2月28日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)にさかなクンが登場。

特技のひとつであるバスサックスの演奏者として登場したものです。

この番組へは、一昨年以来4回目の出演。

かつてCMでも共演した東京スカパラダイスオーケストラ、さらには奥田民生ともコラボしたほか、トーク部分ではお気に入りだという「恋のスベスベマンジュウガニ」の音楽動画を紹介。

「♪あんこのかわりにカニミソぎゅっぎゅっぎゅーっ」というサビをいきなり歌い出し、次に話す予定だったaikoが吹き出して言葉にならないという事態を出現させていました。

国会に参考人出席

2月12日、参議院の国際経済・外交調査会に参考人として出席。地球温暖化やプラスチックごみが海の生態系にもたらす影響などについて語りました。

「ご」を「ギョ」に変換するさかなクン語はもとより、トレードマークのハコフグ帽もそのままだったことが話題を呼んだのです。

というのも、国会では帽子着用が禁止されているからで、これはあくまで特例とのこと。

さかなクン自身、調査会出席後、取材陣の前でこう振り返りました。

「帽子は皮膚の一部と申し上げており、私は特殊な部類かと思うが、お認めいただ き本当にありがたい」

ただし、このハコフグ帽についてはそれ以前にも「実績」があるのです。

09年の日本魚類学会年会でのこと。

ハゼの研究者でもある天皇(現・上皇)陛下と、この年から会員になったさかなクンが同席。

このときもハコフグ帽だったことから驚きの声があがることに。

いわば「帽子は皮膚の一部」は皇室公認なのです。

とまあ、何かと特別扱いのさかなクン。

おもしろ文化人枠のなかでも、別格的存在です。

しかし、最初からそうだったわけではありません。

こうなるまでには、それなりの下積み時代があったのです。

帽子をかぶらずジャニーズ風の髪型時代

さかなクンが世に出たきっかけは「TVチャンピオン」(テレビ東京系)の全国魚通選手権。

93年5月に高校3年生で初出場した第3回こそ準優勝にとどまったのですが、翌年3月の第4回から5連覇を達成して殿堂入りを果たします。

この番組はある意味、奇人変人大集合的なものだったのですが、当事者には誇りを、視聴者には畏敬の念を抱かせるような愛情にもつつまれており、彼もまた愛すべきキャラとして認知されたのです。

さまざまなジャンルでチャンピオンになった20人の戦いぶりやウンチクを紹介した『TVチャンピオンへの道!!』(テレビ東京編 97年)には、もちろんさかなクンのことも紹介されています。

最初の頁には写真も掲載されていて、その当時は帽子はかぶっていません。

髪型は80年代からこの時期にかけて流行ったジャニーズ風。

そういえば、彼は中山優馬に似ているとネットやテレビで話題になっていました。

そして、プロフィールには次のような文章が。

「実力もさることながら、ユニークなキャラクターが人気で『魚ちゃん(最近は「魚くん」)』の愛称で親しまれている。魚の絵を描くのが好きで、将来はイラスト図鑑の発行が夢。現在は海水魚店に勤めながら、あちらこちらの魚を研究中」

当時はまだ、愛称が明確になっていなかったことがわかります。

ちなみに、命名者は後年「ギャル曽根」の名付け親ともなる番組の進行役・中村有志(現・ゆうじ)。

彼女もこの番組とは姉妹関係というべき「大食い選手権」で世に出たのですが、翌年にはタレント活動を始めています。

これに対し、さかなクンには進路に関する別の目標があり、ただしそこで挫折するなど、当時はいろいろ葛藤中だったのです。

絶滅種クニマスの再発見

その目標とは小学校の卒業文集にも書いたという「水産大学の先生になること」。

しかし、大学受験はあきらめ、動植物についての専門学校に進んだのです。

その後は前出の海水魚店のほか、さまざまなバイトを経験。イラストも描ける魚通として、徐々に知られるようになっていく。

そのようななか、転機のひとつとなったのが、あるすし店との出会いです。

すし職人選手権のチャンピオンが営む店で、番組を通して交流を深めたのです。

魚通選手権での料理対決に備えた特訓をしてもらったり、壁画を描かせてもらったり、作った剥製を置いてもらったり…と様々なことをしたそうです。

そこから創作の仕事が増えていったわけですね。

01年からはさかなクンらしさを強調するためにハコフグ帽をかぶるようになり、今のスタイルが完成。

06年には、東京海洋大学に客員准教授として招かれています。

東京水産大学と東京商船大学が統合して生まれた大学なので、小学校以来の夢が叶ったことにもなります。

10年には、絶滅種とされていたクニマスの再発見に関わりました。

当時、NHKのニュースなどにも大きく取り上げられました。

それではどうして、さかなクンはお堅い分野でもカジュアルな分野でも活躍でき、しかも特別扱いされるのでしょうか。

そこには、囲碁のトップ棋士だった父譲りの知力や、絵画・音楽のセンス、そして地道に努力できたり物怖じしなかったりというメンタルの強さといったものが関係しているのは間違いありません。

しかし、それ以上に大きいと思われるのが、その浮世離れした雰囲気でしょう。

たとえば、彼がサックスを始めたのは中学時代「水槽」と「吹奏」を間違えて吹奏楽部に入ってしまったことだという有名なエピソードがあります。

さもありなんと思わせる天然キャラは、今なお健在なのです。

そして、オタクとしての対象が魚介類というのがまたいい。

島国の日本ではウケやすいですし、前出の上皇陛下がそうであるように、皇族の方々の研究とも重なっていて、どこかめでたさやありがたみがあるのです。

ちなみに、秋篠宮殿下はナマズだし、昭和天皇も海洋生物の研究で業績を残されています。

そこで思い出すのが、史上有数のオタク・南方熊楠を昭和天皇が愛され、交流を持たれたエピソードだ。

熊楠も奇人変人ぶりで知られたが、さかなクンも浮世離れしたオタクぶりが面白がられ、かつ畏敬されているのです。

同じようにオタクや奇人変人的に世に出ても、ラーメン王などではこうはいかないですし、ギャル曽根の大食いともまた違うものがあります。

そこがさかなクンが別格たるゆえんでしょう。

「いじめられている君へ」の反響

また、彼には社会派的な一面もあり、06年には「いじめられている君へ 広い海へ出てみよう」と題した新聞コラムが話題になりました。

「たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます」

という魚の生態からイジメの本質を説き、解決策を提案する内容です。

印象深いさかなクンの活動は、07年にムーディ勝山と水族館でコラボした企画。

透明なパイプでつながったふたつの水槽の前で、ムーディが「右から来たものを左へ受け流すの歌」を歌い出すのです。

すると、魚たちが右の水槽から左の水槽へ泳いで移動し始める、というもの。

さかなクンいわく「群れで明るい所に移動する習性」のあるデバスズメダイを使ったのだという。

アカデミックな知識とバカバカしい笑いの融合。

さかなクンにはぜひ、この唯一無二なスタイルを極め続けてもらいたいものです。

ネットの反応

「さかなクンが愛され、ハコフグ帽での国会出席も許される最大の理由は彼の魚介類の圧倒的な知識とそれを一般の人に伝える能力、そして謙虚さにある。一つでも欠ける人間が下手に真似したら袋叩きにあうだろうな」

「やはり飽くなき魚への愛情だけでなく食文化に対する畏怖の念が伝わってくるのが大きな要因となっているのではないでしょうか?彼をメディアで見かける度に今日は魚を食べてみようかと思う程で彼の魚食に対する貢献度は測り知れないと思います。」

「人によってはふざけているとか思う人もいるかと思うが、この方はきちっとした芯を持っているし、自身の持つ知識を分かりやすく、そして嫌味なく伝えるので素晴らしいと思う。どうすれば興味を持ってもらえるか色々考えているのが伝わる。」

さかなクンの知識はすごいと思います。スッと心の中に入ってくる話術は情熱から来るものなのか…まさに唯一無二の存在です。

国会出席での話を聞きましたが他の出席者も名だたる人たちで聞き応えがありました。その中にさかなクンがいるというだけでも、すごいことですね。

おすすめの記事