サンド富澤「あんまり力入れるのも悪い」コロナ禍でYouTube参入検討もためらったワケとは…。

お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の富澤たけし(46)が21日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)にリモート出演。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、観客を入れてのライブ開催が困難な現状について語りました。

ユーチューブ参入にためらいも

富澤は、もし自分たちが売れなくなってテレビの仕事がなくなったとしても「ライブに戻ればいいやと思っていた」。

しかし、「コロナでライブを奪われちゃう。そんなことがあると思ってなかった」と嘆いたのです。

コロナ禍でも出来ることとして、YouTubeへの参入も考えてみたものの

「YouTuberさんとかのホームなわけだし。あんまり力入れるのも悪いかな」とためらったそう。

それでも「もし、また(コロナウイルス感染拡大が)きたらどうしようかなとは考える」と素直な気持ちを打ち明けました。

ライブ以外でも発信しなければ

相方の伊達みきお(45)は、YouTubeなどの発展でテレビ離れがささやかれる現代では「(お客さんが)最終的には生の舞台に戻ってくると思ってた」といいます。

「生(の舞台)がなかなかできない状況なわけじゃん今。誰も予想してなかっただろうね、こんな時代」と憂えつつ、

「何人がこれで食えなくなってるんだっていう話ですよ。そういう人たちのためにもなんかやりたい」と意志を示しました。

これには富澤も「(生のライブ以外に)発信できるものがないといけない」と同調。

下積み時代も仲良く

この日は伊達と富澤、お笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二(44)と西村瑞樹(43)の計4人でトーク。

それぞれの下積み時代について話す場面で、当時ライブを主戦場としていたサンドウィッチマンに「(ライブでお客さんに)ウケてたの?」と小峠から尋ねられます。

伊達は、「自分らで言うのも何なんだけど、(ブレークするまで)続けられてた理由が、(ライブで)そんなにすべってないっていうことなの。すべってたらたぶん辞めてるね」と告白。

そんな下積み時代を経て33歳の時に「M-1グランプリ」優勝でブレークしたサンドの2人は、同じ高校の同級生で出会って約30年の付き合いになるが、ずっと仲良しだというのです。

小峠から「もう2人で遊ぶとか、さすがにないでしょ」と言われると「2人で遊ぶことはないけど、でもよく喫煙所に2人でいるよ」と明かしました。

以前からお互いへ誕生日プレゼントもするそうで、

「(過去に)10年間同居してたから、その当時はまったくお金がなかったので、お互いたばこ吸うから、1箱ずつ」渡しており、

「今は生活できるようになってね、3カートンずつあげてる」と現在も続いていることを打ち明けていました。

ネットの声

「この生活が今後のスタンダードというわけではないと思うしYouTubeでは舞台と違ってお客さんの反応をみて即座に対応を変えたりとかもできないだろうしね。芸人さんは舞台にベースを置く姿勢は是非大事にしてほしいなと思います。」

「6月18日(くらい?)に石橋貴明、YouTubeに参戦したよ。w
既に18万overの登録者数。動画は一本だけ上げてて再生数は既に99万回。
知名度が高く、本当にファンのついてる芸能人なら1日で結果がついてくると思うので、仕事が減ってるなら参入していいと思う。
とはいえ、江頭や貴明みたいにクレーマーのターゲットにされやすいが、それ以上に本当のファンがついてる芸能人に限定されるがね。
サンドなら余裕だろうし、何より仕事も減らないか。w」

「私もそう思ってた。次々芸能人がYouTubeに登場して、普段テレビで見てるのと違う姿が見られるのは嬉しいけど、芸能人ばかりに視聴が集中したらYouTuberは迷惑だよなと。
サンドのお二人が出てこないのはそういう理由だったのか。」

問題はコロナが終息した後に元通りになるのか…ということです。

コロナ前とは違った世界になるという声もあるので、サンドといえども先が見えないことへの不安もあるんでしょうね。

それにしても、コンビ仲がいいのも人気の秘密なんですね。

おすすめの記事