世界三大穀物といえば「米・小麦・トウモロコシ」それぞれの特徴をおさらい
CB043875

世界三大穀物「米・小麦・トウモロコシ」の意外すぎる特徴とは?

世界の「今」と「未来」が数字でわかる。印象に騙されないための「データと視点」

人口問題、SDGs、資源戦争、貧困、教育――。膨大な統計データから「経済の真実」に迫る!

データを解きほぐし、「なぜ?」を突き詰め、世界のあり方を理解する。

書き手は、「東大地理」を教える代ゼミのカリスマ講師、宮路秀作氏。

日本地理学会の企画専門委員としても活動している。『経済は統計から学べ!』を出版し(6月30日刊行)、「人口・資源・貿易・工業・農林水産業・環境」という6つの視点から、世界の「今」と「未来」をつかむ「土台としての統計データ」をわかりやすく解説。

米、小麦、トウモロコシの意外な特徴

世界三大穀物と称される米、小麦、トウモロコシは特に生産量の多い穀物です。

米の生産量は7億5547万トン(2019年)です。

高温多雨に適した栽培条件をもち、生産地はモンスーンアジアに偏っています。

モンスーンアジアとは、モンスーンの影響を受けて、特に夏に多雨となるアジアの地域で、モンゴルから中国西部を除く東アジア、東南アジア全域、パキスタンを除く南アジアが該当します。

同地域の生産量は世界の約90%を占めます。

生産量の上位国は、中国、インド、インドネシア、バングラデシュ、ベトナム、タイ、ミャンマー、フィリピン、パキスタン、カンボジアです。

パキスタンを除いたすべての国がモンスーンアジアに位置しています。

輸出量は4452万トン(2017年)と生産量に対して約5%ですから、基本的には生産地で消費されていることがわかります。

米は自給的な性格を有しているのです。

世界最大の米の輸出国はインドです。これは「緑の革命」によって自給を達成し、その後、輸出余力が高まったことが背景にあります。

米と小麦の決定的な「違い」とは?

小麦の生産量は7億6576万トン(2019年)です。

涼しく半乾燥に適した栽培条件をもち、米より栽培範囲が広い穀物です。

輸出量は1億9678万トン(2017年)と生産量に対して約22%。

米は約5%なので、米よりも商業的な性格を有しています。

小麦の輸出はアメリカ合衆国、カナダ、フランス、オーストラリア、ロシアの5ヵ国で約64%を占めています。

ロシアは、肥沃なチェルノーゼム(黒色土)が分布する南部地域へと生産の適地適作化を進め、近年生産量、輸出量ともに伸びています。

三大穀物の中で生産量が最大なのはトウモロコシです。

生産量は11億4849万トン(2019年)を数え、アメリカ合衆国と中国の2ヵ国で生産量の52.9%を占めています。

先進国ではトウモロコシを飼料用として利用することが多く、近年ではバイオエタノールの原料としても利用します。

ブラジルは高温多雨の気候を利用してトウモロコシを年に3回収穫しており、特に6~9月に収穫したトウモロコシはアメリカ合衆国の収穫時期とずれているため端境期(はざかいき)出荷として輸出されています。

これを背景に、2018年の生産量は2000年比でおよそ2.5倍にまで増加し、そして輸出量はアメリカ合衆国に次いで世界2位となりました。

また、近年ウクライナの生産量が増加傾向にあります。

これは日本や中国向けのトウモロコシ生産が堅調であることなどが背景にあります。

『経済は統計から学べ! 』 宮路秀作 (著) ダイヤモンド社 (2021/6/30)

「83の数字」が示す新しい世界

印象に騙されないための「データと視点」

人口問題、SDGs、資源戦争、貧困、教育――

【世界の「今」と「未来」を数字でつかむ! 】

◎「4人に1人が65歳以上」日本のとるべき道!
◎日本の貿易額は、世界第4位に転落! その理由
◎「原油はあと30年で枯渇する」論の根拠!
◎世界の工場、中国の強みと弱み!
◎これから自動車が売れる国、売れない国!

膨大な統計データから「経済の真実」に迫る!

「東大地理」を教える代ゼミのカリスマ講師がとことんわかりやすく解説する!

経済を正しく理解するには、何より「土台としての統計データ」が大切です。

本書の目的は「人口」「資源」「貿易」「工業」「農林水産業」「環境」という6つの切り口から知られざる統計データを示し、経済の真実に迫ることです。

統計のドラマティックな変化を見ていくと、経済は一気に面白くなります。

世界の「今」と「未来」をつかむためのデータと視点を提供します。

本書を読み終えるころには、バラバラになっていた知識が結合し、「1枚の絵」として完成しているはずです。

ネットの声

「学生時代、マクロ・ミクロ経済学を学んでも、「経済とは何か?」が腑に落ちなかったのですが、この本はすごく勉強になりました。統計データをもとに「世界がどう動いているか?」をわかりやすく解説してくれます。「経済学」も必要だと思いますが、高校や大学でこういう授業が増えるといいなと思いました。」

「本屋さんに行ってみると、やけに古くさい表紙の本が並んでいる。どうやら新刊のようだった。それがこの本だ。そうか、昔のベストセラーの続編なのか。それにしても昔の表紙を引きずりすぎていて、時代錯誤が否めない。立ち読みしていると、まあまあ中身はおもしろい。外見で損している。」

「書店の店頭に並んでいたので購入してみました。率直に、面白かったです。統計データを読み解きながら経済を知ることができます。前作についてはこれから読もうと思います。」

 

おすすめの記事