生活習慣病の改善に毎日3杯のコーヒー

毎日3杯のコーヒーで生活習慣病が改善できる! コーヒーと健康について

朝や仕事中、休憩したいときなどに、何気なく飲んでいるコーヒー。

世界中の多くの場所で飲むことのできるコーヒーですが、先駆けて大規模な調査結果を発表したのは、オランダでした。

コーヒーは1日7杯以上

1万7111人の男女を対象とした調査を約7年にわたり続けた結果、1日に7杯以上コーヒーを摂取する人は、1日2杯以下の人に比べ2型糖尿病の危険度が2分の1になるという報告が出されました。

フィンランドの国立公衆衛生研究所が行った大規模な調査では、

・1日3~4杯のコーヒーを飲んだ場合、飲まない人に比べ女性は29%、男性で27%糖尿病にかかる率が減少
・1日10杯以上飲んだ場合、女性で79%、男性で55%の減少という結果が出ています。

5杯以上飲むと発がんリスクが4分の1に

日本でも厚生労働省が10年間、40~69歳までの男女約9万人を対象とした調査によるとコーヒーをほとんど飲まない人の肝臓がん発病率を「1」とすると、毎日1~2杯飲む人は「0.52」と約半分、5杯以上飲む人は「0.24」と約4分の1に下がることがわかりました。

この結果をもとに、コーヒーには肝臓がんを抑制する効果があると同省より発表されています。

更に血栓を縮小させる効果もあります。

脳梗塞などの予防にも

血栓とは血管内にできた血の固まりのことで、この血栓が動脈硬化、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞などの死亡率の高い病気を引き起こす原因となります。

・コーヒーを飲むことによって得ることが出来るリラックス効果 → 人間の血液はストレスを受けると異常を感じて固まりやすくなります。

・コーヒーに含まれているキサンチンという成分の効果 → 血栓の原因となる血小板に反応するため、血栓が出来にくくサラサラの血液にする効果が期待できます。

血管内の機能を改善する効果も期待できます。

コーヒーに含まれているカフェインには気管支を拡張する効果があるため、呼吸系の病気のリスクを下げる働きがあります。

1日に3~4杯コーヒーを飲む人は飲まない人に比べて死亡リスクが4割ほど低下したとの研究結果も出ています。

ご自身に合ったペースで、無理せず日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

会社でも家庭でも必要とされるあなただから、わずか1分ほどの採血で自分の平常値を知って健康管理をしてみませんか?



おすすめの記事