカードローンの特徴となっているのが、全国各地に設置されている、無人契約機です。


24時間365日稼働している優れもので、即日融資にも対応しているのでその日の22時までに申し込み手続きが終わって審査にも通れば、すぐにローンカードが発行されるので、それをもってコンビニATMでキャッシングすることができるのです。
最近ではローンカードが発行されない、カードレスのカードローンも出てきました。
スマホが必須となりますがますます便利になる予感の消費者金融会社のカードローンですね。

中小消費者金融会社と街金

消費者金融会社というと、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社のカードローンの印象が強いですが、消費者金融会社は全国に2千社近くあって、大手消費者金融会社は数社程度でしかありません。
消費者金融会社のほとんどは、中小消費者金融会社と街金で占められているのです。

例えば、神戸は都会ですから、大手消費者金融会社の支店はもちろん、中小消費者金融会社や
街金といった消費者金融会社が数多く営業しています。
中小消費者金融会社は、知名度が低いのでさまざまな金融商品を取り扱って特色を出しているのです。
借り換えローンに特化した中小消費者金融会社もありますし、法人向けに特化した中小消費者金融会社もあります。

多くは、大手消費者金融会社のカードローンの審査に通らなかった人の受け皿的な存在となっていることが多いです。
また、特色があるので、中小消費者金融会社ならではといったところで、借り換えローンなどは複数の債務を一本化するためにもかなり有効であり、特徴のある金融商品と言えるでしょう。

街金で借りる

街金となると、ホームページを開設していないところが多く、電話帳や住所からその所在を探すしかありません。
ホームページを開設していないのは、地域の貸金業者ということなので、ホームページを開設して外部に宣伝する必要がないということですね。


審査も緩く、信用情報機関を通さない独自審査を行っているところが多いので、電話による在籍確認がとれること、さらには収入証明書などの書類提出ができることが上限で融資を受けることができるのです。
肝心なのは働いているということがわかればOKということですね。

ブラックでも借りれる?

街金ならブラックでも借りることができるということですが、実際にネットの口コミサイトなどでもブラックでも借りることができたという投稿を見ることができます。
それは神戸の街金だからということではなく、現在の属性のみで審査する独自審査によるものです。
街金ならブラックでも必ず借りることができるというわけではないので、その点には注意しなくてはいけません。

ネットの声

「審査の甘いキャッシング会社は主に中小のキャッシングに多いです。中小の街金系消費者金融会社は、人の目で、人の判断で血の通った独自の審査を行ってくれます。ブラックでも借りれるケースも多いです」

「ブラックかどうか、本当のところわからない方も借りれるかもしれないので中小の街金を試してみるべきです。」

「まず街金から金借りて踏み倒してブラック入りして闇金行けば人生というギャンブルヤメレルデ」

最後の砦として街金があるのですが、ブラックでも借りれるのか…

おすすめの記事