ブラックでも貸してくれるところ有り!なんて言ったらウソだと思う人も多いでしょう。しかし、本当に貸してくれるんです。

お金を調達したい

必要なお金が少額だったら、とりあえずは友人知人を頼るようにしましょう。
具体的にはお金を借りるということですね。
少額とは言っても必要な額が3万円という金額だったらどうでしょうか。

3万円くらいでしたらなんとかなりそうな金額です。
だれでもそのくらいは財布の中に入っているか何とか自由にできる金額です。
ですから、友人知人に頼るときには頼みやすい金額といえるでしょう。

それでも、友人知人がお金をすぐに貸してくれるのはどうしてでしょうか。
それは、長いつきあいでお互いの信頼関係ができているからでしょう。
友人にお金を貸したら返してくれるという安心感があるからです。

ですから、そういった気持ちに応えるためにも借りる側が借用書を用意するようにしましょう。
通常でしたら、貸す側が借用書を用意するものですが、友人ですから借用書を作りにくいのです。
それで借りる側が借用書を作るということですね。

友人での貸借りの場合はそちらのほうがマナーとなります。
水くさいとか言われそうですが、借用書があるのとないのとではお金の貸借りも雲泥の差になるので、借用書は必ず作成したほうがいいでしょう。
親しき仲にも礼儀があって当然ですし、お金でこじれてしまうと友人関係でも溝がすぐにできてしまうのです。

ですから、借用書は友人での貸借りでも必須と考えるようにしましょう。

そしてお金を調達したいのでしたら、家にある不要品を買取ってもらうという方法があります。
買取り業者に来てもらって不要品の査定をしてもらいましょう。
買取り業者はリサイクルも兼ねていることが多いので、値段が付かなくてもたいていのものは引き取ってくれます。

不要品の買取りは、買値が付かなくても処分するというように考えるといいでしょう。
もっとも資源としてリサイクルできるものに限られるので何でも大丈夫というわけではないので注意したほうがいいでしょう。
また、不要品ですから、誰にとっても不要品であることが多いです。

ですから、買取値もそれほど期待したものにはならないでしょう。
それでも、数多く買取りしてもらうと1万円以上にはなるかもしれません。

それと、書籍やコミック等の買取りもしてもらいましょう。
人気コミックの全巻シリーズがあればかなりの高価買取りが期待できます。
家にある不要品と違って書籍やコミックの場合は多くの需要があるので、かなりの高価買取りが期待できるのです。

もちろん、中には値段のつかないものあるかもしれません。
そういった本も引き取ってくれるので、書籍やコミックの買取りは通常の買取り業者よりも、古本屋などの書籍やコミックの価値の分かる業者がいいでしょう。
いずれにしても、家の不要品の買取りと書籍やコミックの数がある程度あると、合計で3万円くらいにはなるでしょう。

何度も使えるものではありませんが、いざというとき、3万円程度が必要なときは家の不要品を買取ってもらうことでしのぐようにしましょう。
元々不要品ですから、手放すほうも後悔はありません。
時間があるようでしたら、ネットオークションに出品するのも一つの方法です。

時間はかかりますが、不要品でも人によっては必要品ということも十分に考えられ、それがネットオークションの醍醐味であり、予期せぬものが思わぬ高値になることがあるのです。
なんといっても全国のネットユーザーが相手ですから、近くの買取り業者に買取りしてもらうのとは大きな違いです。
しかし、目が肥えているユーザーばかりなので、必要な高値も必至ですが、まったく見向きもされないこともあります。

出品については詳細な説明や写真撮影などの手間もかかります。
落札されれば、落札者との連絡と入金の確認から発送までしっかりこなさないといけません。
最近ではスマホで写真撮影さえすれば自動的に出品してくれるアプリもあるようですが、出品が楽になっただけで、入金の確認から梱包、発送といった手順を踏むのはネットオークションと変わりません。

また、Amazonのマーケットプレイスでは、売り物をAmazonの倉庫に送って出品だけを行うとあとは、発送と入金などをAmazonが行ってくれるサービスがあります。
送るだけですので、手間要らずなのですが、その分手数料をかなり取られるので、売り単価の高い商品を集めないと利益が出しづらいです。
時間をかければお金になる方法もありますが、それなりに手間がかかります。

そのあたりがネックと言えるでしょう。
普通にお金を調達使用と思えば日払いのバイトなどをするという選択肢もあります。
ガテン系のバイトがメインとなるので体力に自信のない人は難しいかもしれませんが、自力で誰にも迷惑をかけずにお金を稼ぐことができるのは大きな魅力といっていいでしょう。

他には生命保険を積立型で契約している人は、契約者貸付けという方法でお金を借りる方法があります。
借りるといっても自分が積み立てたお金ですから、審査もなくすぐに用立てしてくれるのが魅力です。
それでもきちんと返済しないと、生命保険が強制解約になるので気をつけましょう。

銀行と消費者金融会社のカードローン

お金を借りるとなると銀行か消費者金融会社となります。
一般的には銀行カードローンからお金を借りたほうがいいでしょう。
金利が引くので返済利息が少なくてすみます。


ネックがあるとしたら、審査基準が厳しいので誰でも銀行カードローンを気軽に借りることができないということです。
そのため、銀行カードローンに融資の申し込みをしても審査に落ちてしまったら、消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをするしかありません。
しかし、銀行カードローンの審査に落ちてすぐに消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしても、銀行カードローンの審査に落ちたことが信用情報機関に記録されているので、その情報が共有されてします。

その情報を消費者金融会社が照会することで即審査落ちとなってしまうのです。
というのも審査落ち自体が金融事故情報として扱われているので、そういった情報があると、信用情報に難有りということでそこで審査がストップしてしまうのです。
つまりは即審査落ちということです。

返済に問題がないことがわかっていての、信用情報に傷がある場合は審査落ちとなるのでえ注意しなくてはいけません。
審査落ちしたという情報が消えるまでに6ヵ月かかるのでその間は、大手キャッシング会社に融資の申し込みをすることはできません。
すぐに借入れしたい場合は、信用情報機関を通さずに独自審査している、一部の中小消費者金融会社か街金に融資の申し込みをした方がいいでしょう。

ブラックへのカウントダウン

銀行や消費者金融会社からお金を借りると返済しなければいけません。
借金がかさんでくると返済するのが大変になります。
まず返済が苦しくなった場合の前兆として延滞があげられます。

延滞というのは、返済日に銀行などの残高が少なく引き落としできない、つまり返済不能になったことです。
返済不能といっても、最初のうちは延滞で処理され、口座にお金を入れ忘れていたうっかりミスも合わせて、数日のうち、あるいは銀行や消費者金融会社から連絡があって、すぐに返済した場合は延滞情報として、信用情報機関に記録されない場合も少なくありません。

実は延滞情報といてきろくされるかされないかは大きな違いがあり、延滞情報として記録されると、たとえ返済しても延滞は延滞として記録されることになるのです。
そもそも延滞自体が契約不履行であるのは間違いないので、このあたりは銀行などの金融機関、消費者金融会社などの貸金業者の裁量の部分が大きいです。
もっとも、うっかりミスではなく延滞が重なるようでしたら、ゆくゆくは返済不能になってしまうことが多いです。

特に一度延滞してしまうと早く返済しないと次は二ヶ月分を一度に返済しなくてはいけず、ますます返済がきつくなってしまうのです。
そして先述したように延滞情報として記録されてしまうと、それだけで新規の借り入れが難しくなるのです。
というのも延滞情報が記録される自体が、属性を著しく下げてしまうからです。

返済が苦しくなると、返済のために新規の借り入れをする人も少なくありません。
そういった負の連鎖が始まってしまうと返済不能までのカウントダウンが始まったと考えていいでしょう。

返済不能となるとどうなる?

返済不能となると、次にくるのは債務整理です。
それまでに、銀行や消費者金融会社といった債権者から督促があるのですが、それに応じずに返済しなければ、裁判所に調停依頼が出されることが多いです。
それでも応じなければ財産差し押さえなどの強制執行になるので、それを避けるためにも債務整理に応じなければいけません。

債務整理にも任意整理や、特定調停、個人再生、そして自己破産といったさまざまな手続きがあります。
債務整理の中でも任意整理が一般的です。
いわゆる示談というもので、債権者と債務者の間の話し合いで残りの債務を返済していくというものです。

たいていは、返済利息がゼロとなり、元金だけを返済していくケースが多いです。
もっともそれにも債権者の同意が必要ですから、話し合いをスムーズにするためにも、債務者のほうでも弁護士に任意整理の依頼をするほうがいいでしょう。
弁護士費用が発生しますがたいていは成功報酬となるので、弁護士に依頼したために負担が軽減した中から弁護士費用が出ることになるので、実質的な負担はゼロと考えていいでしょう。


弁護士に依頼しない場合、債権者から依頼を受けた取り立てのプロと債務者が対峙しなくてはいけないので、不利な交渉になる場合が多いのです。
返済利息がゼロになるのは弁護士の力が大きいと考えたほうがいいでしょう。

ブラックでも借りれる?

ブラックになると新規でお金を借りることはできません。
しかし、一部の中小消費者金融会社や街金では、独自審査を行っています。
これは信用情報機関を通さずに審査を行うことで、現在の属性のみを重視して審査を行うものです。

審査自体はシンプルで、電話による在籍確認と収入証明書の提出のみです。
具体的には働いていることが実証されれば審査に通るというものです。
実際にはネットの口コミサイトなどでは、ブラックでも審査に通ったという投稿が多いのです。

しかし、ブラックでも必ず借りることができるというわけではないので注意しましょう。
ブラックはお金を借りることができないという決まりはありません。
しかし、債務整理に陥ったということは、結果的に債権者に多大な迷惑や不利益をかけているので、相応の社会的制裁をうけなければいけません。

具体的にはクレジットカードを作ることができず、これが大きな社会的制裁になっているのは間違いありません。

ネットの声

「個人再生支払い中、本当に入り用で困っていた所藁をも掴むつもりで申し込み、時間はかかったけれど丁寧に対応して頂いて感謝の一言です。」

「クチコミで決めて申し込みしました。対応は良いですよ?尋問って言う尋問程でもなくお金を貸す立場から「普通の質問」←ここ大事本当にお金に困ってるなら必死さを出さないとどこも融資してくれないと思います。」

「GW挟んでだけど、4日で可決。2件16万おまとめの希望17万の計33万2千円。(2千円はなんだろう?)破産歴有り。ローンが当然通らないから助かりました。」

すねに傷があると即決というわけにはいかずに気を揉みますが、申し込んでみるとなんとかなるものです。

おすすめの記事