お金を借りるならまずは銀行と相談…。
これがお金を借りるときのパターンと言えるでしょう。
銀行はお金を預けるところ、そしてお金を貸してくれるところでもあるのです。

お金を借りすぎると…

銀行カードローンを利用している人も少なくないのではないでしょうか。
最近のニュース記事ではこの十数年来減少傾向にあった自己破産件数が増加に転じたと掲載されていました。
自己破産というのは借金の返済ができなくなって、その返済のためにさらに借金を重ね、最終的には返済不能に陥り弁護士経由で裁判所に調停してもらって借金をちゃらにしてもらう方法です。

全ての借金を帳消しにしてくれるのですから、願ってもない制度ですが、もちろん借金の帳消しだけでは済みません。
持ち家があるようでしたら、家を売却しなくてはいけませんし、車を持っていたら車も手放さなくてはいけません。
財産は全て没収というわけではないのですが、お金になりそうなものは家を含めて強制的に差し押さえにあい、競売にかけられて借金の返済に充てられるのです。

そして残債が帳消しになるということですね。
さらに社会的制裁として向こう5年あるいは10年程度は新たな借金ができず、クレジットカードを作ることもできなくなります。

もっとも、会社に自己破産がバレることはありません。
官報に自己破産者の名前が掲載されますが、調べないとわかりませんから、世間的に知られることはないでしょう。

自己破産は手持ちの財産の何もかもがなくなりますが、借金もなくなるので、人生を再スタートさせることができます。
しかし、返済不能になると自己破産しか術はないのかというと、そうではなく自己破産の他に債務整理という方法もあるのです。
それでも、十数年来減少傾向にあった自己破産件数が増加に転じたのはどうしてでしょうか。

それには総量規制の問題が見え隠れしているのです。
というのも、借りすぎを防止するために始まった総量規制ですが、これは消費者金融会社にのみ適用するものです。
ですから、銀行は総量規制の対象外だったのです。

ですから、大きなお金が欲しい人は銀行から多額の借金をカードローンで行うのです。
さらに足りなくなったら銀行から新たにカードローンで借金をし、銀行で借りることができなくなったら、消費者金融業者からお金を借りるといったケースが増え、結果的に借金がかさんで返済不能になるというパターンになったのです。
銀行がカードローンなどで融資をしすぎるというのも2017年には問題になったのも記憶に新しいところですね。

債務整理というのはどんな状態?

自己破産に陥るのはある意味最終的な形態です。
財産もなくなるけど借金もなくなる…ある意味すっきりした状態にしたければ自己破産もいいでしょう。
しかし、借金を帳消しにするというのはある程度倫理的な問題にもなってきます。

制度的には認められていてもかなりネガティブなイメージがあるのです。
借りたものは返すというのが基本ですから、自己破産というのはそういった最低限のルールを破ってしまうということになるのです。
そこで、誰もが自己破産をしたいわけではなく、少しでも返済していきたいというのが債務整理です。

債務整理も社会的制裁を受け、借金はできませんし、クレジットカードを作ることもできません。
それでいて借金は残るので返済していかなければいけないのです。
それでは自己破産のほうがいいのでは?と思うでしょう。

しかし、手持ちの財産も残るのです。
ですので、持ち家を手放す必要もありませんし、車も自己所有できます。
弁護士が介在することで債権者と折衝して返済しやすいような仕組みを作ってくれるのです。

このときの返済金利は低くなることが多く、多重債務も一本化されてそれまでよりも返済しやすくなるといったメリットがあります。
もちろん新たな借金はできませんから、返済のみに注力することになります。
それでは、債務整理に陥るあるいは自己破産まで行き着くのはどういったパターンでしょうか。

もちろん返済不能になって債務整理や自己破産になるのですが、そこに至るまでにはどういったことがあるのでしょうか。
多くの人は銀行などから多額のお金を借ります。
最初は属性もいいので銀行カードローンの審査も通りやすいのです。

借り癖のある人はそこから、さらに銀行から融資を受けます。
借金がかさむと属性が低くなるので銀行から借りることができなくなり、そこから消費者金融会社のキャッシングローンなどを利用するようになるのです。
まずは大手消費者金融会社から借りることが多いでしょう。

しかし、大手から借りることができなくなると中小消費者金融会社から借りることになります。
もっとも、消費者金融会社から融資を受けるときは総量規制があるので、ある程度は歯止めが効くでしょう。
しかし、最初の頃の銀行カードローンの多額の借金は総量規制外ですから、その借金も重くのしかかっているのです。

カードローンは利用限度額ないであればいくらでも借りることができるので、返済してその枠があいたらそこから新たに借りるということができます。
それを繰り返しているといつまで経っても返済ができずにどんどん借金が膨らんでいくのです。

債務整理に行き着くまで

債務整理も自己破産も返済不能になることでのゴールが違うだけです。
そこまでのいきさつは両者とも同じです。
まずは口座に返済額が用意できずに滞納や延滞を繰り返すようになります。

最初の頃は返済日に間に合うように口座にお金を用意していたのですが、それが借金の返済のために他から借金をするようになると、それも次第に行き詰まってくるのです。
そうなると返済日にお金を用意できなくなり、滞納ということになります。
延滞や滞納をしてもすぐに返済し、回数も少なければそれほど大きな問題にはなりません。

結果として返済しているのですから、金融ブラックではなく社内ブラックとなるくらいです。
しかし、延滞が重なると信用情報機関に記録されるようになり、そうなると新たな借金ができなくなるのです。
延滞や滞納というのは返済すればいいというのではなく、最初のお金を借りるときに交わした契約についての明らかな契約違反となるからです。

たいていの人は多重債務に陥っているので、あちこちで滞納してしまうと最終的には返済不能となり、利用者のほうから弁護士に相談するか、銀行や消費者金融会社のほうも債権回収業者に依頼して裁判所に調停依頼を出すことになります。
いずれにしても弁護士の裁量でお金の流れを全てストップします。
そこから債務整理が始まるのです。

多重債務も債権管理業者との話し合いで一本化され、そこに返済するようになります。
それでも返済ができないということになると自己破産の道を選択することになるわけですね

債務整理でもお金を借りたい

債務整理の場合は借金を返済していかなければいけません。
そのときに仕事をしていなければ、たちまち返済不能になるでしょう。
多重債務者のときよりは格段に返済しやすくなっているのですから、がんばって返済していかなければいけません。

一方で借金癖のある人はなかなか直らないもので、どこかからお金を借りることができないかと模索するものです。
債務整理中であってもお金を借りることはできるのでしょうか。
銀行や大手消費者金融会社からの借り入れはできないでしょう。

そうなると中小消費者金融業者に頼ることになるのですが、ここも厳しいでしょう。
もっとも債務整理中の人にお金を貸してはいけないという法律はありません。
あくまでも社会的制裁ということと債務整理に陥ったということの信用力の失墜で属性が限りなく低くなっているのが借り入れできない大きな理由なのです。

ですから、信用情報機関を通さない独自審査を行っている中小消費者金融会社などでしたら、お金を貸してくれる可能性はあると考えていいでしょう。
口コミサイトなどを見ていても、債務整理中であってもここからお金を借りることができたという書き込みもあります。
また、少額融資になりますが、街金といった小規模な消費者金融会社であれば債務整理中であってもお金を借りることができるかもしれません。

これも口コミサイトなどから借り入れ事例を確認したほうがいいでしょう。
個人信用情報機関では事故情報、いわゆるブラックとして記録されていても、信用情報機関を通さずに街金の多くは独自審査をしているので、申し込み時点の属性のみで審査が行われる公算が強いのです。
そうなると、借り入れが成功する確率も高くなるでしょう。

ですので10万円程度の借り入れであれば、債務整理中であっても街金から借り入れるのが可能性としては高いと言えるでしょう。

どこも貸してくれない

債務整理に陥るとどこからもお金を貸してくれないでしょう。
銀行や大手消費者金融会社などはまず貸してくれません。
一部の中小消費者金融会社や街金などは貸してくれるかもしれませんが、中にはどこからも貸してくれない人もいるのです。

街金といえども在籍確認はしっかりとりますし、審査最短とはいっても審査担当者がしっかりと審査をするのです。
ですから、仕事に就いていないのでは街金といえども借入れすることはできないでしょう。
街金の中には老舗消費者金融業者もいるかもしれません。

昔ながらの手法で貸金業を行っているところもあるでしょう。
そういったところはある程度顔なじみでないとお金を貸してくれないものです。
それではどこもお金を貸してくれないのかというと、現在は個人間融資掲示板が評判となっているのです。

表向きは個人間での融資となっていますが、実際にコンタクトを取ってみると業者が介在していることが多いです。
中にはヤミ金と呼ばれる非合法の闇金業者もいるので、こういったところからお金を借りないようにしなくてはいけません。

リスクはありますが、実際にお金を融資してもらって返済しているという人もいるので、そういった情報を頼りに個人間融資を利用するのも一つの方法ですね。

おすすめの記事