「日経エンタテインメント!」による毎年恒例のお笑い芸人人気調査は、今年で16回目となりました。「好きな芸人」のトップは2年連続でサンドウィッチマンです。2位の明石家さんまに50票以上の大差をつけた形となりました。

好きな芸人はサンドが連覇!

調査は、全国の男女1000人を対象に、「一番好きな芸人」「一番嫌いな芸人」「この1年で最もブレイクしたと思う芸人」「これから1年で消えると思う芸人」を聞いたものです。

「好きな芸人」のトップは2年連続でサンドウィッチマンとなりました。2位の明石家さんまと50票以上の大差をつけ、独走態勢に入ったようです。

近年、サンドウィッチマンの好感度は高く漫才も大きく評価されています誰も攻撃しない純粋に漫才を高めている姿勢が高評価となっているのは間違いないでしょう。

見てくれは「チンピラ風」「いいかげん風」なのですが、そういったギャップも受けているようですよ

例年、トップの常連だったのは明石家さんまです。

昨年、調査開始以来15回目にして初めて明石家さんまが「好きな芸人」トップから2位へと後退したのは衝撃的でしたが、サンドウィッチマンの近年の人気度からすれば、「ついに来たか」といった声も聞かれたのです。

今回、明石家さんまの返り咲きはならず、サンドウィッチマンがV2を達成しました。

順位こそ同じですが、昨年の“1票差”に対し、今年は1.5倍以上の大差をつけたのです。平成から令和へ時代が変わったタイミングで、お笑い界の勢力図も書き換えられたといっていいかもしれません。

サンドウィッチマンが好きな理由は「ネタが面白いから」(87%)が最も多くなっています。


そして「キャラクターが好きだから」(53%)が続きます。

世代・性別のカテゴリーでは、男性の全世代でトップとなりました。女性は「25~34歳」では有吉弘行に譲ったものの、その他の世代では1位になっています。

昨年まで、「45~54歳」では、さんま人気が根強く、男女共に1位だったのですが、今年はその世代もサンドが制覇した形となりました。

この1年でレギュラー番組やCMがさらに増加した彼らは、現在テレビレギュラー12本の超売れっ子漫才コンビです。

どんな食べ物も屁理屈でゼロカロリーにしてしまう「カロリーゼロ理論」が、「アメトーーク流行語大賞」に2年連続で選ばれたほか、特番の『病院ラジオ』(NHK総合)がギャラクシー賞を受賞しました。

テレビ露出を増やせば増やすほど好かれる好循環に入っているのです。

明石家さんまは落ち目??

トップ返り咲きはならなかった明石家さんまは落ち目なのか…。

2位の明石家さんまは「キャラクターが好きだから」(81%)が最も多い理由となりました。

昨年は『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』のゲストとして34年ぶりにテレビ東京の番組に出演するなど新しい動きもいくつか見せたのですが、サンドウィッチマンの勢いを止めるまでにはいきませんでした。

自由意見を見ると、「周りを明るくさせてくれるオーラを感じる」(39歳男性)など圧倒的存在感を感じ続ける人がいる一方で、「おっさんの意見や古いネタばかりとなり、つまらなくなった」(42歳男性)と否定的意見も徐々に増えているのです。

また、「嫌いな芸人」部門では、明石家さんまが初のトップとなりました。

最近は、番組での発言がたびたび批判の的にもなっているのが気になっていたのですが、明石家さんまが変わったというより、時代の空気が変わった結果なのかもしれません。

明石家さんまを嫌いという理由のトップとなったのは「ネタがつまらないから」(61%)。

特に男性の拒否反応が強く、なかでも25~34歳で1位になりました。

しかし、人気が根強かった熟年世代からも「価値観の押し付けは目に余る」(57歳男性)、「なんでも自分の話にしてしまい、MCとして機能していない」(57歳女性)など厳しい声も多かったのです。


さんま流トークに対する世間の受け止め方が変わったといえそうですね。

勢力図が変わった

「好きな芸人」初登場は和牛、千鳥、脳みそ夫、博多華丸の4組です。

それぞれ売れっ子になってからもネタを披露し続けているのが共通点で、ひな壇のみならずMCも務められる万能型の芸人がランクインする傾向が読み取れます。

初登場で6位になった和牛は「ネタが面白いから」(79%)が一番の理由となりました。『M-1グランプリ』で“3年連続準優勝”という実績が評価の基盤となったといっていいでしょう。

今年はそれに伴って地元関西を中心に冠番組が立て続けにスタート。全国ネットでも4月から『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のレギュラーになるなど、知名度をどんどん高めているのです。

また、「博多大吉さんやバカリズムさんのようなクレバーな人は、お笑い番組だけでなく、様々なジャンルの番組に呼ばれる」(41歳性別不詳)というように、お笑い以外の要素も「好き」に選ばれる要因となっています。

最近はドラマや映画の脚本家として名前が出ることが多く、2年ぶりに20位内に入ったバカリズムはその好例といっていいでしょう。

ランキングの中でひと際目を引くのが17位の脳みそ夫です。テレビではそんなに見かけないのですが、2017年に発表した『脳みそ夫体操』が昨年上半期にかけて動画共有アプリTikTokで爆発的にヒットしています。

あてぶり動画がスマホネイティブ世代を中心に30万件以上も投稿されていて、このような新サービスを通じて人気になる芸人が、テレビ芸人に食い込んでくるケースは今後も増えていくかもしれません。

ネットの声

「ランキングにしてはそもそも票数が少なすぎる。」

「サンドが一位は納得できます。見てて安心できます。人間性でしょうね。」

「サンドの漫才は正統派であり、誰も傷つけず面白く、同時にうまさを感じる一位は当然」

サンドウィッチマン人気は留まるところを知りません。

おすすめの記事