意外さを演出??即位の礼の特番に坂下千里子が出演!場違い感も!?

10月22日に行われた新天皇の即位礼正殿の儀。

当日は朝からのあいにくの雨模様…しかし、「即位礼正殿の儀」の始まる13時が近づくと雨がやみ、晴れ間が広がる好天となったのです

世に言うエンペラーウェザーに日本中が沸き返りました。

NHKの特番では即位の礼の儀を居並ぶ学者や皇室記者が解説しています。

その中で、ゲスト席に座る女性が目を引いたのです。

かつて、バラエティ番組を席巻した、タレントの坂下千里子(43)です。

実はNHKへの貢献度が大きい

ロイヤルブルーの服に真珠のネックレス…。

緊張の面持ちだった坂下千里子。

司会者に雅子皇后の十二単の感想を尋ねられると

「あの袴というか、下にちょっと薄い桜色が見えるのもかわいい~」

とチリコ節を聞かせています。


お堅いイメージのNHKですが、大きな節目での特番の際、NHKはあえて場違い感を起こさせるような人選をします

4月1日の新元号発表特番の際もそうでした。

起用されたのは中川翔子(34)。

30日の“元号またぎ”特番では指原莉乃(26)。

話題になる時点で、番組的には大成功なのですが、共に内容的にも好評だったのです。

坂下千里子の起用もその流れだったのは間違いありません。

坂下千里子は、4年にわたって『これでわかった!世界のいま』に出演しています。

人気番組であり、NHKへの貢献度大も坂下千里子の起用を後押ししたのは間違いないでしょう。

90年代に頭角を現すがイメージダウンも…

坂下は1994年、18歳の時、CMオーディションの優勝をきっかけに女子大生タレントとして始動します。

97年に土曜の大型番組「王様のブランチ」(TBS系)のレポーターに抜擢され、はしのえみ(46)との掛け合いで人気を博しました。

「“おバカキャラ”スレスレの元気キャラの一方、歯切れのいいコメントで地頭の良さを発揮。知名度を大幅に上げたのは2000年のエステ会社CM。『バッチリチリ脚』のキャッチフレーズでバレエで磨いた美脚を披露。出演タレント自身をアピールするCMとして秀逸だった」(芸能デスク)

「笑っていいとも!」(フジ系)レギュラーの座を掴み、以後6年間継続しています。

さらに、連ドラにも出演するなどの快進撃だったのです。

「出る杭は打たれるのが芸能界。生意気だという噂が流れ、またテレビの特番で芸人らとの“4股疑惑”が暴露されるなど急にイメージダウン。需要にも陰りが見え出した」(芸能記者)

歯切れの良い切り口の物言いは好感を持たれる反面、アンチがいたのも事実なようです。

しかし、特色を出してナンボの芸能界においては独特のキャラクターを出したパラドルといってもいいでしょう。

転機となったのが08年、テレビ制作会社に勤務する2歳年下の男性との結婚でした。

結婚半年後には産休に入り、08年に女児、2年後に男児を出産しています。

育児期間を経て徐々に復帰していったのは、元々実力があったということでしょう。

「バラエティのママタレ枠が飽和状態の中、坂下は賢明にも“脱バラエティ”を図った。12年から『おとなの基礎英語』(NHK・Eテレ)に生徒として3年間出演。女性誌では子育て論や母としてのファッションを語り、“素敵なママ”へクラスチェンジ。往時の派手さはないが、NHKのお眼鏡にかなう落ち着いたタレントになった。自分の売り方を心得ている」(前出・芸能デスク)

場違い感も無難にこなす

バラエティタレントとして活躍していた結婚前の坂下から“おバカキャラ”的なイメージが定着していました。

そこに、『即位礼特設ニュース』という厳粛な生放送の番組で坂下千里子がゲスト席に座っていることに違和感を覚えた人も多かったのです。


ツイッター上では

「NHKニュース『即位の礼』に千里子が出てる! すげえな、千里子」
「私はチリちゃん好きです。長い間ニュース番組やらにで続けてそれなりに勉強してると思うし」
「こういう番組に一般的な国民感覚の人がいてもいいと思う。難しいことは何もわからない、それでもお祝いの気持ちがあるという多くの視聴者と同じ立場」

と好意的な意見もあったのですが、が少数派でした。

圧倒的に多かったのは、

「NHKは皇室の大事な日にタレントを使わなくてもいい。それも安っぽいバラエティータレントを」
「大事な儀式を中継する番組なのに呼ぶ人間完璧に間違えてる」
「私も別に坂下千里子さんが嫌いなわけではありません。この場にそぐわないと思ってるだけです」

とゲストの人選に疑問を呈する声や、

「NHKの即位礼特番、ゲストの坂下千里子さんのコメントがもうアップアップで、慎重に言葉を選んでるのは痛いほど伝わってくるんだけど尊敬語・謙譲語・丁寧語がしっちゃかめっちゃかで、視聴者がすごくハラハラする」
「NHKの坂下千里子は何とかならないの? 神撰に対して“お行儀が悪いようにみえるけどそうじゃないんですね”ってあんまりだわ」
「陛下の白い装束について感想を求められたって、一般の人なら誰でも答えにつまるんじゃないの? 私だって答えられないわ。かわいそうに」

と、コメントが気になって本題に集中できない視聴者からの声も見受けられたのです。

ネットの反応

「見ていて不快でした。後日報道をみて、自分だけではないんだなぁと思った。嫌いじゃないけど、人選ミスです。」

「見ましたがとても違和感があってチャンネル変えました。バラエティでは良いかも知れないがあの場での声のトーンや言葉使いが合っていなかったです。話の内容もイマイチで首を傾げました。」

「NHKにレギュラー番組を持っているからコメンテーターとして出演したんだと思うが、落ち着いてゆっくりとした話し方をするなどTPOをわきまえた所作を心がけられる女性になって欲しい。そういう人を人選して欲しかった。見ている側の意見ですが。」

批判的な声が多かったのですが、坂下千里子はこの大役を無事に果たしたように見えましたよ。

おすすめの記事